パナソニックトースターが凄い!ビストロとNT-T501をバルミューダと比較

パナソニックのトースターが詳しく知りたい。

2種類あるけど何が違うの?
バルミューダやアラジンとの違いは?

パナソニックのトースターは「NT-T501」と「ビストロ NT-D700」の2種類が出ています。
特に「ビストロ NT-D700」は「推し家電大賞」BESTBUY AWARD 2021 トースター部門でも第一位を獲得し、2021年を代表するトースター!

本記事の内容

・価格
・新製品2種類の違い
・サイズといった仕様
・おすすめポイントの特徴
・大人気トースターとの違い

ピロリン
「NT-T501」も「ビストロ NT-D700」も、流石はパナソニックの最新型トースターといえるスペックになっているよ。

 

「NT-T501」ホワイトはこちら。

「NT-T501」のグレー。

 

「ビストロ NT-D700」はこちら。

 

こちらではアラジンやバルミューダ、Panasonicや象印から出ている大人気トースターをランキング形式でベスト10まで解説。
価格や一度に焼ける枚数、モード設定の有無、発売日を一覧で比較しているよ。
【2022年】あなたにおすすめしたいトースターランキング10選!違いを一覧で比較

 

パナソニックのトースターは「NT-T501」と「ビストロ NT-D700」の2種類

2021年2月1日に発売した、パナソニック新製品トースターは2種類。

 

ピロリン
型番は「NT-T501」と「NT-D700」、同じオーブントースターだけど見た目も機能も違うから、あなたの欲しいタイプをチョイスしよう。

 

パナソニックのトースター新製品「NT-T501」と「NT-D700」の見た目

ポイント
この後の特徴でも解説していくけど、「NT-T501」の方が価格は断然安いし、シンプルで扱いやすい。
「NT-D700」は値段が高いけど、機能性が充実していてトーストだけじゃなくオーブン調理にも最適。

見た目の好みはもちろん、トーストだけなのかオーブン調理もしたいのかで、どちらかを選ぶことができるね。

 

パナソニックのトースター価格

ここからは「NT-T501」と「ビストロ NT-D700」の価格について解説していきます。

 

2021年12月現在のAmazonでの価格はこちら。

「NT-T501」
パナソニックのトースター新製品「NT-T501」の見た目
「ビストロ NT-D700」
パナソニックのトースター新製品「NT-D700」の見た目
ホワイト 7,770円
グレー : 7,600円
27,000円

「NT-T501」は発売当初Amazonで10,000円だったから、それを考えるとかなり安く買えるようになっています。

「ビストロ NT-D700」の方は発売当初と値段は変わらず。
高性能だけあって「NT-T501」と比較しても値段は3倍以上。

各ネットショップでの価格はこちらから見てみてね。

「NT-T501」ホワイトはこちら。

「NT-T501」のグレー。

 

「ビストロ NT-D700」はこちら。

 

パナソニックのトースター「NT-T501」と「ビストロ NT-D700」の仕様

 

続いてパナソニックトースター「NT-T501」と「ビストロ NT-D700」のサイズや加熱機能といった、仕様について紹介していきます。

 

NT-T501の仕様

まずは「NT-T501」から紹介していくよ。

製品 「NT-T501」
パナソニックのトースター新製品「NT-T501」の見た目
型番 NT-T501-W
(ホワイト)


NT-T501-H
(グレー)
価格
ホワイト 7,770円
グレー  7,600円
同時
トースト数
4枚
ピザなら約24cm
温度調節
火力切替(5段階)
1200W
885W
600W
570W
315W
タイマー
最大30分
設定モード
なし
加熱機能
石英菅:上2本、下2本
本体サイズ
幅×奥行×高さ
(mm)
345×329×219
製品重量
約3.5kg
消費電力 約1,200W
電源コード長さ 約1m
発売日
2021年2月

※価格は記事作成時のAmazonを参照

詳しい特徴は後半の「パナソニックのトースター新製品「NT-T501」の特徴」で解説していくよ。

火力切り替えは5段階あるけど、オートメニューといった設定はできない。

ピロリン
機能はそこまで多くなく、良く言えばシンプルで扱いやすいタイプになっているよ。

 

ビストロ NT-D700の仕様

続いては上位機種の「ビストロ NT-D700」の仕様を紹介していきます。

製品 「ビストロ NT-D700」
パナソニックのトースター新製品「NT-D700」の見た目
型番 NT-D700
価格
27,000円
同時
トースト数
2枚
温度調節
120~260℃
タイマー
最大25分
設定モード
うすぎりトースト
あつぎりトースト
アレンジトースト
冷凍うすぎりトースト
冷凍あつぎりトースト
そうざいパン
フランスパン
クロワッサン
冷凍クロワッサン
チルドピザ
冷凍ピザ
フライ温め
パックもち
焼きいも
じっくり焼きいも
加熱機能
上側 : 遠赤外線、近赤外線
下側 : 遠赤外線
本体サイズ
幅×奥行×高さ
(mm)
341×328×269
製品重量
約4.3kg
消費電力 約1,300W
電源コード長さ 不明
発売日
2021年2月

※価格は記事作成時のAmazonを参照

こちらも詳しい特徴は後半の「パナソニックのトースター新製品「ビストロ NT-D700」の特徴」で解説していくよ。

ピロリン
自動設定が全部で15あって、色んなメニューがオートで手軽に作れるところが凄いね。

 

パナソニックのトースター「NT-T501」と「ビストロ NT-D700」を比較

ここからはパナソニックトースターの「NT-T501」と「ビストロ NT-D700」を一覧表を使って比較し、どんな違いがあるのか解説していきます。
製品 NT-T501
パナソニックのトースター新製品「NT-T501」の見た目
ビストロ NT-D700
パナソニックのトースター新製品「NT-D700」の見た目
型番 NT-T501-W
(ホワイト)

NT-T501-H
(グレー)
NT-D700
価格 ホワイト 7,770円
グレー  7,600円
27,000円
同時
トースト数
4枚
ピザなら約24cm
2枚
温度
火力切替(5段階)
1200W
885W
600W
570W
315W
120~260℃
タイマー
最大30分 最大25分
設定モード
なし うすぎりトースト
あつぎりトースト
アレンジトースト
冷凍うすぎりトースト
冷凍あつぎりトースト
そうざいパン
フランスパン
クロワッサン
冷凍クロワッサン
チルドピザ
冷凍ピザ
フライ温め
パックもち
焼きいも
じっくり焼きいも
加熱機能
石英菅
上2本、下2本
上側
遠赤外線
近赤外線

下側
遠赤外線
本体サイズ
幅×奥行×高さ
(mm)
345×329×219 341×328×269
製品重量
約3.5kg 約4.3kg
消費電力 約1,200W 約1,300W
電源コード
長さ
約1m 不明
発売日
2021年2月 2021年2月

※価格は記事作成時のAmazonを参照

2タイプを比較すると「NT-T501」は価格が安いし、トースト4枚焼きもできる。
家族が多いあなたには、朝ごはんの準備の時短にもつながるよ。

一方で「ビストロ NT-D700」はオートメニューが豊富で、120℃~260℃まで、8段階の温度調節機能が付いていてオーブン調理にも最適。

ポイント
家族が多くてトーストをメインに使うなら、値段の安い「NT-T501」が断然おすすめ!
オーブン調理でも使いたいし、オートメニューで色んなパンやピザを手軽に作りたいなら「ビストロ NT-D700」がおすすめ。

 

パナソニックのトースター「NT-T501」の特徴

続いて「NT-T501」の特徴を3つのポイントに分けて解説していくよ。

 

トースト4枚焼きが可能

「NT-T501」はトースト4枚焼きができる!
4枚一気に焼けるから、朝の忙しい時間に時短が出来て非常に助かるね。

パナソニックのトースター新製品「NT-T501」の4枚焼きについて

Amazonより引用

しかも価格は約8,000円(記事作成時のAmazon)だからね。

ピロリン
単純な比較は出来ないけど、同じ4枚焼きで大人気トースターのアラジンが39,000円と考えると、かなり安い値段設定になっているね。

この後「NT-T501とアラジントースター4枚焼きを比較」で詳しく比べていくよ。

 

火力5段階切り替えができる

メニューに合わせて火力5段階切り替えができる。
1200W(強(トースト))・885W(中)・600W(弱)・570W(上火)・315W(下火(弱)))の5段階になるよ。

パナソニックのトースター新製品「NT-T501」の火力切り替えについて

公式サイトより引用

 

ピロリン
火力切り替えによってトーストやグラタン、フライあたため、上側だけ焼き色を付けるといった操作もできるよ。

パナソニックのトースター新製品「NT-T501」の火力切り替えでできる料理

公式サイトより引用

それに最大30分タイマーだから、焼き芋といった長時間メニューにも対応できるのが嬉しいポイントだね。

 

シンプルデザインでおしゃれ

見た目がおしゃれでかわいいから、キッチンに馴染みやすくインテリアを充実させてくれる。

パナソニックのトースター新製品「NT-T501」のおしゃれな見た目

Amazonより引用

 

ピロリン
見た目がかわいいと使うときのテンションが上がる!おしゃれ高級トースターのバルミューダっぽい感じもあるね。

後半の「NT-T501とバルミューダを比較」で詳しく比べているから参考にしてみてね。

パナソニックのトースター新製品「NT-T501」のおしゃれな見た目

公式サイトより引用

 

ポイント
トースターとしては決して安い値段ではないけど、4枚同時焼きができて5段階の火力調節、見た目もかわいくておしゃれ、しかもパナソニックという大手メーカーの安心感もある。

「NT-T501」はかなりコスパが良いトースターといえるんじゃないかな。

 

「NT-T501」ホワイトはこちら。

「NT-T501」のグレー。

 

パナソニックのトースター「ビストロ NT-D700」の特徴

続いてハイスペックトースターの「ビストロ NT-D700」の特徴を3つのポイントに分けて解説していきます。

 

 

15の自動メニューで手軽に調理

具材をのせてアレンジしたトースター、厚切りや薄切り、冷凍したトースターに焼きいもまで、自動メニューで手軽においしく焼き上げてくれます。

 パナソニックのトースター新製品「NT-D700」15の自動メニューについて

Amazonより引用

ちなみに自動でできる15のメニューがこちら。

「ビストロ NT-D700」15の自動メニュー
・うすぎりトースト ・あつぎりトースト ・アレンジトースト ・冷凍うすぎりトースト ・冷凍あつぎりトースト ・そうざいパン ・フランスパン ・クロワッサン ・冷凍クロワッサン ・チルドピザ ・冷凍ピザ ・フライ温め ・パックもち ・焼きいも ・じっくり焼きいも
ピロリン
「ビストロ NT-D700」はトーストからピザ、フライのあたために焼きいもまで、絶妙な火加減で仕上げてくれるハイスペックなオーブントースターだね。

 

遠近トリプルヒーターでおいしく焼きあがる

上側が遠赤外線と近赤外線、下側が遠赤外線。
3本のヒーターで、外側サクッと中はふんわり美味しく焼き上げる。

パナソニックのトースター新製品「NT-D700」のヒーターについて

Amazonより引用

 

ピロリン
7200通りのトーストプログラムで、食パンを最適に焼き上げる「インテリジェント制御」、そして「遠近トリプルヒーター」で冷凍した厚切りパンだって極上のトーストに仕上げるよ。

パナソニックのトースター新製品「NT-D700」のインテリジェント制御について

Amazonより引用

 

更には120℃~260℃の8段階の温度調節機能付きだから、手動にはなるけどグラタンやグリル野菜といったオーブン調理もすることもできるよ。

 

おしゃれな見た目とデジタル表示

価格が高いだけあって、機能性だけじゃなく見た目もGOOD!
高級感漂うデザインで、デジタル表示を採用しているから使いやすさも抜群。

パナソニックのトースター新製品「NT-D700」の見た目とデジタル表示について

Amazonより引用

ポイント
自動メニューに遠近トリプルヒーター、7200通りのトーストプログラムの「インテリジェント制御」。
そして見た目もかっこよくて、視認性に配慮したドット液晶で使いやすい。
ピロリン
最新型の高級トースターとして文句なしのスペックになっているね。

 

ハイスペックなトースター、パナソニックの新製品「ビストロ NT-D700」はこちら。

 

 

パナソニックのトースター「ビストロ NT-D700」は推し家電大賞トースター部門1位受賞

パナソニックのトースター「ビストロNT-D700」は2021年を代表するトースター。

その証拠に、家電量販店7社が選ぶ「推し家電大賞」BESTBUY AWARD 2021 トースター部門で第一位を獲得。
更に、「価格ドットコム プロダクトアワード2021 調理家電部門」で大賞を受賞。

ピロリン
デザインと機能性に優れていて、評判の高いトースターになっているね。

 

パナソニックのトースター「NT-T501」とバルミューダ「K05A」を比較

 

高級トースターの先駆けともいえるのがバルミューダ・ザ・トースター!
2020年9月には最新型のK05Aを発売し、見た目のカッコよさと機能性で大人気のトースターとなっています。

「NT-T501」とバルミューダの比較表がこちら。

製品 「NT-T501」
パナソニックのトースター新製品「NT-T501」の見た目
「バルミューダ」
バルミューダトースター2020年最新型のK05A-WHの外観
型番 NT-T501-W
(ホワイト)

NT-T501-H
(グレー)
K05A-BK
(ブラック)

K05A-WH
(ホワイト)

K05A-BG
(ベージュ)
価格 ホワイト 7,770円
グレー  7,600円
25,850円
同時
トースト数
4枚
ピザなら約24cm
2枚
温度
火力切替(5段階)
1200W
885W
600W
570W
315W
170℃
200℃
230℃
タイマー
最大30分 最大15分
設定モード
—– トースト
チーズトースト
フランスパン
クロワッサン
加熱機能
石英菅
上2本、下2本
スチーム
本体サイズ
幅×奥行×高さ
(mm)
345×329×219 357×321×209
製品重量
約3.5kg 約4.4kg
消費電力 約1,200W 約1,300W
電源コード長さ 約1m 約1m
発売日
2021年2月 2020年9月

※価格は記事作成時のAmazonを参照

ピロリン
あえて同じホワイト色で並べてみたけど、デザインは結構似ているね。

バルミューダの方が見た目の高級感は漂っているけど、「NT-T501」の方が圧倒的に安い。

バルミューダ・ザ・トースターの最大の特徴はスチームトースターであること。

ポイント
給水口に入れた水(5cc)がボイラー専用ヒーターで温められ、スチームが庫内を充満。
水分は気体よりもはるかに早く加熱されるので、パンの表面は軽く焼けて、中の水分やバターの香りをしっかりと閉じ込めるという仕組み。

 

設定モードも「トースト、チーズトースト、フランスパン、クロワッサン」とあって、パンが大好きで焼き加減にこだわりたい場合に、特におすすめできるトースターになっているよ。

バルミューダ・ザ・トースターはこちらから。

 

バルミューダのトースターについて、もっと詳しく知りたいあなたはこちらの記事を見てみてね。
【2022年】バルミューダトースター最新型レビュー!新型K05Aと旧型K01Eの違いと口コミ!

 

パナソニックのトースター「ビストロNT-D700」とバルミューダ「K05A」を比較

 

続いては「ビストロ NT-D700」とバルミューダを比較していきます。

製品 ビストロ NT-D700
パナソニックのトースター新製品「NT-D700」の見た目
バルミューダ
バルミューダトースター2020年最新型のK05A-WHの外観
型番 NT-D700 K05A-BK
(ブラック)

K05A-WH
(ホワイト)

K05A-BG
(ベージュ)
価格 27,000円 25,850円
同時
トースト数
2枚 2枚
温度
120~260℃
170℃
200℃
230℃
タイマー
最大25分 最大15分
設定モード
うすぎりトースト
あつぎりトースト
アレンジトースト
冷凍うすぎりトースト
冷凍あつぎりトースト
そうざいパン
フランスパン
クロワッサン
冷凍クロワッサン
チルドピザ
冷凍ピザ
フライ温め
パックもち
焼きいも
じっくり焼きいも
トースト
チーズトースト
フランスパン
クロワッサン
加熱機能
上側
遠赤外線
近赤外線

下側
遠赤外線
スチーム
本体サイズ
幅×奥行×高さ
(mm)
341×328×269 357×321×209
製品重量
約4.3kg 約4.4kg
消費電力 約1,300W 約1,300W
電源コード
長さ
不明 約1m
発売日
2021年2月 2020年9月

※価格は記事作成時のAmazonを参照

カラーバリエーションが多く、値段がちょっとだけ安いのはバルミューダ。

ピロリン
一方で「ビストロ NT-D700」は温度設定の幅広さ、タイマーの最大長さ、そして何より設定モードの多さが際立つね。

バルミューダと比較すると機能性では「ビストロ NT-D700」の方が充実している印象だね。

バルミューダのデザインが良い!スチーム機能が魅力的!という場合はバルミューダの方がおすすめできるよ。

 

パナソニックのトースター「NT-T501」とアラジントースター4枚焼きを比較

 

バルミューダとは違った雰囲気で、レトロ調でかわいいデザインが大人気のアラジントースター。
アラジントースターとパナソニックトースターの新製品「NT-T501」を比較していきます。
ピロリン
ちなみにアラジントースターには2枚焼きと4枚焼きタイプがあるけど、ここでは4枚焼きタイプと比べていくよ。
製品 「NT-T501」
パナソニックのトースター新製品「NT-T501」の見た目
「CAT-GP14A」
アラジントースター4枚焼きCAT-GP14A
型番 NT-T501-W
NT-T501-H
CAT-GP14A(G)
CAT-GP14A(W)
AET-GP14A(G)
AET-GP14A(W)
価格 ホワイト 7,770円
グレー  7,600円
39,000円
同時
トースト数
4枚
ピザなら約24cm
4枚
温度
火力切替(5段階)
1200W
885W
600W
570W
315W
40~320℃
設定モード
—– トースト
冷凍トースト
温め・オーブン
高温グリル
煮る
蒸す
低温調理・発酵
炊飯
加熱機能
石英菅
上2本、下2本
上側
遠赤グラファイト
下側

石英菅
本体サイズ
幅×奥行×高さ
(mm)
345×329×219 391×391×276
製品重量
約3.5kg 約7.1kg
消費電力 約1,200W 約1,430W
電源コード
長さ
約1m 約1.2m
発売日
2021年2月 2021年4月

※価格は記事作成時のAmazon・公式サイトを参照

ピロリン
同じ4枚焼きでも価格が断然安いのは「NT-T501」!

ただしアラジントースターも大人気トースターだけあって魅力がいっぱい。

アラジンは4枚焼きが2021年に新型になって、8つの調理メニューを搭載。
デザインも機能も大幅進化。

トースト4枚焼きはもちろん、これ一台あれば本格的なグリル料理や煮込み料理を楽しむことができます。

 

 

そしてアラジンならではのデザインで、ハマる人にはドンピシャで一目ぼれするかわいさ。
我が家では旧型になりますが、アラジントースターの2枚焼きを愛用しています。

アラジントースターについてはこちらを見てみてね。
2022年アラジントースター新型と旧型の違い!デメリットや価格に口コミを丸ごと解説

 

注意
2021年12月、4枚焼き新型は大人気で「アラジンダイレクトショップ」では売り切れ。
Amazonで新型は見かけません。
楽天やヤフーショッピングでは少しずつ買えるようになってきています。

※公式サイトでの価格は39,000円だから、無駄に高くなっているショップには気を付けてね。

 

旧型であれば、価格は抑えられる。
アラジントースター4枚焼き旧型はこちら。

 

2枚焼き【CAT-GS13B(G) / AET-GS13B(W)】はこちら。

 

パナソニックのトースター「ビストロNT-D700」とアラジントースター4枚焼きを比較

 

続いては「ビストロ NT-D700」とアラジントースター4枚焼きを比較。

製品 ビストロ NT-D700
パナソニックのトースター新製品「NT-D700」の見た目
CAT-GP14A
アラジントースター4枚焼きCAT-GP14A
型番 NT-D700 CAT-GP14A(G)
CAT-GP14A(W)
AET-GP14A(G)
AET-GP14A(W)
価格 27,000円 39,000円
同時
トースト数
2枚 4枚
温度
120~260℃
40~320℃
設定モード
うすぎりトースト
あつぎりトースト
アレンジトースト
冷凍うすぎりトースト
冷凍あつぎりトースト
そうざいパン
フランスパン
クロワッサン
冷凍クロワッサン
チルドピザ
冷凍ピザ
フライ温め
パックもち
焼きいも
じっくり焼きいも
トースト
冷凍トースト
温め・オーブン
高温グリル
煮る
蒸す
低温調理・発酵
炊飯
加熱機能
上側
遠赤外線
近赤外線
下側
遠赤外線
上側
遠赤グラファイト

下側
石英菅
本体サイズ
幅×奥行×高さ
(mm)
341×328×269 391×391×276
製品重量
約4.3kg 約7.1kg
消費電力 約1,300W 約1,430W
電源コード
長さ
不明 約1.2m
発売日
2021年2月 2021年4月

※価格は記事作成時のAmazon・公式サイトを参照

ピロリン
アラジントースターと「ビストロ NT-D700」では、アラジントースターの方が値段が高い。
ポイント
「ビストロ NT-D700」は設定モードが多く、自動でできるメニューの多さが魅力的。

バルミューダとも比較して感じたけど、「ビストロ NT-D700」はハイスペックな割に値段は抑えられていて、コスパが良い。
流石はパナソニックの新製品といえるね。

 

パナソニックのトースター新製品のまとめ

最後にパナソニックのトースター、「NT-T501」と「ビストロ NT-D700」についてまとめていくよ。
「NT-T501」のまとめ
・4枚焼きとしては値段が安くコスパが良い
・4枚焼きがだから、朝ごはんの時短に最適
・お洒落で可愛い、キッチンのインテリアが充実

火力も5段階切替えができて、タイマーは最大で30分。
価格の割に機能は充実していて、おすすめできるトースターになっているよ。

「NT-T501」ホワイトはこちら。

「NT-T501」のグレー。

 

 

「ビストロ NT-D700」のまとめ
・15の自動メニューで手軽に調理可能
・他のトースターと比べても機能がハイスペック
・遠近トリプルヒーターとインテリジェント制御で極上のトーストを焼き上げる

大人気で売れ筋のトースター「バルミューダ」や「アラジン」と比較しても、見劣りしないスペック。
特に設定モードの多さは目を見張るものがあります。

 

「ビストロ NT-D700」はこちら。

 

ピロリン
「NT-T501」と「ビストロ NT-D700」、機能の割に価格は抑えられていて、コスパの良いおすすめのトースターだよ。

 

 

\  みんなに紹介してね  /

この記事のURLをコピーする
【2022年】あなたにおすすめしたいトースターランキング10選!違いを一覧で比較【2022年】バルミューダトースター最新型レビュー!新型K05Aと旧型K01Eの違いと口コミ!2022年アラジントースター新型と旧型の違い!デメリットや価格に口コミを丸ごと解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です