【ロボット掃除機RULO】最上位機種のMC-RSF1000をレビュー!特徴からデメリットまで徹底解説!

国内メーカーのパナソニックから出ているロボット掃除機、RULOシリーズ最上位機種「MC-RSF1000」について紹介レビューしていきます!

 

本記事は安心安全、国内メーカーのロボット掃除機で、楽してお家をきれいに保ちたい方へ向けた内容となっています。
「MC-RSF1000」の特徴から仕様、レビューからデメリットまで紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

お家をきれいな状態で保てると、気分も上がって居心地も良くなるし健康にも良い。
良いことだらけです!

ピロリン
分かっちゃいるが毎日掃除機なんてかけてる時間ない!

そりゃそうだよね。
仕事に家事、育児に勉強、毎日掃除機かける時間の余裕なんてありません!

でも今はもう自分で掃除する時代じゃない!めんどうな掃除は自動化する時代です!

そこで今回紹介するのは、パナソニックから出ているロボット掃除機の最高峰「MC-RSF1000」!

最上位機種だけあって機能も盛りだくさん!

「MC-RSF1000」はこんなアナタにおすすめ!

MC-RSF1000がおすすめ
  1. 機能が豊富な最上位機種が欲しい
  2. 安心安全の国内メーカーのロボット掃除機が欲しい
  3. 優秀なマッピング機能で複数の部屋を自動で掃除したい

最上位機種だけあってハイスペック!めんどうな掃除を自動化するのにうってつけの機種です。
これを使えば、あなたに時間がなくても毎日掃除が出来てきれいなお家を保てます!

 

こちらでは最新版のおすすめロボット掃除機を値段別に紹介しています!併せてみてみてね。
【値段別で解説】コスパ最強!家電オタクがおすすめするロボット掃除機11選!

 

【ロボット掃除機RULO】MC-RSF1000製品特徴とメリット

ピロリン
RULOシリーズ最高峰「MC-RSF1000」の特徴を7つ紹介!
1つずつ分かりやすく解説していきます。

 

まず最初に紹介するのがお手入れ方法。

ピロリン
フィルターやダストボックス、ブラシは水洗いが可能!

水洗いが出来ると、汚れが溜まりやすいフィルターやダストボックス、ブラシの掃除がしっかりと出来るうえに簡単です。
汚れが溜まりやすい箇所をしっかりとキレイにすることで、ロボット掃除機の長持ちにもつながります。

 

ブラシの取り外しも簡単。

 

自動清掃後のゴミ捨ても楽ちんで、ダストボックスを天面から取り出し、片手でゴミ捨てが出来ます。

 

 

クリーンセンサー搭載で目に見えないハウスダストまで検知!
ハウスダストが多い時には赤く点滅し、目に見えないゴミを視覚化してくれます。

ピロリン
ハウスダストの量に応じて、往復走行や吸引力アップで対応してくれる優れもの!

クリーンセンサーにより、目に見えないゴミまでしっかりと自動清掃してくれます!
この機能によって、今まで以上に部屋をきれいにすることが出来ます。
赤ちゃんや小さい子供がいる場合に特に嬉しい機能です!

 

 

丸型のロボット掃除機が多い中で、MC-RS520は三角タイプ。
壁際はもちろん、部屋のスミも本体を左右に首振り&バックで、しっかりと自動清掃します。

ピロリン
確かに丸型よりも、三角形状の方がスミにしっかり入り込んで掃除が出来ますね!

 

障害物検知は赤外線・超音波・360°レーザーセンサーの3つで検知。
特にレーザーセンサーは従来品の110°から360°にグレードアップ!これにより障害物の検知力が上がって、家具への衝突防止力が向上しました!

 

 

 

「MC-RSF1000」は360°レーザーセンサーのマッピング機能を搭載!

ピロリン
マッピング機能とは、ロボット掃除機が室内の形状や間取りを測定、記憶する機能です。

マッピング機能の良いところは、ロボット掃除機自身が自分の位置を把握するので、各部屋を最適な経路で隅々まで効率よく掃除してくれるところです。
間取りが複雑なお家や、複数の部屋をロボット掃除機でしっかりと掃除させたい場合に必須な機能!

現段階で最も進んだ掃除走行スタイルで、より一層自分が楽できる最高の機能です!

ポイント
マッピング機能にはカメラ式とレーザー式の2つがある。

カメラ式の場合、暗い部屋では正確に測定が出来ない、正確な間取りの測定に4、5回測定が必要といったデメリットがあります。

一方でレーザー式の場合、部屋の暗さは関係ありませんし、測定も一度でかなり正確に把握できます。

「MC-RSF1000」はレーザーセンサー式のマッピング機能が搭載しています。

 

 

 

Wi-Fi環境でアプリ「RULOナビ」を使えば、掃除したくないエリアを設定可能です!

ピロリン
清掃エリアを区分けすることでロボット掃除機のトラブルも回避!
ロボット掃除機で良くあるトラブル
  1. 子供のお昼寝を邪魔する
  2. 配線やケーブルにからまる
  3. ペットが怯えるもしくは壊される
  4. おもちゃが散らかっていて吸い込んでしまう

この機能があることで、より快適にロボット掃除機を使うことが出来ます。

ピロリン
RULOナビを使ってMC-RSF1000を動かしたい場合は以下に注意してください。

・Wi-Fi環境が必要。
・タブレット端末は非対応。
・Android 5.0以上、iOS9.0以上(iPhone 4Sを除く)。

詳しくは「まるわかり!RULPナビ」で見ることが出来ます。
「MC-RSF1000」のスマホ操作するための接続方法は「スタートガイド」で閲覧可能です。

 

 

「MC-RSF1000」には段差をしっかりと乗り越えるために「アクティブリフト」が搭載されています。

ピロリン
本体を持ち上げて段差を乗り越える仕組みです。

この機能によって、段差によるエラーを軽減できるので、よりスムーズな自動清掃が可能です。

 

ピロリン
以上がパナソニックのロボット掃除機RULO、MC-RSF1000の大まかな特徴になります!
国内メーカーらしい技術がつまったロボット掃除機、「MC-RSF1000」はマッピング機能を含めハイスペックな仕様となっています!

 

【ロボット掃除機RULO】MC-RSF1000レビュー

ピロリン
ロボット掃除機オタクの私が「MC-RSF1000」について、清掃力・サイズ・バッテリー・売れ筋ランキング・機能性の5つで評価を付けていきます!

 

レビュー1 清掃力

製品 「MC-RS520」
MC-RSF1000の外観
走行制御 ラウンド
ルート
エリア分割
運転モード 自動
お手軽
徹底掃除
エリア指定
スポット
最大稼働面積 約120畳
集じん容積 0.25L
クリーンセンサー

※最大稼働面積は条件によって変わります。

清掃力
(4.5)
ピロリン
清掃機能は豊富で、最大稼働面積も広い

そしてRULOシリーズはブラシ1つとっても考え抜いて開発されています。

ブラシの特徴
  1. 白ブラシは毛先がY字で細かいゴミをしっかり掃除。
  2. ブラシ全体がV字型、吸引力の強い中央にゴミを集める。
  3. 進行方向と逆回転するブラシでじゅうたんの奥のゴミをかき出す。

流石はパナソニックのロボット掃除機、国内メーカーならではのこだわりの開発技術です。

 

レビュー2 サイズ

製品 「MC-RS520」
MC-RSF1000の外観
サイズ
幅×奥行×高さ
(mm)
345×330×99
本体重量
(kg)
3.4
サイズ
(3.0)

サイズは現在出ているRULOシリーズの中では一番大きい。
機能が増えるのと比例して、サイズはどうしても大きくなってしまいます。

 

レビュー3 バッテリー・充電

製品 「MC-RS520」
MC-RSF1000の外観
連続使用時間 約100分
※満充電
電池初期 20℃時
充電時間 約300分
※電池が空状態
20℃時
自動充電
自動再開

バッテリー・充電
(4.0)

機能が豊富なこともあり、充電時間はRULOシリーズの中では長め。
連続稼働時間は約100分、1時間40分自動清掃してくれます。

ピロリン
十分な清掃時間で、更に自動再開機能も付いている!
広いお家でも安心してしっかりと自動で掃除してくれます!

 

レビュー4 売れ筋ランキング

製品 「MC-RS520」
MC-RSF1000の外観
Amazon
124位
楽天
52位
ヨドバシ.com 36位
価格ドットコム
22位

※記事作成時(2020年8月)のロボット型クリーナー、ロボット掃除機のランキングになります。

売れ筋ランキング
(2.5)
ピロリン
売れ筋ランキングはかなり厳しい結果となっています。

理由は2つ考えられます。
①ロボット掃除機の主流が海外メーカーである。
②機能が豊富で最上位機種だけあって価格が高い。

ロボット掃除機に限ったことではないのですが、最上位機種のランキングは下がる傾向にあります。

 

レビュー5 機能性

製品 「MC-RS520」
MC-RSF1000の外観
落下防止
衝突防止
室内の形状把握
(マッピング機能)

予約機能
(アプリで設定)

スマホ操作
(Wi-Fi環境)

エリア区分け
(進入禁止設定)

機能性
(5.0)
ピロリン
機能はフルスペック!至れり尽くせりのロボット掃除機です!

ロボット掃除機としての基本的機能はもちろん、360°レーザーセンサーでマッピング。
Wi-Fi環境でアプリを使えば、予約機能(時間、曜日、運転モード)やエリア区分け、ゴミマップ(掃除したエリアのゴミ分布を表示したもの)も作成してくれます。

豊富な機能で、時間がないアナタに変わってしっかりとお家をきれいにしてくれます!

国内メーカー、パナソニックの技術力が集結した最高峰!
楽してきれいなお家を保てるロボット掃除機が「MC-RSF1000」です!

 

【ロボット掃除機RULO】MC-RSF1000デメリット

パナソニックの最上位機種のロボット掃除機ですが、もちろんデメリットもあります!
値段も高いので、デメリットについてもぜひ知っておいて下さい!
ピロリン
ネットでの口コミも参考に、全部で4つのデメリットを紹介します!

 

価格が高い

もともとパナソニックのRULOシリーズは全体的に値段が高いのですが、「MC-RSF1000」は最上位機種だけあって値段も最高クラスです。

ピロリン
価格がネックであれば、ワンランククラスを落とすのも有りです。
機能性は劣りますが、スタンダードモデルの「MC-RS520」を検討するのもおすすめです。
「MC-RS520」の詳しい解説はこちらから。
【パナソニックのロボット掃除機RULO】MC-RS520をレビュー!安心の国内メーカーでスマホ操作が可能!

 

もしくは、海外メーカーになりますがAnkerのロボット掃除機で最上位機種「Eufy RoboVac L70 Hybrid」もおすすめです。
吸引と水拭きのハイブリット仕様で、マッピング機能は同じくレーザーセンサー。
価格は約3分の1まで下がります。

 

「Eufy RoboVac L70 Hybrid」について詳しくはこちらから。
【Eufy RoboVac L70 Hybrid レビュー】水拭き・マッピングが出来るAnkerロボット掃除機の最高峰!

 

段差の乗り越えが弱い

「MC-RSF1000」は段差乗り越えシステムにアクティブリフトが搭載されています。

かなり画期的な技術ではありますが、口コミを見ると「パワーが弱く乗り越えられずにエラーで止まった!」というレビューがありました。

対策としては、ロボット掃除機が掃除しやすい環境づくりをしてあげましょう。

ピロリン
ロボット掃除機は掃除の時短になりますが、100%掃除が無くなる訳ではありません!

ロボット掃除機全般に言えますが、自動清掃する前には、ロボット掃除機が苦手そうなポイントは片付けておきましょう。

 

レーザーマッピングの欠点

口コミやレビューの中には、家具下に入り込んでくれなかったという評価がありました。
「MC-RSF1000」のレーザーセンサーは天面についてるので、同じくらいの高さに障害物があるとその下の空間を認識してくれません。

ピロリン
対応策としては、その箇所だけ手動で掃除もしくは家具をずらして対処!

ロボット掃除機で100%掃除が無くなる訳ではないので、ほんの少しだけサポートしましょう。

 

操作が複雑!Wi-Fi環境がないとオーバースペック

「MC-RSF1000」は機能が豊富なだけに、使いこなせないともったいない!
Wi-Fi環境でのアプリ操作も多いのでWi-Fi環境がない場合はオーバースペックです。

ピロリン
もっとシンプルなロボット掃除機をチョイスすることをおすすめします!

機能がシンプルになると値段も安くなりますし操作も楽です。
シンプルで扱いやすいロボット掃除機はこちらを参考にしてみて下さい。
【2020年最新版】低価格のロボット掃除機比較!安いのにしっかりとお家を自動清掃!

 

【ロボット掃除機RULO】MC-RSF1000レビュー結論・まとめ

最後にパナソニックのロボット掃除機RULO、「MC-RSF1000」レビューの結論・まとめをしていきます!
MC-RSF1000の評価
清掃力
(4.5)
サイズ
(3.0)
バッテリー・充電
(4.0)
売れ筋ランキング
(2.5)
機能性
(5.0)
総合評価
(4.5)
ピロリン
「MC-RSF1000」はこんなアナタにおすすめ!
MC-RSF1000がおすすめ
  1. 機能が豊富な最上位機種が欲しい
  2. 安心安全の国内メーカーのロボット掃除機が欲しい
  3. 優秀なマッピング機能で複数の部屋を自動で掃除したい

 

「MC-RSF1000」は最も進んだ掃除走行スタイル、レーザーセンサーでのマッピング機能を搭載。
国内機種ならではの開発力で、最新技術が搭載された最上位機種のロボット掃除機を使って楽してきれいなお家を保ちましょう!

 

 

\  みんなに紹介してね  /

この記事のURLをコピーする
【パナソニックのロボット掃除機RULO】MC-RSC10-Wをレビュー!コンパクトなのにしっかり自動清掃!【パナソニックのロボット掃除機RULO】MC-RS520をレビュー!安心の国内メーカーでスマホ操作が可能!【Eufy RoboVac L70 Hybrid レビュー】水拭き・マッピングが出来るAnkerロボット掃除機の最高峰!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です