【Kyvol Cybovac E30評価レビュー】効率的な自動清掃!特徴からデメリットまで徹底紹介!

Kyvolから出ている「Cybovac E30」について、特徴からデメリットまで紹介レビューしていきます!

 

時間が無くて掃除が出来ない!
めんどうな掃除は自動化して楽したい!
安くて機能が豊富なロボット掃除機が欲しい!
本記事はそんなアナタに向けた内容となっています。

毎日掃除機がかけられたら、部屋がきれいになって気分も上がるし、健康にも良い!
子供がいるとハウスダストも気になるし、出来れば小まめに掃除機をかけたい!

ピロリン
そうはいってもそんな時間の余裕ない!

仕事に家事や育児、時間に追われる日々です。楽できる部分は楽したほうが絶対に良い!

めんどうな掃除はロボット掃除機で自動化していきましょう!

ロボット掃除機だと真っ先にルンバをイメージしがちですが、ルンバは強めの価格設定です。
「Kyvol Cybovac E30」なら機能の割に値段が安く、リーズナブル!

「Kyvol Cybovac E30」がおすすめ
  1. 掃除で楽がしたい!
  2. メーカーやブランドは気にしない!
  3. スマホ操作や進入禁止設定が欲しい!
  4. 安くて機能が豊富なロボット掃除機が欲しい!

 

Kyvolは2019年にスタートした新しい企業で、メーカーの知名度こそ低いものの、コスパの良いロボット掃除機を提供しています。

メーカーの知名度を気にしないのなら、「Kyvol Cybovac E30」は断トツにコスパの良いロボット掃除機になっています。

 

「Kyvol 」からはCybovac E20も出ています。
E30と比較すると機能性は多少劣りますが、値段は更に安くなっています。
「Kyvol Cybovac E20」についてはこちらからどうぞ!
【Kyvol Cybovac E20レビュー】安くてスマホ操作が出来るロボット掃除機!メーカーからメリットにデメリットまで紹介

 

 

【Kyvol Cybovac E30】製品特徴とメリット

まず始めにKyvol Cybovac E30がどんな製品なのか、特徴を紹介しメリットを解説していきます!
ピロリン
製品特徴を全部で5つ紹介していきます!

 

 

最大吸引力は2,200Paと強力!
吸引力が強いことによって、しっかりとゴミを吸い上げてくれます!

ポイント
吸引力は全部で3段階。
レベル 1: 600Pa
レベル 2: 1000Pa
レベル 3: 2200Pa

常に全力だと音もうるさいし、バッテリーの減りも早い!

ピロリン
室内の状況によって吸引力を使い分けられるメリットがあります。

更にパワーブースト技術を搭載し、カーペットを検知すると自動で吸引力を上げる機能がついています。

そして最大で2,200Paという強力な吸引力!

Kyvol Cybovac E30の吸引力

吸引力は企業が独自で測定していることも多くPaという数字はわかりづらいかもしれません。
Ankerから出ている価格や機能性が似ている「Eufy RoboVac 30C」が最大で1,500Paで、約1.4倍と考えると吸引力の強さが分かります!

 

Wi-Fi環境があればアプリを使ってスマホ操作が可能!
スマホで手軽に清掃開始や一時停止、モード変更といった操作が出来ます。

Kyvol Cybovac E30のアプリ操作について

ポイント
リモコンは置き場所を決めておかないと、どこに置いたか行方不明になりがち。
スマホであれば、家でくつろぎながらニュースや動画を見つつも、手軽に操作が出来るメリットがあります。

 

 

境界線テープを使った「Kyvol Cybovac E30」の清掃エリア区分けが出来ます!

Kyvol Cybovac E30の境界線テープ

Kyvol Cybovac E30の進入禁止イメージ

ピロリン
進入禁止設定が出来るとロボット掃除機のトラブルを回避出来ます!
ロボット掃除機で良くあるトラブル
  1. 子供のお昼寝を邪魔する
  2. 配線やケーブルにからまる
  3. ペットが怯えるもしくは壊される
  4. おもちゃが散らかっていて吸い込んでしまう

この機能があることで、より快適にロボット掃除機を使うことが出来ます。

 

 

ジャイロセンサー搭載で効率的な掃除走行スタイル。

Kyvol Cybovac E30のジャイロセンサー搭載による効率的な清掃を説明

ランダム走行のような人海戦術的で非効率な走行スタイルではなく、直進的で効率のいい自動清掃を行います。

ピロリン
ランダム走行と比較すると圧倒的に掃除時間が短くなる!

ロボット掃除機って静音設計を謳っているものも多いんですが、それなりに音が気になるんですよね。
外出時なら関係ないですが、家にいる時なら早く掃除が終わった方が間違いなく良い!

 

 

ロボット掃除機としての基本的な機能を完備!

落下防止や衝突防止、ラグやカーペットを乗り越える(15mm以下)、ロボット掃除機としての基本的な機能ももちろん完備!

Kyvol Cybovac E30の落下防止と衝突防止

ピロリン
この機能がないとすぐにロボット掃除機は壊れてしまいます。

 

 

以上が「Kyvol Cybovac E30」の大まかな特徴になります。
豊富な機能性の割に価格は安い!ルンバと比較するとその安さは明確です。

ポイント
ルンバでアプリ操作が可能で、進入禁止エリアの設定が出来る(デュアルバーチャルウォール使用)クラスになるとルンバe5になります。
ルンバe5のAmazonでの価格は5万円前後。

単純な比較は出来ませんが、Kyvol Cybovac E30のコスパの良さが分かります。

 

【Kyvol Cybovac E30】評価レビュー

今までにAnkerやIlife、パナソニックにルンバ、数々のロボット掃除機について書いてきたロボット掃除機オタクの私が「Kyvol Cybovac E30」について5つのポイントで評価していきます!
ピロリン
評価ポイントは「清掃力・サイズ・バッテリー・売れ行き・機能性」です!

 

レビュー1 清掃力

製品 「Kyvol Cybovac E30」
Kyvol Cybovac E30の外観
最大吸引力 2,200Pa
掃除モード 自動モード
スポットモード
エッジモード
ダスト容器 0.6L
清掃力
(4.0)

最大吸引力は2,200Paと強力で、掃除モードは全部で3種類。

ジャイロセンサー搭載で効率的な掃除をする自動モード。

Kyvol Cybovac E30の自動清掃モード

 

 

汚れが気になる場所を重点的に掃除するスポットモード。

Kyvol Cybovac E30のスポットモード
最大直径約1.2mで約2分ほど円を描きながら集中的に掃除。

ピロリン
スポットモードは子供の食べこぼしといった、汚れが気になるところで効果を発揮します!

 

エッジモードでは汚れの溜まりやすい壁際や家具の縁を清掃します。

Kyvol Cybovac E30のエッジモード

 

最大吸引力は2,200で3つの掃除モード、ダスト容器は0.6Lと大きく、「Kyvol Cybovac E30」は安心してお家の掃除を任せることが出来ます!

 

レビュー2 サイズ

製品 「Kyvol Cybovac E30」
Kyvol Cybovac E30の外観
サイズ
幅×奥行×高さ
(mm)
約325×325×72
重さ
(kg)
約2.7
サイズ
(3.5)

高さは約7cmと薄型設計です!

Kyvol Cybovac E30の高さ説明

 

ピロリン
ベット下や家具下、掃除機だと動かしたり無理な姿勢で掃除したりと、超面倒な場所も自動で楽々です。

薄型設計のおかげで、今まで大掃除でしか掃除してこなかった場所も小まめに掃除が出来るので、目に見えない場所もキレイにすることが出来ます!

 

レビュー3 バッテリー・充電

製品 「Kyvol Cybovac E30」
Kyvol Cybovac E30の外観
連続稼働時間 約150分
充電時間 約300から360分

※連続稼働時間は自動モードといった条件での時間

バッテリー・充電
(4.0)

5時間から6時間のフル充電でおよそ2時間30分の自動清掃が可能です。

ピロリン
十分な自動清掃時間です!

自動清掃なんで毎日掃除をしても手間がかからないし、1時間30分も掃除をすれば十分に部屋はキレイになります!

 

レビュー4 売れ筋ランキング

製品 「Kyvol Cybovac E30」
Kyvol Cybovac E30の外観
売れ筋ランキング 19位

※記事作成時(2020年8月)のAmazonロボット型クリーナーのランキング

売れ筋ランキング
(3.0)

売れ筋ランキングは今のところ19位。

ピロリン
ちょっと物足りなさも感じますが、今後伸びて行く可能性が非常に高い!
ポイント
売れ行きが伸びそうな2つの理由。
①機能の割に値段が安くコスパが非常に良い!
②1つ下のランクの「Kyvol Cybovac E20」が売れ筋ランキングで4位!

 

1つ下のランクの「Kyvol Cybovac E20」なんて1万円台で買えるので驚きです。
【Kyvol Cybovac E20レビュー】安くてスマホ操作が出来るロボット掃除機!メーカーからメリットにデメリットまで紹介

 

レビュー5 機能性

製品 「Kyvol Cybovac E30」
Kyvol Cybovac E30の外観
自動充電
自動再開 ×
落下防止
衝突防止

予約機能

(タイマー予約)
Wi-Fi対応

進入禁止設定

機能性
(4.0)

ロボット掃除機として基本的な機能はもちろん、Wi-Fi対応や進入禁止設定といった便利機能もしっかりとついています!

少しだけ残念なのは自動再開(掃除途中で電池切れになった場合、充電後止まった場所から再開する)はなし。
予約機能は曜日設定はなく、時間設定のみのタイマー予約であること。

Kyvol Cybovac E30の予約設定

ただ個人的には、曜日設定予約はあったら便利ですが、なくてもそれ程不便ではないかなと思っています。

ピロリン
この価格帯で考えたら「Kyvol Cybovac E30」はかなり豊富な機能性です。

忙しい時間の中でも、手間をかけずにきれいなお家を保つことが出来るのが「Kyvol Cybovac E30」です!

 

【Kyvol Cybovac E30】E20との違いについて

1つランク下にE20という機種があります!
E20とE30の違いについて解説していきます。
ピロリン
簡単に説明するとE30の方が走行スタイルが効率的!

E30はGyropticナビゲーションシステム、ジャイロスコープを搭載し清掃効率が向上しています。
つまり、E30の方がキレイになるまでの掃除時間が短くなっている!

細かいとこまで説明すると、吸引力もE20は2,000Paに対してE30は2,200Paとグレードアップしています。

ただし、E30の方が値段が少し高くなります。

E20についてはこちらで詳しく解説しています!
【Kyvol Cybovac E20レビュー】安くてスマホ操作が出来るロボット掃除機!メーカーからメリットにデメリットまで紹介

 

【Kyvol Cybovac E30】デメリット

機能が豊富でリーズナブルなKyvol Cybovac E30ですが、デメリットもあります。
買った後に後悔!なんてならないようにしっかりとデメリットも把握しておきましょう!
ピロリン
Kyvol Cybovac E30のデメリットは全部で3つあります。

1つずつしっかりと解説していきます!

 

デメリット1 知名度の低さ

2019年からスタートした新しい会社ということで、知名度はかなり低い。

ピロリン
ロボット掃除機にメーカーの知名度やブランド力、安心感を求める場合は「Kyvol Cybovac E30」は不向きです。

メーカーの知名度については今後に期待したいところです。

 

もしブランド力が気になるようであれば、知名度もあって世界的に展開しているAnkerのロボット掃除機も一度見ることをおすすめします。
Ankerのロボット掃除機も機能の割に、値段は低く抑えられています。
【Ankerのロボット掃除機を比較】全5機種のおすすめを徹底解説!

 

 

デメリット2 境界線テープ

「Kyvol Cybovac E30」の清掃エリアを分けるのには境界線テープ(マグネットスリップ)を使います。

ピロリン
設置がちょっと面倒!というデメリットがあります!

境界線テープをしっかりと固定するには両面テープでの貼り付けも必要。

Kyvol Cybovac E30の境界線テープについて

 

アプリを使ってエリアを区分けすることが出来るのが一番良いのですが、そうなってくるとロボット掃除機の値段も上がってしまいます。
例えばAnkerのロボット掃除機で最上位機種の「Eufy RoboVac L70 Hybrid」ならアプリでエリア区分けが可能。

もしどうしても、境界線テープを使ったエリア区分けが嫌な場合は一度「Eufy RoboVac L70 Hybrid」を見ることをおすすめします。

【Eufy RoboVac L70 Hybrid レビュー】水拭き・マッピングが出来るAnkerロボット掃除機の最高峰!

 

デメリット3 スマホ操作について

スマホで操作する為にはWi-Fi環境が必要です。

ピロリン
もしお家にWi-Fi環境が整っていないのなら「Kyvol Cybovac E30」のスペックを活かしきれません。
ポイント
対応策は2つ考えられます!
①お家にWi-Fiを繋げる。
②スマホ操作がない機種を検討する。

ロボット掃除機の本質は楽してお家をきれいにすることです!
スマホ操作がないともう少し値段を抑えることが出来ますし、なによりスペックを活かしきれないと勿体ない!

進入禁止設定なしで吸引力は劣りますが、「Anker Eufy RoboVac 11S」の方が機能はシンプルで値段も安くなります。
この辺りの違いは安くてコスパの良いロボット掃除機比較を参考にしてみて下さい。
【2020年最新版】低価格のロボット掃除機比較!安いのにしっかりとお家を自動清掃!

 

【Kyvol Cybovac E30】レビュー結論・まとめ

最後に「Kyvol Cybovac E30」のレビューを総括していきます!
Kyvol Cybovac E30の評価
清掃力
(4.0)
サイズ
(3.5)
バッテリー・充電
(4.0)
売れ筋ランキング
(3.0)
機能性
(4.0)
総合評価
(4.0)
ピロリン
「Kyvol Cybovac E30」はこんなアナタにおすすめです!
「Kyvol Cybovac E30」がおすすめ
  1. 掃除で楽がしたい!
  2. メーカーやブランドは気にしない!
  3. スマホ操作や進入禁止設定が欲しい!
  4. 安くて機能が豊富なロボット掃除機が欲しい!

時間がなくて掃除が出来ない!家事はもっと楽がしたい!
家事の時短と手間を省くのがロボット掃除機です。

めんどうな掃除は「Kyvol Cybovac E30」で自動化して、お家を楽してキレイに保ちましょう。

 

 

【Kyvol Cybovac E20レビュー】安くてスマホ操作が出来るロボット掃除機!メーカーからメリットにデメリットまで紹介【2020年最新版】低価格のロボット掃除機比較!安いのにしっかりとお家を自動清掃!【Ankerのロボット掃除機を比較】全5機種のおすすめを徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です