【値段別で解説】コスパ最強!家電オタクがおすすめするロボット掃除機11選!

コスパが良くておすすめのロボット掃除機を、値段別に紹介・解説していきます。

 

毎日掃除をしたいけど時間がない!
家事や育児に仕事、少しは楽したい!
面倒な家事は時短!楽してお家のキレイを保ちたい!

 

本記事はそんなあなたに向けた内容です。

面倒な掃除は楽したい…。
ロボット掃除機を使いたいけど、種類が多くてどれが良いのか分からないんだよね…。

ピロリン
本記事では家電オタクのワイが、値段以上の価値を提供してくれる、コスパの良いロボット掃除機を紹介!

ロボット掃除機選びに悩む、あなたのお悩みを解決します!

紹介するロボット掃除機は全部で11機種あるけど、値段別に4つに分けて解説するから、予算に合わせて気になるところを参考にしてみてね。

 

値段別でおすすめするロボット掃除機のグレード分け

※値段は通販サイトで変わるから、参考値レベルになっています。

ロボット掃除機を使えば、面倒な掃除がめちゃんこ楽になるよ。
実際に我が家でもロボット掃除機を使い始めてから、掃除の80%は時短できたと実感しています。

時短した時間でテレビやスマホを見たり、趣味の時間に友達との遊び、リフレッシュする時間へと時産しちゃいましょう。

 

ロボット掃除機を選ぶポイント!

まず始めにロボット掃除機を選ぶポイントを解説していくよ!

価格帯や種類、人気のメーカーであなたの好みに合ったピッタリのロボット掃除機を見つけよう!
最初に知っておいてもらいたいポイントだけど、そんなんもう分かっとるわい!っていう場合は、コスパの良いおすすめロボット掃除機」へ飛ばしちゃってね。

 

価格帯で選ぶ

ピロリン
価格帯で大体の傾向が掴めるから、重要視したいポイントで選ぶのがおすすめ。

当たり前だけど、値段が上がるにつれて性能もアップするよ。

エントリーモデル

スマホ操作や進入禁止設定が出来ない機種が多く、走行スタイルもランダムで効率的ではない。
その反面、値段が安くて機能がシンプルだから扱いやすい。

 

ハイエントリーモデル

アプリを使ったスマホ操作が可能。進入禁止設定もできるけど、設定はアプリではなく境界線テープやデュアルバーチャルウォールを使うから、ちょっと手間がかかって見た目も気になる。
水拭きとのハイブリット仕様もあり、ジャイロセンサー搭載で直進的に動くタイプが多い。

 

高性能モデル

アプリで細かい設定ができる。
センサーなどを使って、ロボット掃除機が自分の位置を把握するから、効率的な掃除が可能!

 

最上級モデル

現段階の最強ロボット掃除機!
マッピング機能はもちろん、清掃能力が高く機能性も豊富。
その代わり、値段も最強クラスなので予算に余裕がある場合におすすめ。

 

種類で選ぶ

ロボット掃除機は大きく分けて3種類あります。

ロボット掃除機の種類
  1. 吸引専用タイプ
  2. 水拭き専用タイプ
  3. 吸引と水拭きができるハイブリットタイプ
ピロリン
基本的には吸引専用タイプのロボット掃除機が多いけど、吸引と水拭き両方をしてくれるロボット掃除機もあるよ。

本記事で紹介しているおすすめロボット掃除機でも、ハイブリットタイプを紹介しているから、参考にしてみてね。

 

ポイント
水拭き専用については、ルンバのブラーバシリーズがおすすめ。
ルンバブラーバシリーズ、全3機種を比較している記事があるから「こちら」をみてみてね。

 

人気メーカーで選ぶ

知名度やブランド力、安心感やラインナップの豊富さ。
はたまた開発技術の高さなど、お気に入りのメーカーで選ぶのもあり!

ピロリン
ここからは、ロボット掃除機で人気のあるメーカーを紹介していくね。

 

アイロボット

ロボット掃除機の代表格メーカーがアイロボット!
超有名なルンバはエントリーモデルから、最上級モデルまでラインナップが幅広い!

1990年にマサチューセッツ工科大学のロボット学者たちにより創設され、米国マサチューセッツ州ベッドフォードに本社があります。
日本で大人気のロボット掃除機メーカーだよ!

 

Anker eufy

モバイルバッテリーや急速充電器、スマートフォン・タブレット関連製品で有名なAnker!
そんな世界的メーカー、Ankerから出ているロボット掃除機の家電ブランドが「eufy」!

AnkerはGoogleでエンジニアとして働いていた、数名の若者たちによって2011年に設立された会社です。

eufyから出ているロボット掃除機は、全体的にコスパが非常に良くて、人気で売れ筋のロボット掃除機が多いよ!

 

パナソニック

日本の大阪に拠点を置く電機メーカー。白物家電から住宅分野に車載分野などを幅広く手がける、日本人なら誰もが知っている国内メーカー。

ロボット掃除機は海外メーカーが主流の中、国内メーカーではパナソニックが頑張っています!
安心の国内メーカー、パナソニックから出ているロボット掃除機がRULOシリーズです!

 

 

ILIFE

中国が拠点のILIFE。深川市と香港に研究開発センターがあり、研究開発から製造・販売まで行っています。
2017年には株式会社アイライフジャパンが設立されています。

バリエーションが豊かで、本記事でも紹介するV3s Proはコスパが高く、人気で売れ筋のロボット掃除機だよ!

 

 

Roborock

2014年に北京で設立されたRoborock。
2016年にはシャオミブランドのロボット掃除機を製造して、その年に中国で最も売れたロボット掃除機となっています。

2020年9月にはハイスペックで最新技術満載のロボット掃除機「Roborock S6 MaxV」が発売されているよ!

 

 

Kyvol

2019年にスタートしたKyvol。
製品ラインナップはまだ少ないが、どの機種もコスパが良いロボット掃除機!

会社はまだ新しいけど、E20は売れ筋ランキング上位になる人気のロボット掃除
知名度はまだ低く、今後に期待できるメーカーだよ!

 

 

【1から3万円】低価格でコスパ良し!初心者におすすめのロボット掃除機!

ここからは価格帯別で、値段以上の価値を提供してくれる、コスパの良いロボット掃除機を紹介していくね!
ピロリン
まず始めに低価格でコスパの良い、おすすめロボット掃除機を全部で4機種を紹介していくよ。

 

Anker Eufy RoboVac 11S

Eufy RoboVac 11Sの外観

トップバッターは「Anker Eufy RoboVac 11S」!

1万円台で買えるロボット掃除機で、コスパが非常に良い!

ポイント
Amazonでは、売れ筋ランキング第1位にたびたびランクインするほどの人気で、かなり売れているモデル!
Eufy RoboVac 11S のおすすめポイント
  1. 値段が安い!
  2. 機能がシンプルで扱いやすい。
  3. 売れ筋ランキング上位で人気がある。
  4. 厚さが薄いから掃除しにくい場所が楽ちん。
  5. 世界的メーカーAnkerから出ているロボット掃除機。

 

「Anker Eufy RoboVac 11S」や後継機種については「こちら」で詳しく解説しています。

 

ルンバ606

ルンバ606の外観

 

ロボット掃除機の代表格メーカー「アイロボット」から出ているルンバシリーズで、価格が安く初心者向けでおすすめ!

ポイント
低価格帯だけどルンバの清掃技術をしっかりと搭載!安心して掃除を任せられるコスパの良い機種だよ!
ルンバ606のおすすめポイント
  1. ロボット掃除機としての基本的機能を完備。
  2. 3段階クリーニングシステムで細かいゴミまでしっかり吸引。
  3. ルンバ独自のデュアルアクションブラシで徹底的に自動清掃。
  4. ダートディテクトテクノロジーでゴミや汚れが多い場所を感知。

 

ルンバ606については「こちら」で詳しく解説しています。

 

ILIFE V3s Pro

ILIFE V3s Proの外観

 

ILIFEから出ているエントリーモデルのV3s Pro!こちらも1万円台で買えるコスパの良いロボット掃除機です!

ポイント
機能が豊富とはいえないけど、シンプルだから扱いやすい!値段の安さもあってAmazonでは、ロボット掃除機の売れ筋ランキング上位によく入る人気の機種です!
ILIFE V3s Proのおすすめポイント!
  1. 機能がシンプルだから使いやすい。
  2. 値段が安くてもタイマー予約が出来る。
  3. 3つの清掃モードでお家をしっかり自動清掃。
  4. ロボット掃除機としての基本的な機能を完備。
  5. 高さは約81mm!掃除しにくい場所も自動で掃除!

 

ILIFE V3s Proについては「こちら」で詳しく解説しています。

 

Kyvol E20

kyvol E20の外観

値段が安いエントリーモデルなのに、Wi-Fi対応や進入禁止設定(境界線テープ)ができる!

ポイント
価格の割に機能性がめちゃんこ豊富!他メーカーのエントリーモデルと比べても非常にコスパの良い機種!
こちらもAmazonのロボット掃除機で、売れ筋ランキング上位によく入る人気の機種です。
Kyvol Cybovac E20のおすすめポイント
  1. 最大2時間半の連続稼働。
  2. 高さは約72mmの薄型設計!
  3. 吸引力は最大で2,000Paの強力吸引!
  4. 境界線テープを使用した進入禁止設定!
  5. Wi-Fi環境でアプリを使ったスマホ操作が可能。

 

Kyvol E20については「こちら」で詳しく解説しています。

 

【3から6万円】多機能でコスパの良いおすすめのロボット掃除機!

続いて紹介するのは、ハイエントリーモデルで多機能なロボット掃除機!
エントリーモデルに比べると値段は上がるけど、機能も清掃能力も上がるよ。
ピロリン
ハイエントリーモデルで紹介するのは全部で3機種!どれもコスパ良しのおすすめロボット掃除機だよ!

 

Kyvol E31

Kyvol Cybovac E31の外観

Kyvol のロボット掃除機で1番ハイグレードのロボット掃除機!
通販サイトによっては、3万円以下で買うこともできるコスパのいいモデルです。

ポイント
吸引力が強く、水拭きとのハイブリット仕様!値段以上の機能性があっておすすめできるロボット掃除機!
Kyvol Cybovac E31のおすすめポイント
  1. 吸引と水拭き!
  2. 進入禁止設定が可能!
  3. 最大吸引力は2,200Paと強力。
  4. Wi-Fi対応でスマホ操作可能。
  5. ジャイロセンサー搭載で効率的。

 

Kyvol E31については「こちら」で詳しく解説しています。

 

ルンバe5

ルンバe5の外観

アイロボットから出ているルンバシリーズで、ハイエントリーモデルがe5!

ポイント
ロボット掃除機で大人気のルンバの中で、特に売れていて人気があるのが「ルンバe5」!
ルンバの上位モデルにも搭載されている機能がついているから、コスパが良くて清掃能力も高い!
ルンバe5のおすすめポイント
  1. ロボット掃除機としての基本的機能を完備。
  2. ダスト容器が洗える!お手入れが簡単でしっかり清潔!
  3. AeroForceエアロフォース3段階クリーニングシステムでしっかり自動清掃!
  4. ルンバ独自のデュアルアクションブラシはゴム製でパワーアップ!
  5. Wi-Fi対応でアプリを使えばスマホ操作が可能!スケジュール設定も出来る!

 

ルンバe5については「こちら」で詳しく解説しています。

 

Eufy RoboVac L70 Hybrid

Eufy RoboVac L70 Hybridの外観

Anker Eufyのロボット掃除機の中で、最もグレードが高いロボット掃除機「Anker Eufy RoboVac L70 Hybrid」!

ポイント
こちらも吸引力が強く、水拭きとのハイブリット仕様のロボット掃除機!
Anker Eufyで最上位グレードだけど、他メーカーのロボット掃除機と比べると値段は安く、コスパが良いロボット掃除機になっています!
Anker Eufy RoboVac L70 Hybridのおすすめポイント
  1. 自動再開機能がある。
  2. AIによるマップ技術。
  3. 最大2,200Paの強力吸引。
  4. 吸引と水拭きのハイブリット仕様。
  5. Wi-Fi環境でEufyHomeアプリを使った掃除エリアの設定。

 

Anker Eufy RoboVac L70 Hybridについては「こちら」で詳しく解説しています。

 

【7から10万円】吸引力が強い!高性能モデルでコスパが良いおすすめのロボット掃除機!

高性能モデルでコスパが良いロボット掃除機を紹介!
値段は更に上がるけど、高性能モデルだけあって清掃能力の高さも半端ない。
ピロリン
ここでは2機種を紹介するよ!値段は確かに高いけど、その分お家がキレイになるし、より一層家事が楽になるね。

 

Roborock S6 maxV

Roborock S6 MaxVの外観

2020年9月に発売された、最新型のロボット掃除機がRoborock S6 maxV!

ポイント
発売されたばかりだけあって、ロボット掃除機の最先端技術が盛りだくさん!
2眼カメラ搭載だから障害物までの距離の測定も可能!
Roborock S6 MaxVのおすすめポイント
  1. 強力な吸引力!
  2. 2眼カメラとレーザーセンサー。
  3. ライブカメラ搭載で状況把握!
  4. 吸引プラス水拭きのハイブリット仕様。
  5. Wi-Fi対応だからスマホ操作が出来る!

 

Roborock S6 MaxVについては「こちら」で詳しく解説しています。

 

ルンバ960

ルンバ960の外観

アイロボットで高性能モデルのルンバ960!ルンバシリーズは他メーカーと比べると値段は強気な設定だけど、長年培ってきたロボット掃除機の技術が搭載されているから、長い目で見たらコスパ良しの機種になるよ。

ポイント
カメラやセンサーでロボット掃除機が自分の位置を把握して、掃除されていない場所を判断できる!部屋の隅々までしっかり掃除してくれる。
ルンバ960のおすすめポイント
  1. 自動再開機能がついているから広いお家でも安心!
  2. 専用アプリでどこでも操作!指定日時の清掃予約も可能。
  3. iAdaptアイアダプト2.0搭載!カメラとセンサーで最大112畳を自動清掃!
  4. デュアルバーチャルウォールを使えば進入禁止設定が出来る。
  5. ルンバ独自のAeroForceエアロフォースクリーニングシステムでしっかり自動清掃!

 

ルンバ960については「こちら」で詳しく解説しています。

 

【15万円以上】ルンバとRULO!最強クラスでコスパが良いおすすめロボット掃除機!

最後に紹介するのは、現段階で最強のロボット掃除機といっても過言ではないモデルを紹介!
ピロリン
ルンバs9+とパナソニックのRULO、2機種を紹介するよ!どちらも性能も価格も最強クラス!

予算に余裕がある場合、ある意味コスパ最強ともいえるモデルです。

 

MC-RSF1000-W

MC-RSF1000の外観

パナソニックから出ている最上級モデルが「MC-RSF1000-W 」!
パナソニックだから知名度が高いし、国内メーカーならではの安心感もある!

ポイント
海外メーカーが多いロボット掃除機の中で、国内メーカーで頑張っているパナソニック!
日本ならではの技術力が詰まったロボット掃除機で、海外メーカーに抵抗がある場合は特におすすめできるモデル。
MC-RSF1000のおすすめポイント
  1. お手入れが楽ちん。
  2. クリーンセンサー搭載。
  3. 三角形状で部屋の隅々まで掃除。
  4. 3種類の障害物検知センサー搭載。
  5. 360°レーザーセンサーでマッピング。
  6. 掃除したくないエリアをアプリで設定。
  7. アクティブリフトで段差を乗り越える。

 

MC-RSF1000については「こちら」で詳しく解説しています。

 

ルンバs9+

ルンバs9+の外観

パナソニックのRULO「MC-RSF1000」も凄いけど、そのさらに上を行くのがルンバs9+!

ポイント
価格も性能も機能も清掃能力も、現段階で最強のロボット掃除機といえるでしょう。
予算に余裕がある場合は、1番おすすめできるモデルです。
ルンバs9+の特徴!
  1. 高い清掃能力!
  2. 高精度のマッピング機能。
  3. ゴミや埃が溜まりやすい隅に強い。
  4. クリーンベースで更に手間が減る。
  5. アプリを使ってマイホームにピッタリの掃除。

 

最強のロボット掃除機ルンバs9+については「こちら」で詳しく解説しています。

 

 

【まとめ】おすすめのコスパが良いロボット掃除機!

コスパが良くておすすめできるロボット掃除機を、価格別に全部で11機種紹介してきたよ!
ピロリン
どの機種も特徴があって、価格も性能もバラバラ!予算や求める性能で、選ぶロボット掃除機は変わってくるよ!

値段が上がれば性能も上がるけど、自分にとっていらない機能がついている場合、オーバースペックでもったいない!
高ければ良いって訳じゃないから、あなたのお家や部屋の間取り、ライフスタイルに合わせて自分にピッタリのロボット掃除機を見つけよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です