【おすすめの床拭きロボット】ブラーバ全機種を比較!m6と250と390jの違いと特徴を分かりやすく解説!

ロボット掃除機の代表格である、アイロボットから出ている床拭きロボットの「ブラーバ」。
ブラーバにある全機種を7つのポイントで比較しておすすめを紹介していきます。

 

現在ブラーバは3機種あります。
ブラーバジェットがm6と250。
ブラーバが390j。

ブラーバ購入を検討するときに、全3種類のラインナップがあるブラーバで、どれを買えばいいか悩むところです。

ピロリン
そんな悩みを解決すべくブラーバを比較し、おすすめのブラーバを決めていきます。

最初に簡単な結論を言うと。

ブラーバ比較まとめ
  1. ブラーバジェットm6は、予算に余裕があって高機能を求める人におすすめ!
  2. ブラーバジェット250は、限定したエリアでしっかり汚れを落としたい人におすすめ!
  3. ブラーバ390jは、広いエリアでコストを下げてきれいにしたい人におすすめ!

掃除機以上に億劫でめんどうな拭き掃除…。
そんな拭き掃除を、自動でやってくれて楽してお家をきれいにするブラーバはおすすめです( ̄^ ̄)ゞ

サクッと比較だけを知りたい場合は「ブラーバを全機種を比較」をチェックして下さい。

こちらでは、ブラーバジェット240のレビューをしています。
【おすすめの床拭きロボット】ブラーバジェット240を購入レビュー!安くてもしっかり清掃!

【床拭きロボット】ブラーバとは

ブラーバとは床拭きに特化したロボット掃除機です( ̄^ ̄)ゞ

埃などを吸い取ってくれるロボット掃除機ではキレイに出来ない、こびりついた汚れを「水拭き」や「から拭き」でおとしてくれる家事時短に最適でおすすめなアイテムです(。 ・ω・))

ピロリン
アイロボットから出ている、床ぶきロボットは現在のところ全部で3種類。

ブラーバジェットはmシリーズと200シリーズの2種類。
ブラーバは300シリーズの1種類が出ています。

吸い取り型のロボット掃除機と併用すると、より一層掃除が楽になり、お家をきれいに保てますヽ(^◇^*)/ ワーイ
値段が安くても優秀でコスパの良いロボット掃除機があります。
【2020年最新版】低価格のロボット掃除機比較!安いのにしっかりとお家を自動清掃!

 

【床拭きロボット】ブラーバ3機種を紹介

ブラーバ比較の前に、ブラーバジェットm6・ブラーバジェット250・ブラーバ390jの特徴を簡単に紹介していきます。

 

ブラーバジェットm6

出典 : Amazon

 

 

ピロリン
ブラーバ3機種の中で最もハイグレード・高性能なブラーバジェットm6。

Wi-Fi対応、スマートマッピング、ルンバi7+ i7との連携に自動充電・自動再開が可能で、床拭きロボット最強の1台\(^o^)/スゲー

ただし、他と比較すると価格も最強クラスです。

スマートマッピング搭載で、家の間取りを学習、記憶し最適な清掃パターンで床拭きしてくれます。

機能が多いため、ある程度使いこなせる自信のある人におすすめ。
機能を使いこなせば、床拭き最強の一台になります。

 

 

ブラーバジェット250

出典 : Amazon

 

ブラーバ3機種で比較すると、もっとも値段が安く手軽に購入しやすいのがブラーバジェット250!

清掃モードは3種類あり、装着した専用クリーニングパッドを認識して、自動的に清掃モードを選択する優れものです。

①ウェットモップモード
同じ場所を3回念入りに拭き掃除。水と洗浄剤でこびりついた汚れもこすり落とします。

 

②ダンプスウィープモード
同じ場所をしっかり2度拭き。少量の水と洗浄剤で日常的な汚れやホコリを拭き取ります。

 

③ドライスウィープモード
から拭きでひと拭き。ホコリや汚れ、ペットの毛などをからめ取ります。

出典 : iRobot PressRelease

 

ウェットモードやダンプモードを使うことで、ジェットスプレーが汚れを浮かび上がらせ、拭き取ります。

 

ナビゲーションシステム「iAdapt2.0 」を搭載。
iAdaptは現在3種類あります。

iAdaptとは
  1. iAdaptは複数の部屋や複雑な間取りには対応できない。
  2. iAdapt2.0は部屋の形状や広さを把握し、規則正しく効率的に掃除をする。
  3. iAdapt3.0はセンサーやカメラを使い間取りを記憶し、指定の部屋だけ掃除も可能。

 

アイロボット独自のシステムで、ブラーバジェット250はiAdapt2.0を搭載。

ブラーバ3機種の中で一番安いブラーバジェット250ですが、流石はアイロボット!
かなり優秀です。

ただし、最大稼働面積で他と比較すると少ないので、キッチン・リビングなど限定して使うのがおすすめ。

 

商品リンクはブラーバジェット旧型240も載せておきます。
250と仕様は同じですが、付属品が250の方が多い。(洗濯可能ウエットパッド1枚、洗剤サンプル2回分)

ブラーバジェット250はAmazonだと中古品で出ているので注意して下さい。

ブラーバジェット240はこちら。

 

ブラーバジェット250はこちら。

 

ブラーバ390j

出典 : Amazon

 

 

「iAdapt2.0 キューブナビゲーション」を搭載し、NorthStarキューブを設置することで、最大稼働面積を広くし、より広いスペースでの拭き掃除に活躍してくれるのがブラーバ390jです。

 

特に嬉しいのが、ドライモードで市販のクイックルワイパーなどが使えること!

ピロリン
そのためランニングコストを抑えることができます。

専用のクリーニングパッドは意外と高いので、ランニングコストがバカになりません(ノД`)・゜・。

他の2機種と比較すると機能は少なめですが、稼働面積が広いので、リビングが広いお家に特におすすめです。

 

 

【床拭きロボット】ブラーバ全機種を比較

ブラーバ全3機種を7つのポイントで徹底比較していきます!

それぞれ特徴があるので、比較することで自分のお家に合ったブラーバを見つけられます。

 

ブラーバ比較1 価格

画像
製品名 ブラーバジェットm6 ブラーバジェット250 ブラーバ390j
価格
(税抜)
69,880円 29,880円 39,880円

※価格は現在(2020年7月)のアイロボット公式ストアでの価格です。
Amazonや楽天といったショッピングサイトでは価格が変わってきます。

価格を比較すると、一番安いのはブラーバジェット250!
3つあるシリーズの中で一番リーズナブルで、お掃除ロボット未経験者や2台目といった方におすすめです。

一方でブラーバジェットm6の価格は税込みなら7万超え!
流石は最強クラスの床拭きロボットです\(^o^)/スゲー

機能も多いので、使いこなせると最強の床拭きロボットになります。

 

ブラーバ比較2 最大稼働面積

画像
製品名 ブラーバジェットm6 ブラーバジェット250 ブラーバ390j
最大
稼働面積
ウェットモード : 60畳
ドライモード : 60畳
ウェットモード : 12畳
ダンプモード : 12畳
ドライモード : 15畳
ウェットモード : 20畳
ドライモード : 56畳

※部屋の形状や床の状態、バッテリーの状態などにより異なります。

最大稼働面積を比較すると、広いスペースならブラーバジェットm6とブラーバ390jがおすすめ!
ただし、ブラーバ390jはNorthStarキューブの設置が必要。

一方で、ブラーバジェット250は、最大稼働面積は少なめでスポット的な働きに期待です。
キッチン周りやリビングのみで動かすとか、回数を分けて使うことをおすすめします。

 

ブラーバ比較3 清掃モード

画像
製品名 ブラーバジェットm6 ブラーバジェット250 ブラーバ390j
清掃モード ウェットモード
ドライモード
ウェットモード
ダンプモード
ドライモード
ウェットモード
ドライモード

清掃モードを比較すると、ブラーバジェット250のみ3種類あります。
さらにブラーバジェット250には、クリーニングヘッドを細かく振動させる機能がついています。

 

 

ブラーバジェットm6にはついていない機能なんですが、m6は250と比べると1kgほど重いので、振動が無くてもしっかりとパッドを床に押し付けて、キレイに掃除してくれます。

一方で、ブラーバ390jはドライモードで市販の使い捨てシート、クイックルワイパーなどが使えるので、コストを抑えて掃除が出来るのがおすすめポイントです。

 

ブラーバ比較4 充電

画像
製品名 ブラーバジェットm6 ブラーバジェット250 ブラーバ390j
充電 自動充電
自動再開
バッテリー充電器 急速充電スタンド

続いては充電の比較。
ブラーバジェットm6は自動充電・自動再開です。
流石はハイクラスモデルです。
手間がかからない(*´∀`)ノ

 

ブラーバジェット250は充電器で充電するスタイルです。
電池を充電する手間が面倒ですが、充電スペースの確保がいらないので、場所を取りません。

 

ブラーバ390jは急速充電スタンドにブラーバを立てて充電します。

 

ブラーバ比較5 サイズ

画像
製品名 ブラーバジェットm6 ブラーバジェット250 ブラーバ390j
大きさ
幅 奥行き 高さ
(mm)
270×252×90 178×170×84 244×216×79
重さ (kg) 約2.2 約1.2 約1.8

サイズで比較すると、最も小さくて軽いのはブラーバジェット250です。
約1.2kgと軽く、持ち運びが簡単です。

 

一方で、一番大きくて重いのはブラーバジェットm6。

やはり機能性が充実する分、大きくなってしまうのでしょう。
ただ、充電方式がm6は自動充電なので、持ち運ぶ機会は少ないかもしれません。

 

ブラーバ比較6 売れ筋ランキング

画像
製品名 ブラーバジェットm6 ブラーバジェット250 ブラーバ390j
ランキング 20位 10位
(ブラーバジェット240)
12位

※Amazonでの記事作成時(2020年7月)のロボット型クリーナーのランキングです。
ブラーバジェット250は240のランキングを掲載しています。

ブラーバを選ぶ際に、売れ筋の比較も重要な参考値になります。
3機種の中で一番売れているのはブラーバジェット250(240)。
ブラーバジェットm6は20位ですが、価格帯を考えれば、かなり売れていると商品です。

 

ブラーバ比較7 機能性

画像
製品名 ブラーバジェットm6 ブラーバジェット250 ブラーバ390j
機能性

機能の多さを比較すると、断トツでブラーバジェットm6がトップ!
Wi-Fi対応、スマートマッピング、ルンバi7+ i7との連携に自動充電・自動再開が可能で、至れり尽くせりの機能を兼ね備えています。

ブラーバジェット250は清掃モードが3種類、クリーニングヘッドが振動します。
他と比較すると、最大稼働面積は狭いですがしっかりとキレイにしてくれる機能があります。

ブラーバ390jは3種類の中で機能は一番少ない。
ただし、広いスペースで床をきれいにしてくれて、市販の使い捨てシート、クイックルワイパーなどが使えるので、コストを抑えて掃除が出来るのでおすすめです。

 

【床拭きロボット】ブラーバ比較の結論・まとめ!

最後に、ブラーバ3機種を比較した結論を出していきます!
それぞれの特徴に合わせて、自分に合ったブラーバを選ぶことが出来ます!

 

広範囲で高性能・予算が高い

ブラーバジェットm6がおすすめです。

価格は高いですがその分、機能が多く高性能。
複数の部屋や、広いスペースにも対応可能で、多少値段が高くても高性能を求める人におすすめです。

 

値段が安く、限定したエリアで使いたい

ブラーバジェット250がおすすめです!

稼働面積は狭いですが、3種類の清掃モードでクリーニングヘッドを細かく振動させ、しっかりと床拭きをしてくれます。

商品リンクはブラーバジェット旧型240も載せておきます。
250と仕様は同じですが、付属品が250の方が多い。(洗濯可能ウエットパッド1枚、洗剤サンプル2回分)

ブラーバジェット250はAmazonだと中古品で出ているので注意して下さい。

ブラーバジェット240はこちら。

 

ブラーバジェット250はこちら。

 

広範囲で使いたい!ランニングコストを抑えたい

ブラーバ390jがおすすめです。

機能は少なめですが、NorthStarキューブの設置すれば広いエリアで使用が可能。
市販のクイックルワイパーなどが使えて、ランニングコストを抑え、手軽に使うことが出来ます。

 

 

まとめ

以上がブラーバ3機種の比較と紹介になります。

冒頭にも書きましたが、ブラーバ比較を纏めると。

ブラーバ比較まとめ
  1. ブラーバジェットm6は、予算に余裕があって高機能を求める人におすすめ!
  2. ブラーバジェット250は、限定したエリアでしっかり汚れを落としたい人におすすめ!
  3. ブラーバ390jは、広いエリアでコストを下げてきれいにしたい人におすすめ!

掃除機以上に億劫で面倒な床拭き掃除。
しかし床拭きをすると、床がピカピカになっていつも以上に部屋がキレイになります。

ブラーバを使うことで手間のかかることは自動で済ませて、別のことが出来ますヽ(^◇^*)/ ワーイ

 

【2020年最新版】低価格のロボット掃除機比較!安いのにしっかりとお家を自動清掃!【おすすめの床拭きロボット】ブラーバジェット240を購入レビュー!安くてもしっかり清掃!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です