【パナソニックの床拭きロボット】ローランMC-RM10を評価レビュー!デメリットや特徴と併せて紹介!

国内メーカーのパナソニックから出ている床拭きロボット、 Rollanローラン「MC-RM10」の評価レビューをしていきます!

 

本記事はお家の面倒な床拭きを自動で済ませて、楽しちゃいたい方へ向けた内容となっています。
「MC-RM10」の特徴や仕様、デメリットまで解説していきます!ぜひ参考にしてみて下さい!

お家の床拭きってめんどうですよね。
もちろん床拭きしたら、ピカピカになって素足で歩くのも気持ちよくなるし、赤ちゃんがいる家庭なら安心してハイハイさせられます。
お家時間の居心地が良くなるのは分かるんですが…。

ピロリン
掃除機で掃除するのも大変なのに床拭きなんてやってる時間ない!

そんなあなたの為に、朗報です!

面倒な家事は自動で済ませる時代。
床拭きはRollanローラン「MC-RM10」で自動で済ませて、自分はゆっくりお茶でも飲んどきましょう!

Rollanローラン「MC-RM10」はこんなアナタにおすすめ!

「MC-RM10」がおすすめ
  1. 床拭きは自動で済ませたい!
  2. 市販のクイックルワイパーも使いたい!
  3. 安心安全の国内メーカーの床拭きロボットが良い!

Rollanローラン「MC-RM10」の特徴から仕様を、アイロボットの床拭きロボット「ブラーバ」と比較しつつ、デメリットまでしっかりと解説していきます!

 

 

ルンバでお馴染み、アイロボット社の床拭きロボット Braavaブラーバについて詳しくはこちらから!
【おすすめの床拭きロボット】ブラーバ全機種を比較!m6と250と390jの違いと特徴を分かりやすく解説!

 

【パナソニックの床拭きロボット】ローランMC-RM10!製品特徴とブラーバ比較

 

 

ピロリン
ローラン「MC-RM10」の大きな特徴は5つ。
アイロボットのブラーバと比較しつつ解説していきます。

 

まず1つ目の特徴は段差検知と落下防止。

ポイント
標準的な機能ですが、この機能がないとラグやカーペットの上を水拭きしたり、段差で落下して床拭きロボットが壊れるといったトラブルが続出します!

ローラン「MC-RM10」の落下防止は10cm以上の段差を検知し落下を回避することが可能。

ピロリン
段差検知と落下防止はブラーバにもついている機能!
目新しさはなくついていて当然!といったところですね。

 

 

続いては水タンクと給水についてです。
給水タンクは本体から取り外すことが出来るので、本体を濡らすことなく簡単に給水が出来ます!

 

ピロリン
ブラーバジェット250の場合だと、給水タンクが外れないので水を入れる時にめっちゃ不便です。

本体に水の吸入口があるタイプはかなり入れづらい。

水タンクの取り外しは嬉しい仕様です!

 

 

床拭き方式は回転式!
ローラーに専用のモップを巻き付け、約5分半で30°程度回転しながらキレイな面で拭き掃除をする機能。

ピロリン
自分で拭き掃除をする時も、同じ面で拭き続けないですよね。
床拭きロボットも同じで、キレイな面で拭くことによって、しっかりと床をキレイにしてくれます。

ちなみに専用モップは洗って繰り返し使えるので、ランニングコストを安く抑えられる仕様。

ピロリン
国内メーカーらしいこだわりの開発技術です!

ブラーバの場合はクリーニングパッドを差し込んで使うので、常に同じ面で床拭きをします。
※下の写真はブラーバジェット200シリーズ

後発組だけあって、ブラーバを良く観察して作っているなという印象です。

 

 

スポットモード搭載で、汚れが気になるところを重点的に拭いてくれます!

ピロリン
小さい子供がいる家庭で特に嬉しい機能です!
子供の食べこぼしによって汚れた場所を、集中的に拭いてくれるので非常に助かる!

スポットモードはスタート位置から、前方向約1.6 m×右方向約2 mの範囲を集中的に拭き掃除をしてくれる機能です。

スポットモードは、ブラーバジェットm6と250には付いている機能ですが、「MC-RM10」と同様に市販のお掃除シートが使えるブラーバ390jにはついていない機能です。

 

 

市販のお掃除シートが使える床拭きロボット!
実はこれかなり嬉しい特徴です。

ピロリン
使い捨てが出来るので衛生的、専用モップを洗う手間が省ける!とったメリットがあります。

使えるお掃除シートはこちら。

 

お掃除シートの装着と脱着は、ボタンを押すだけで出来るのが特徴。

 

ピロリン
ブラーバで市販のお掃除シートが使えるのはブラーバ390j!

ブラーバ390jの場合お掃除シートの取り付けは手動で、機械的な仕組みはありません。

 

以上がパナソニックの床拭きロボットローラン、「MC-RM10」の大まかな特徴になります。
国産メーカーらしい、細かな技術が取り入れられた床拭きロボットです!

 

【パナソニックの床拭きロボット】ローランMC-RM10!評価レビュー

ロボット掃除機オタクの私がローラン「MC-RM10」について、清掃力・サイズ・バッテリー・売れ筋ランキング・機能性の5つで評価を付けていきます!
ピロリン
ブラーバとも比較しつつ評価を付けていきます!

 

レビュー1 清掃力

製品 「MC-RS520」
床拭きロボットのローランの外観
運転モード
ウェットモード(水拭き)
ドライモード(空拭き)
スポットモード(1.6m×2m水拭き)
市販シート
使用可
※花王から出ている3種類
最大稼働面積
約20畳
環境によって誤差あり
清掃力
(4.0)

床拭き走行時にコの字型にルート走行し、往復時の重ね拭きで、しっかりと床をきれいにしてくれます!

ピロリン
スポットモードがあるので、汚れが気になるところは重点的な水拭きも出来ます!

同じく市販シートが使えるブラーバ390jは、スポットモード機能はありませんが、ドライモード(空拭き)だと最大で56畳まで対応可能。
ウェットモード(水拭き)の場合はローラン「MC-RM10」と同じで20畳となっています。

 

レビュー2 サイズ

製品 「MC-RS520」
床拭きロボットのローランの外観
サイズ
幅×奥行×高さ
(mm)
240×243×80
重さ
(kg)
約2.5
サイズ
(3.0)

吸引型のロボット掃除機と比較した時には小さいですが、ブラーバと比較すると大きめです。

ピロリン
ブラーバジェット250、ブラーバ390jより大きく、ブラーバジェットm6よりは小さい。

重さは一番重いブラーバジェットm6よりも約0.3kgほど重くなっています。

重いほうが自重でしっかりと、専用モップやシートが床に当たるというメリットもあります。

 

レビュー3 バッテリー・充電

製品 「MC-RS520」
床拭きロボットのローランの外観
連続使用時間
(電池初期
周囲20℃時)
約60分
充電時間
(電池が空状態
周囲20℃時)
約150分
バッテリー・充電
(3.5)

最大稼働面積や連続使用時間、床拭きの特性を考えると、複数の部屋を任せるようなタイプではありません。

ピロリン
汚れが付きやすく生活場所のメインである、リビングやキッチン、ダイニングの床拭きを任せるタイプです!

60分あれば、十分な連続使用時間といえます。

 

レビュー4 売れ筋ランキング

製品 「MC-RS520」
床拭きロボットのローランの外観
Amazon 61位
楽天
78位
ヨドバシ.com
33位
価格ドットコム 32位

※記事作成時(2020年8月)の売れ筋ランキング

売れ筋ランキング
(2.5)
ピロリン
売れ筋ランキングは物足りない結果です。

ロボット掃除機は海外メーカーが主流で、国内メーカーの弱さが露呈しています。
ブラーバは売れ筋ランキングで上位に入っていることもあるので、この結果は少し残念。

ただ売れ筋ランキング上位=自分にとっての良い製品とはならないので、ここはあくまで参考レベルにしかなりません。

 

レビュー5 機能性

製品 「MC-RS520」
床拭きロボットのローランの外観
機能性
機能性
(4.0)

給水タンクが本体から外せる、床拭きするローラー部は一定時間で回転する。
市販のお掃除シートが使えることや、スポットモードでの汚れの気になる箇所への重点的な拭き掃除。

ピロリン
国内メーカーならではの豊富な機能があります!

一方でWi-Fi対応やアプリ連携、マッピング機能(室内の形状や間取りを測定、記憶する機能)はありません。

価格面も含めブラーバ390jに近いところがありますが、ローラー部の回転やスポットモードなどはブラーバ390jにはない機能です。

 

豊富な機能性で面倒な床拭きは自動でお任せ、キレイなお家をローラン「MC-RM10」で保つことが出来ます!

 

【パナソニックの床拭きロボット】ローランMC-RM10!デメリット

ピロリン
床拭きロボットローラン「MC-RM10」のデメリットを3つほど解説していきます!

 

デメリット1 手間がかかる

ブラーバであればクリーニングパッドを差し込むだけで使えますが、ローラン「MC-RM10」の場合、ローラーに巻き付ける手間があります。

ピロリン
口コミや評判を見ると、この手間がめんどう!といった評価がありました。

確かに手間がかかるという意味ではデメリットの1つではありますが、この手間をかけることによって、汚れた面で拭き掃除をやり続けないというメリットにもつながります!

 

デメリット2 落下に注意

ローラン「MC-RM10」には落下防止の機能がついています。
10cm以上の段差を検知し落下を回避する機能です。

ピロリン
つまり10cm以下だと落下してしまう!

ローラン「MC-RM10」で床拭きを任せる部屋に、ちょっとした段差がある場合は物を置くなどして、物理的にガードして環境を整えてあげましょう。

 

デメリット3 使い捨てシートの巻取り

市販のお掃除シートを使う際に、機械的な機能で取り付けます。

ボタン1つで出来る反面、機械的にやるので慣れるまでは失敗する可能性があります!

ピロリン
慣れてしまえば、ボタン1つでお掃除シートがしっかりと巻き付くので、手軽さを感じます!

ただ最初は少しだけ困惑してしまうかもしれません。

デメリットが気になった場合は一度、アイロボットのブラーバについても知っておくといいかもです。
こちらではブラーバ全機種を比較しています。
【おすすめの床拭きロボット】ブラーバ全機種を比較!m6と250と390jの違いと特徴を分かりやすく解説!

 

【パナソニックの床拭きロボット】ローランMC-RM10!レビュー評価の結論・まとめ

最後にパナソニックの床拭きロボットローラン、「MC-RM10」評価レビューの結論・まとめをしていきます!
MC-RM10の評価
清掃力
(4.0)
サイズ
(3.0)
バッテリー・充電
(3.5)
売れ筋ランキング
(2.5)
機能性
(4.0)
総合評価
(4.0)

 

Rollanローラン「MC-RM10」はこんなアナタにおすすめ!

「MC-RM10」がおすすめ
  1. 床拭きは自動で済ませたい!
  2. 市販のクイックルワイパーも使いたい!
  3. 安心安全の国内メーカーの床拭きロボットが良い!
ピロリン
掃除機をかける以上に面倒な床拭きを、ロボットに任せることで自動化出来ます!
自動化することで自分は違うことに時間を使えるし、手間をかけずに床拭きが出来るので、毎日床拭きしても苦痛にならない!

MC-RM10を使えば、お家時間を快適に過ごすことが出来ます!

 

【おすすめの床拭きロボット】ブラーバ全機種を比較!m6と250と390jの違いと特徴を分かりやすく解説!【おすすめの床拭きロボット】ブラーバジェット240を購入レビュー!安くてもしっかり清掃!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です