【Kyvol Cybovac E31レビュー】掃除と水拭きが出来て低価格帯のロボット掃除機!

吸引と水拭きの2つが出来る欲張りなロボット掃除機「Kyvol Cybovac E31」についてレビュー解説していきます!

 

お家を奇麗に保ちたいけど時間がない!
家事に育児に仕事!忙しいから掃除の時間は時短したい!
水拭きしたら床がピカピカで気持ちがいいけど面倒くさい!

 

本記事はそんなにあなたに向けた内容です!

ロボット掃除機って良いなぁと思うけど、水拭きは出来ないよね…。
吸引と水拭き両方やってくれたら、お家がもっと奇麗になって良いんだけどなぁ…。

ピロリン
Kyvol Cybovac E31は掃除も水拭きもやってくれるロボット掃除機だよ!

掃除するのですら時間がかかって面倒なのに、水拭きなんて汚れが酷い時くらいしかやらないからね。

Kyvol Cybovac E31はこんなあなたにおすすめ!!
  1. めんどうな掃除は時短したい!
  2. メーカーのブランド力より値段の安さを重視!
  3. 進入禁止設定やスマホ操作が出来る機種が良い。
  4. 吸引と水拭き両方できるロボット掃除機が良い!
  5. 値段の割に機能が多いロボット掃除機を探してる。

 

ロボット掃除機を使えば掃除にかかる時間を約80%位カットできるイメージです。
家事にかかる時間を時短出来れば、TVやYoutubeを見たり、趣味やリフレッシュ、ショッピングに友達との遊びといった時間に時産することが出来る!

Kyvol Cybovac E31を使って、楽してお家を奇麗に保っちゃいましょう!

 

 

ポイント
Kyvolは2019年からスタートした新しい会社で、今のところE20・E30・E31の全3種類のロボット掃除機が出ています。
こちらで全3機種の比較を分かりやすく解説しているので併せて見てみてね。
圧倒的コスパの良さ!Kyvol Cybovacのロボット掃除機!全3機種比較【E20とE30とE31】

 

こちらでは最新版のおすすめロボット掃除機を値段別に紹介しています!併せてみてみてね。
【値段別で解説】コスパ最強!家電オタクがおすすめするロボット掃除機11選!

 

【Kyvol Cybovac E31】製品特徴とメリット

Kyvol Cybovac E31の特徴を5つ、メリットと一緒に解説していきます!

 

掃除と水拭きの2つが出来る!

メリット
吸引だけでは落とせない汚れを水拭きでしっかり清掃!掃除以上に面倒な水拭きをロボット掃除機にお任せ!

Kyvol Cybovac E31は吸引と水拭きが出来る

Amazonより引用

ピロリン
Kyvol Cybovac E31の水拭きポイントが3つあります!
Kyvol Cybovac E31の水拭きポイント
・水タンクは300ml!
・モップクロスを使った水拭き。
・床の種類に合わせて3段階の水量調節!

Kyvol Cybovac E31の水拭き

公式サイトより引用

 

水拭きの手順もいたってシンプルで難しくありません!

ウォータータンクに水を入れて、本体からダストボックスを外して、水を入れたウォータータンクをセット。

Kyvol Cybovac E31の水拭き手順

取扱説明書より引用

 

ウォータータンクに取り外し可能なモップクロスで、床の水拭きをします。

Kyvol Cybovac E31のウォータータンクとモップクロス

公式サイトより引用

ピロリン
特筆すべきポイントは、他の吸引と水拭きが出来るロボット掃除機よりも価格が安いところ!
製品 価格
Roborock S5 Max
Roborock S5 Maxの外観
55,580円
Amazonでの価格
Eufy RoboVac G10 Hybrid
Eufy RoboVac G10 Hybrid の外観
26,800円
公式サイトでの価格
Eufy RoboVac L70 Hybrid
Eufy RoboVac L70 Hybridの外観
54,800円
公式サイトでの価格
Kyvol Cybovac E31
Kyvol Cybovac E31の外観
27,999円
公式サイトでの価格

もちろんそれぞれの機種に良いところはあるし、ナビゲーションシステムが違ったりするけど、吸引と水拭きが出来るポイントにフォーカスして値段を考えれば、割安な機種であることは間違いありません!

 

「Eufy RoboVac G10 Hybrid」とは値段が近いので、セールやクーポンを使ってその時に安いほうを選ぶのもおすすめ。

ただし「Eufy RoboVac G10 Hybrid」は進入禁止設定が出来ないといったデメリットもあります。
詳しくはこちらをどうぞ。
【Anker Eufy RoboVac G10 Hybrid レビュー】3万円以下!吸引と水拭きが可能なロボット掃除機

 

Roborock S5 Maxについて詳しくはこちらをどうぞ!
【Roborock S5 Max レビュー】S6との違いや特徴・デメリットまで徹底解説!満足度の高いロボット掃除機!

 

Eufy RoboVac L70 Hybridについてはこちらで詳しく解説しています。
【Eufy RoboVac L70 Hybrid レビュー】水拭き・マッピングが出来るAnkerロボット掃除機の最高峰!

 

進入禁止設定が可能!

メリット
進入禁止設定が出来ると、ロボット掃除に良くあるトラブルの回避に役立ちます!
ロボット掃除機で良くあるトラブル
  1. 子供のお昼寝を邪魔する
  2. 配線やケーブルにからまる
  3. ペットが怯えるもしくは壊される
  4. おもちゃが散らかっていて吸い込んでしまう

Kyvol Cybovac E31の場合、進入禁止設定は付属品の磁気ストライプを使用!

Kyvol Cybovac E31の進入禁止設定について

取扱説明書より引用

ピロリン
進入禁止設定を上手に使えばより一層、便利なアイテムになるね!

 

吸引力は最大で2,200Paと強力!

吸引力が強いほうが細かい埃や、カーペットの隙間に入り込んだゴミをしっかりと吸引してくれる!

Kyvol Cybovac E31の吸引力

公式サイトより引用

ピロリン
Kyvol Cybovac E31の吸引力は最大で2,200Pa!

ちょっとこのPaという数字分かりづらいので、先ほどの価格でも比較した吸引と水拭きが出来る4機種で比べてみます。

製品 最大吸引力
Roborock S5 Max
Roborock S5 Maxの外観
2,000Pa
Eufy RoboVac G10 Hybrid
Eufy RoboVac G10 Hybrid の外観
2,000Pa
Eufy RoboVac L70 Hybrid
Eufy RoboVac L70 Hybridの外観
2,200Pa
Kyvol Cybovac E31
Kyvol Cybovac E31の外観
2,200Pa

吸引力は4機種ともそれほど大きく変わらず!
ちなみにAmazonだと何故か3,000Paと記載がありますが、公式サイトでは2,200Paとなっています。

ポイント
値段は安いけど、4機種で比べても負けない吸引力です!

 

Wi-Fi対応でスマホ操作が出来る!

メリット
アプリを使ったスマホ操作なら、視覚的で扱いやすい!リモコンを無くして探すといった手間もなし!

Kyvol Cybovac E31のスマホ操作

公式サイトより引用

ピロリン
水拭きの水量なんかもアプリを使って調節することが出来るよ。

リモコンとスマホ、使いやすいほうを選んで操作が出来ます。
ただしスマホ操作の場合はWi-Fi環境が必要なので注意!

 

ジャイロセンサー搭載で効率的な掃除!

メリット
直進的な走行スタイルでランダム走行と比べると、効率的で隅々まで掃除が出来て更に清掃時間が短くなる!
Kyvol Cybovac E31の掃除走行スタイル

Amazonより引用

ナビゲーションシステムをランク分けするとこんな感じです。

ナビゲーションシステムのランク分け
  1. ランダム走行
  2. ジャイロセンサー搭載で直進的な走行
  3. カメラやレーザーセンサーで室内や障害物を把握

Kyvol Cybovac E31は真ん中のジャイロセンサーを搭載した掃除走行スタイルで、値段の割に優秀なナビゲーションシステムになっています。

ピロリン
例えばルンバなら、3万円前後でもランダム走行だったりするからね。

 

吸引力が強くて水拭きとのハイブリット仕様、スマホ操作や進入禁止設定もできる、値段の割にハイスペックな機種がKyvol Cybovac E31です!

 

【Kyvol Cybovac E31】5つのポイントでレビュー

kyvolはもちろんルンバにIlife、Roborock、Ankerと様々なロボット掃除機の記事を書いてきたロボット掃除機オタクの私が、5つのポイントでKyvol Cybovac E31について評価をしていきます!
ピロリン
上記5つのポイントでKyvol Cybovac E31を評価していくよ!

 

レビュー1 清掃能力

製品 Kyvol Cybovac E31
Kyvol Cybovac E31の外観
吸引力 最大2,200Pa
特徴 吸引と水拭きのハイブリット
掃除モード 自動モード
スポットモード
エッジモード
清掃能力
(4.0)
ピロリン
吸引力も強く、なにより水拭きとのハイブリット仕様!清掃能力は優れているといえるでしょう!

その他の特徴として、掃除モードが3種類あります。

直進的な動きでコの字を描きながら掃除する自動モード。

Kyvol Cybovac E31の直進的な動き

公式サイトより引用

 

汚れが酷い場所で使える、最大直径1.2mで重点的に掃除するスポットモード。

Kyvol Cybovac E31のスポットモード

取扱説明書より引用

 

ほこりが溜まりやすい壁や家具の縁に沿って掃除するエッジモード。

Kyvol Cybovac E31のエッジモード

取扱説明書より引用

その他には、カーペットを検知すると自動で吸引力を上げるパワーブースト機能もついています。

 

レビュー2 サイズや高さ

製品 Kyvol Cybovac E31
Kyvol Cybovac E31の外観
サイズ
幅×奥行×高さ
mm
約325×325×72
重さ 約2.7kg
サイズ・高さ
(4.0)
ポイント
ロボット掃除機には、掃除機では掃除しにくいベット下や家具下の掃除を自動でやってくれるメリットがあります。

Kyvol Cybovac E31の厚さについて

Amazonより引用

ピロリン
掃除機だとベットや家具を動かしたり、無理な姿勢で掃除したりと何かと大変!

ロボット掃除機ならそんな手間がかかりません。
厚さ約72mmと薄型設計なんで、家具下やベット下といった面倒な場所に入り込みやすい!

 

レビュー3 バッテリー・充電

製品 Kyvol Cybovac E31
Kyvol Cybovac E31の外観
連続稼働時間 最大150分
充電時間 360から390分
バッテリー・充電
(3.5)

連続稼働時間は最大で約150分!

ポイント
公式サイトによるとバッテリーをフル充電後、ハードフロアモードで最小吸引レベル設定および自動モードの条件下で150分間。
ピロリン
実際に使う際は少し短くなるけど、メリハリつけて上手に使えば十分すぎる稼働時間!

 

レビュー4 売れ筋ランキング

製品 Kyvol Cybovac E31
Kyvol Cybovac E31の外観
Amazon 62位
楽天
ヨドバシ.com
価格ドットコム

※記事作成時(2020年9月)のロボット掃除機・ロボット型クリーナーのランキング。

売れ筋ランキング
(1.0)
ピロリン
まだまだ新しいメーカーの機種ということもあって、売れ筋ランキングは今のところ残念な結果です。
ポイント
ちなみにKyvolのロボット掃除機シリーズで売れているのはE20!Amazonだと今のところ売れ筋ランキング4位と人気のロボット掃除機!

E20が結構売れている機種なので、Kyvol Cybovac E31もこれからに期待ですね。

 

レビュー5 機能性

製品 Kyvol Cybovac E31
Kyvol Cybovac E31の外観
自動充電
自動再開 ×
落下・衝突防止
水拭き
Wi-Fi対応
進入禁止設定
(磁気ストライプ)
ナビゲーションシステム ジャイロセンサー
機能性
(4.0)

掃除中にバッテリー切れで止まった時、充電完了後に止まった場所から再スタートする「自動再開機能」はついていません。
ただロボット掃除機としての基本的な機能はもちろん、Wi-Fi対応でスマホ操作が可能、磁気ストライプを使えば進入禁止設定もできる充実ぶりです。

ピロリン
そして何より嬉しいのが吸引と水拭きのハイブリット仕様であること!

値段の割に機能性はかなり豊富なロボット掃除機です!

 

【Kyvol Cybovac E31】3つのデメリット

続いてKyvol Cybovac E31のデメリットを3つ解説していきます!

デメリットをしっかりと把握すれば、本当に自分に合ったロボット掃除機なのかが分かるよ!

 

デメリット1 水拭きに洗剤は入れられない

Kyvol Cybovac E31は水拭きする際に洗剤が入れられません!

ピロリン
その他にも気を付けるポイントが取扱説明書にも記載されているので注意してね。

Kyvol Cybovac E31の水拭きするときの注意点

取扱説明書より引用

 

ちなみにルンバの水拭き専用のロボット掃除機ブラーバシリーズの場合、専用の洗剤があります。

ブラーバについてはこちらをどうぞ。
【おすすめの床拭きロボット】ブラーバ全機種を比較!m6と250と390jの違いと特徴を分かりやすく解説!

 

洗剤が使えると床がしっかりとキレイになる反面、ランニングコストがかかるので一長一短ともいえます。

 

デメリット2 スマホ操作にはWi-Fi環境が必要

Kyvol Cybovac E31をスマホ操作するにはWi-Fi環境が必要!

ピロリン
お家にWi-Fiが繋がっていないならちょっともったいない!

そもそもスマホ操作はいらない!という場合は、機能がシンプルなKyvol Cybovac E20の方がおすすめ。
ランダム走行になってしまいますが、その分値段も更に安くなっています。

Kyvol Cybovac E20について詳しくはこちらをどうぞ。
【Kyvol Cybovac E20レビュー】安くてスマホ操作が出来るロボット掃除機!メーカーからメリットにデメリットまで紹介

製品はこちら。

 

デメリット3 吸引だけが良いならスペックオーバー!

水拭き機能はいらない!という場合はKyvol Cybovac E31じゃないほうが良い!

ピロリン
1つ下のグレード、E30の方がおすすめ!

Kyvol Cybovac E30はE31から水拭き機能を無くした機種です。
E31同様にスマホ操作や境界線テープを使った進入禁止設定が出来て、ジャイロセンサーも搭載。

水拭き機能がいらない場合は、Kyvol Cybovac E30も見ておくことをおすすめします。

Kyvol Cybovac E30について詳しくはこちらから。
【Kyvol Cybovac E30評価レビュー】効率的な自動清掃!特徴からデメリットまで徹底紹介!

製品はこちら。

 

【Kyvol Cybovac E31】レビューまとめ・結論

最後にここまで解説してきた「Kyvol Cybovac E31」のまとめと結論をだしていきます!
Kyvol Cybovac E31の評価
清掃力
(4.0)
サイズ
(4.0)
バッテリー・充電
(3.5)
売れ筋ランキング
(1.0)
機能性
(4.0)
総合評価
(4.0)
Kyvol Cybovac E31はこんなあなたにおすすめ!!
  1. めんどうな掃除は時短したい!
  2. メーカーのブランド力より値段の安さを重視!
  3. 進入禁止設定やスマホ操作が出来る機種が良い。
  4. 吸引と水拭き両方できるロボット掃除機が良い!
  5. 値段の割に機能が多いコスパの良いロボット掃除機を探してる。

 

Kyvol Cybovac E31はメーカーの知名度こそ低いものの、吸引と水拭き両方が出来て機能性も豊富。
同様のスペックのロボット掃除機と比べると値段が安く、コスパの良いロボット掃除機です!

 

 

\  みんなに紹介してね  /

この記事のURLをコピーする
【Kyvol Cybovac E30評価レビュー】効率的な自動清掃!特徴からデメリットまで徹底紹介!【Kyvol Cybovac E20レビュー】安くてスマホ操作が出来るロボット掃除機!メーカーからメリットにデメリットまで紹介【Eufy RoboVac L70 Hybrid レビュー】水拭き・マッピングが出来るAnkerロボット掃除機の最高峰!【Roborock S5 Max レビュー】S6との違いや特徴・デメリットまで徹底解説!満足度の高いロボット掃除機!【Anker Eufy RoboVac G10 Hybrid レビュー】3万円以下!吸引と水拭きが可能なロボット掃除機

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です