【積水ハウス】住まいの参観日に行ってきた!質の高さにワクワクが止まらない

SPONSORED LINK


積水ハウスの住まいの参観日をご存知でしょうか?

私は積水ハウスのCM等で見たことがあり、何となく「住まいの参観日」という言葉は知っている程度のレベルでした。

現在私は平屋でマイホーム計画を粛々と進行中。
積水ハウスを含む数社のハウスメーカーと打ち合わせを進めています。

そんな中、積水ハウスの営業さんから「住まいの参観日」に参加してみませんか。とのお誘い。
積水ハウスの平屋で建てた実例が見れるとのことで、ウキウキ気分で参加してきました(‘◇’)ゞ

 

住まいの参観日とは

家のイラスト

住まいの参観日ってなんやねん( ゚Д゚)
そんな人に簡単に説明すると、積水ハウスで建てた人のお家を見学できる機会のこと。

全国各地で開催しているので、住まいの参観日となっている会場を家の近所で探すことが出来ます。

私が行った時は簡単なアンケートに答えるだけで、ちょっとしたお土産が貰えるサービス付きでした。

 

参加する際の注意点

住まいの参観日で忘れてはいけないこと。
それは、人のお家にお邪魔しているということ。

見学している家は展示場ではありません。人様のお家です。
オーナーが説明してくれるケースもあります。

余計なところをベタベタ触ったり、嫌みっぽいこと言ったりするのはタブー。
「こんな広い家いらねー」とか「私だったらこうは作らない」なんてことを言っていたらオーナーが聞いていた。そんなこともあります。

人のお家にお邪魔してるわけですから、失礼が無いよう注意して見学しましょう。

 

積水ハウスで建てた平屋を見て感じた魅力と感想

家と家族

ちなみに現在のところ私の中でマイホーム第1候補が積水ハウスです。

積水ハウスの平屋の外観に内観、アフターや営業さんの対応。
トータル的に見て、積水ハウスええなぁってのが率直な気持ちです。

そんな積水ハウスの実例を見学できる住まいの参観日!
前日からワクワクしながら行ってきました。

 

積水ハウスでマイホームを検討中の方は夢工場に行くことをおススメします!

積水ハウスの夢工場に行ってきた感想!家を建てたい人は必見です

2018.05.29

我が家のマイホームを平屋で建てたい理由はこちら。

我が家を平屋で検討中!6つのメリットを知るとあなたも建てたくなる

2018.05.30

 

見学したのは全部で3軒

積水ハウスのお家を全部で3軒見学しました。
全てが平屋です。

建売住宅1軒に注文住宅2軒を見学したのですが、どのお家もめちゃくちゃ素敵!

積水ハウスが売れているハウスメーカーの理由が分かった気がします。

 

大きな窓から感じる明るさと開放感

住まいの参観日で見学したお家全てに当てはまるのが、大きな窓!

展示場では良く見る大きな窓。
住まいの参観日で見学したお家にも使われていました。

リビングに入るとかなり驚き。
そもそもLDKが大きく作られているというのもありますが、そこにきて大開口の窓。

窓が大きいということはそれだけ開放感がありますし、日の光も入ってくるので部屋が明るくなる。

リビングに入った時の開放感はとにかく圧巻です。

 

深い軒で感じる守られている安心感

大開口の窓と同時に驚いたのが深い軒。
住まいの参観日で見学したお家の軒は2m~3mでした。

これだけ軒が出ていると大開口の窓から感じる開放感と共に、深い軒で安心感も感じる事が出来ます。

なんというか。軒に守られてる感があります( *´艸`)

しかもオーナーさんに聞くと、軒が出ているため窓が汚れにくい。雨が降ってもテラスが濡れにくいとのこと。

見た目もカッコよく、機能的にも優れている軒の深さ。

我が家もこんな感じになったら、ワクワクが止まりません。

 

リビングの居心地の良さ

大開口の窓から感じる開放感。深い軒によって守られてる安心感。
ウッドデッキやタイルデッキによってつながる室内と室外。
お洒落で洗練されたアイランドキッチン。勾配天井で感じる空間の広さ。

もともと広いLDKでしたが、家の造りを活かしてより一層広く感じます。

とにかくLDKがめちゃくちゃ良い!

もしもこんな家が出来たら、家に帰るのが待ち遠しくなること間違いなし。

羨ましすぎです(T_T)

 

平屋を活かした有効的な間取り

間取りや家事動線もしっかりと考えられて作られていました。
廊下は少なく、坪数を極力抑えた効率的な間取り。

洗濯や買い物など日々の家事を考慮した家事動線。

見れば見るほどしっかりと考え込んで作られているなぁと感じる積水ハウスのお家です。

 

高級感漂う外壁

個人的に好きなのはシャーウッドのベルバーン。ベルバーンの中でも黒っぽい色が好きです。

住まいの参観日で見学した平屋でもベルバーンが使われていました。
黒っぽいベルバーンに格子が良い感じで使われていて、外観の高級感が半端ない( ゚Д゚)

まぁ、実際お高いでしょうけど(^^;

ベルバーン+格子はワクワクが止まりません。

 

ウッドデッキとタイルデッキについて

ウッドデッキ

平屋を検討している人であれば、ウッドデッキやタイルデッキの導入を考えている人も多いはず!

んで、このウッドデッキやタイルデッキについて素朴な疑問。

本当に必要なのか!?

実際にウッドデッキやタイルデッキを導入した方や、住まいの参観日で見学したお家の方に聞くと、大概返ってくる答えが。

最初は使ってたけど最近は使ってない。
ただ見た目は良くなるし、広く感じることもできる。

とのこと。

ウッドデッキやタイルデッキは利便性よりも、見た目的な要素が大きいと感じました。

 

まとめ

UMA
積水ハウスの住まいの参観日。

積水ハウスの魅力が伝わる非常に良い機会でした。

あっ、褒めちぎっていますが積水ハウス関係者ではないのであしからず(^^;

積水ハウスでマイホームを検討中の方もそうでない方も、積水ハウスの住まいの参観日に参加することをおススメします。

きれいなお家を見るのは純粋に楽しい!

ただし人様のお家ということを忘れずに、失礼のないよう楽しんで参加しましょう(‘◇’)ゞ

SPONSORED LINK








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です