【虹プロジェクトがガチで面白い】シーズン1の流れの解説と最新話を見る方法!

2020年5月現在で虹プロジェクトはシーズン2のチームミッションに突入し、面白さが益々加速しています。

とはいえ最近になって虹プロジェクトが気になった人もいると思うので、シーズン1の流れを解説していきたいと思いますぅぅぅ(‘◇’)ゞ

虹プロジェクトにハマるのは、今からでもまだ間に合います(`Д´)ゞ ビシッ!

本記事のポイント
・虹プロジェクトでデビューを掴み取るまで
・デビューのキーポイント、4つの「キューブ」とは
・シーズン1のおおまかな流れ
・【虹プロジェクト】シーズン1から最新話までを見る方法

虹プロジェクトでデビューするガールズグループは、大人気になること間違いなし。
今からチェックして古参アピールが出来るようにしましょう(笑)

 

虹プロジェクトはJYPエンターテイメントとソニーミュージックによるオーディション番組

小吉パパ

JYPエンターテイメントは韓国の大手事務所です。

日本でも音楽番組や紅白歌合戦にも出演したTWICEも所属する事務所です。

オーディションは日本をメインに国内8都市で行われ、ハワイやLAでも開催されました。

そんな虹プロジェクトの総合プロデューサーはJ.Y. Park (パク・ジニョン) 氏。
歌手でもあり大物プロデューサーでもあり、ビジネスマンでもあります。

J.Y. Park (パク・ジニョン) 氏についてはこちらからどうぞ。

日本人で例えるなら、「つんく」や「小室哲哉」といったところでしょうか。

 

虹プロジェクトでデビューするまでの道筋

デビューするまでの大まかな流れはこちらです( ̄^ ̄)ゞ

①2019年7月から日本8都市とハワイ・LAでオーディションを開催
応募総数は1万人越え。

 

②3次審査からJ.Y. Park (パク・ジニョン) 氏が直接審査。
合格者は26名。

 

③合格した26名は東京で4泊5日の合宿トレーニングに参加。

 

④東京合宿から韓国へ行くメンバーを選抜。
14人に絞られる。

 

⑤韓国・JYPトレーニングセンターで6カ月間の練習を行う。

 

⑦デビューメンバーを選抜
2020年11月デビュー予定

地域オーディションから東京合宿、韓国でのトレーニング。
そしてデビューするまでの様子を番組として放映しているのが、虹プロジェクトになります(‘◇’)ゞ

 

【虹のペンダント】4つのキューブとは

小吉パパ

キーポイントとなる4つのキューブを説明します。

シーズン1で地域オーディションを勝ち進み、東京合宿に進んだメンバーは「虹のペンダント」が渡されます。

こちらが「虹のペンダント」。
4つのキューブを獲得し、この虹のペンダントにはめ込むことで次のステップ(韓国)に行くことが出来ます。

キューブの色は審査方法です。

・イエローキューブ・・・・・ダンス
・グリーンキューブ・・・・・ボーカル
・レッドキューブ・・・・・・スター性
・ブルーキューブ・・・・・・人柄

審査対象に人柄が入っているところなんか、好感が持てますヽ(^◇^*)/ ワーイ

 

【虹プロジェクト】シーズン1の見どころと流れ

シーズン1では、地域オーディションから東京合宿。
韓国に行くメンバーを選抜するところまでがシーズン1となっています(‘◇’)ゞ

個人的な意見ですが、メンバー選抜もさることながらJ.Y. Park (パク・ジニョン) 氏も見どころです。
評価やアドバイス、言葉のチョイスが絶妙で、まるで自分が励まされているような気分になります(笑)
あと表情も絶妙で見どころの一つです( ̄ー ̄)ニヤリッ

地域オーディション

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、沖縄の国内8か所とハワイ・LAのオーディションを見ることが出来ます。

シーズン2を見てから、地域オーディションを見直すとメンバーのあどけなさを感じることが出来ます(笑)
シーズン2になると一気に垢抜けるので、東京合宿のメンバー選抜もさることながら、初期の垢抜けない感じも見どころの一つとなっています(‘◇’)ゞ

 

東京合宿

地域オーディションを通過した26名は、東京合宿で韓国行きのメンバー選抜に向けて競争が本格化します。

・ダンスレベルテスト
・ボーカルレベルテスト
・スター性テスト
・ショーケース

この4つで審査されていくことになります。

 

ダンスレベルテスト

シーズン1、東京合宿で最初の評価テストがダンスレベルテスト。

単純にダンスが上手いからといって高評価になる訳でもなく、人を惹きつける魅力、演技力や表現力といった感情表現も評価の対象となっているところが見どころです。

また、J.Y. Park (パク・ジニョン) 氏の指摘やアドバイスが今後、改善されていくのかどうかも楽しみの一つです。

 

ボーカルレベルテスト

虹プロジェクトの総合プロデューサーである、J.Y. Park (パク・ジニョン) 氏が歌で一番大切だと考えていることは「自分の実際の話しのように歌うこと」と言っています。

「歌詞の内容について心で深く感じ、それを話すように歌うべき」と語っています。

うーん。
なるほど、さすがはプロが言う言葉には説得力があります。

ダンスレベルテストではキューブを獲得できなかった参加者が、ボーカルレベルテストでキューブを獲得できるのか、J.Y. Park (パク・ジニョン) 氏が語る、話すように歌うことが出来るのか見どころです。

 

スター性テスト

シーズン1の東京合宿の中で、一番漠然とした評価のテストだなと思いました(^^;
スター性ってオーラとか雰囲気から来るものが強い気がしますからね。
それを目に見える形にすることは難易度大です。

ちなみに、このテストでは精神・心を見たいとJ.Y. Park (パク・ジニョン) 氏が語っていました。
シーズン1、東京合宿の中のテストで一番、参加者の個性が見れる内容となっていると感じました ( ̄^ ̄)ゞ

 

ショーケース

ショーケースでは合宿メンバーがチームを組んで、パフォーマンスを披露します。
チームでのパフォーマンスなので、ガールズグループとしてデビューした時のイメージが一番しやすいテスト内容となっています。
ダンス・ボーカル・スター性の3つが同時に見られ、全てが決まる東京合宿のクライマックスです。

ちなみにここまでにキューブを獲得していなくても、このショーケースで4つのキューブを全て手に入れることも可能になるという、大盤振る舞い。

クイズ番組の最後の問題で得点めっちゃ入るパターンと一緒ですね(笑)

シーズン1のショーケースで使われた課題曲やアーティストはこちらで紹介しています。

 

【虹プロジェクト】シーズン1から最新話まで見る方法

小吉パパ

Huluで最初から最新話まで見ることが可能です。

スッキリ(日テレ)でも放送していますが、好きな時に好きな時間に見れることを考えたら、Huluで虹プロジェクトを見ることをおススメします。

実際に私もHuluで見ています(‘◇’)ゞ

虹プロジェクトをHuluで見た感想はこちらからどうぞ。

 

まとめ

虹プロジェクトはエンタメとしての面白さをもちつつ、オーディション参加者の頑張りには、見習うべき姿があります。

目標に向かって頑張っている人は、かっこいいもんです。
そして、そのひたむきな姿は応援したくなります。

デビューを掴み取ることは容易ではありません。
才能だけではなく、才能を開花させる為に人一倍の努力が必要です。

虹プロジェクトはガチで面白い!
自信を持っておすすめします(‘◇’)ゞ

 

【口コミ・評判】芸能人も見る虹プロジェクトがガチで面白い!【ネタバレなし・概要あり】【虹プロジェクト】J.Y.Park(パク・ジニョン)とは?プロフィールからおすすめ曲まで紹介!【虹プロジェクト】シーズン1!ショーケースでの課題曲とアーティスト紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です