【2021年】バルミューダとアラジンを徹底比較!最強のトースターはどっちだ!?

大人気トースター、バルミューダとアラジンの違いを5つのポイントで徹底比較!

 

憂鬱な朝ごはんの準備を楽しくしたい!
大人気トースターでキッチンを華やかにしたい!
おしゃれなキッチン家電で料理をする時のテンションを上げたい!

 

本記事はそんなあなたの為に、バルミューダとアラジンについて詳しく丁寧に解説していくよ。

バルミューダとアラジンのトースターは両方とも見た目がおしゃれなうえに、パンも美味しく焼き上げてくれて実用性も抜群。

ピロリン
2機種とも大人気のトースターだからどっちを選ぶか悩むところだね。

最初に言っておきます!
見た目が好きな方で選んで良いと思います!

なんじゃそりゃ!と思うかもしれませんが、きちんと理由があります。

ポイント
バルミューダもアラジンも特徴は違いますが、どちらも美味しいトーストを焼き上げてくれます!
だったらシンプルに見た目が気に入った方を選ぶべき!

ピロリン
ただそれだけだと説得力にも欠けるし内容が乏しいので、バルミューダとアラジンの違いを徹底的に比較していくよ。

バルミューダとアラジンの特徴を簡単にまとめるとこうなります!

バルミューダとアラジン
  1. 手間がかかるがこだわりのトーストを焼き上げるのは「バルミューダ」
  2. 価格が一番安い!トースト専門で使えるのは「アラジントースター2枚焼き」
  3. トースト以外にも使える!料理の幅を広げるのは「アラジントースター4枚焼き」

 

そして2つに共通した内容がこちら。

バルミューダとアラジンの共通項目
・デザイン性抜群!
・大人気で売れているトースター!
・美味しいトーストを焼き上げる!
・おしゃれなキッチン家電で料理を楽しくする!

バルミューダもアラジンも機能と見た目、両方とも非常に優れたトースターとなっています。

 

アラジントースター4枚焼きは【AGT-G13A(G) / AGT-G13A(W)】

 

アラジントースター2枚焼きは【CAT-GS13B(G) / AET-GS13B(W)】

 

 

バルミューダの2020年9月発売の最新型はこちら。

 

バルミューダとアラジンのメリットと特徴を解説!

バルミューダとアラジンはどちらもおしゃれなトースターで、キッチンを華やかにしてくれます!
ピロリン
どちらもインテリア性に優れているのに、パンもすごくおいしく焼き上げてくれる最高のトースターだよ!

トースターの中では価格は高い部類に入りますが、どちらも大人気で売れ筋の製品となっています。

 

バルミューダの特徴はこだわりのパンが焼ける!

メリット
バルミューダのトースターならパンの美味しさを最大限に引き出して、焼き上がりにこだわれる!

「バルミューダトースター」はスチームオーブントースター。
パンを焼く前に専用の5ccカップで水をいれます。

バルミューダトースターに水を入れるバルミューダ公式サイトより引用

スチームが庫内に充満して、パンの表面に水分の膜が出来ます。

ポイント
水分は気体よりも加熱が早いため、外側がカリカリで中がもちもちに焼きあがる仕組み。

バルミューダトースターで忘れてはいけない機能が「4つのモードとクラシックモード」。
パンの種類によって適切な温度制御を行い、美味しさを最大限にまで引き出してくれるという優れものです。

ピロリン
バルミューダの特徴を簡単にまとめるとこんな感じ!
バルミューダー ザ・トースター
  1. 温度制御で様々なパンに対応。
  2. モード選択で焼き上がりにこだわれる。
  3. 水を入れるので手間がかかる。(朝の忙しい時にはめんどう)

 

バルミューダについてもっと詳しく知りたい場合は「バルミューダトースターの口コミ!インスタ映えする最強のキッチン家電!」を見てみてね。

 

バルミューダトースター最新型のカラーは全部で3色。

ブラックはこちら。

 

ホワイトはこちら。

 

ベージュはこちら。

 

アラジンは美味しいだけじゃない!素早く焼けて時短になる

メリット
アラジンなら朝ごはんの準備の時短も可能!2枚焼きだけじゃなく4枚焼きもある。
4枚焼きなら庫内も広くトースト以外でも使える!

 

アラジンはグラファイトトースターになります。

アラジンのトースター
アラジン公式サイトより引用

アラジンは電気暖房のメーカーとしても有名。
電気暖房で使われている「遠赤グラファイト」という特許技術があり、わずか0.2秒で立ち上がるという技術です。

ポイント
この技術はトースターにも使われていて、0.2秒で発熱し高温で一気に焼き上げてくれる!

「遠赤グラファイト」によって外側はカリカリ、中はモチモチのトーストを焼き上げてくれます。

発熱時間が短いのでパンの焼き上がりが早い!
4枚焼きなら4人家族分一気に焼けるし、庫内が広いからトースト以外にも使える!

ピロリン
アラジントースターの特徴はこちら!
アラジントースター
  1. バルミューダと比べると機能がシンプル。
  2. 高温で一気に焼き上げるので、朝の時短になる。
  3. 焼き上がりが早いので、慣れるまで焦がすことがある。

アラジントースターについては、「アラジントースター新型の口コミ!使って感じたデメリットから旧型の違いまで徹底解説!」も併せて見てみてね。

 

アラジントースター4枚焼きは【AGT-G13A(G) / AGT-G13A(W)】

 

アラジントースター2枚焼きは【CAT-GS13B(G) / AET-GS13B(W)】

 

バルミューダとアラジン!2021年最新の型番

ここではバルミューダとアラジンの最新版の型番と発売日について解説していきます。

 

バルミューダ最新の型番

ピロリン
バルミューダは2015年・2017年・2020年発売モデルがあるから、分かりやすく一覧表にしておくね。
発売モデル 型番
2020年モデル
【K05A】
バルミューダトースター2020年最新型K05A-BKの外観
ブラック K05A-BK
ホワイト K05A-WH
ベージュ K05A-BG
2017年モデル
【K01E】
バルミューダトースター2017年発売モデル
ブラック K01E-KG
ホワイト K01E-WS
グレー K01E-GW
チャコールグレー K01E-DC
ショコラ K01E-CW
ホワイト×ブルー K01E-WB
2015年モデル (生産終了)
【K01A】
バルミューダトースター2015年発売モデル
ブラック K01A-KG
ホワイト K01A-WS
グレー K01A-GW

上記がバルミューダトースターの新型と旧型の型番になります!

2021年1月時点でのバルミューダ最新型は2020年9月に発売されたK05Aになるよ。

 

アラジン最新の型番

アラジントースターは2枚焼きと4枚焼きがあるから、それぞれ紹介していくね。

アラジントースター2枚焼きの型番はこちら。

型番 発売日
旧型 AET-GS13N(W)
CAT-GS13A(G)
2016年3月
新型 AET-GS13B(W)
CAT-GS13B(G)
2019年4月

2021年1月現在、アラジントースターの2枚焼きの最新型は2019年4月に発売されたモデル。

 

アラジントースター4枚焼きの型番はこちら。

型番 発売日
旧型 CAT-G13A(G)
AET-G13N(W)
2015年9月
新型 AGT-G13A(G)(W) 2018年9月

アラジントースターの4枚焼きは2018年9月に発売されたのが最新モデルとなっているよ。

 

バルミューダとアラジンを5つのポイントで徹底比較!

バルミューダとアラジンの比較ポイント

バルミューダとアラジンを5つのポイントで比較解説していきます!

 

デザイン性

見た目は対照的。キッチンの雰囲気、見た目の好みで選ぶと満足度が高くなります!
ピロリン
「バルミューダー ザ・トースター」はスタイリッシュ。

【2015年度グッドデザイン賞 金賞(日本)】や【2016年度iFデザイン・アワード(ドイツ)】などの受賞歴もあり、国内のみならず国際的にもデザイン性が評価されています。

バルミューダトースター2020年最新型K05A-BKの外観

 

2020年9月に出た最新型K05Aのカラーバリエーションは、ブラックとホワイト、ベージュの全部で3つ。

バルミューダのトースターK05Aのカラー3色

バルミューダトースターの新型がどう進化しているかは、「バルミューダトースター2021年最新!新型K05Aと旧型K01Eの違いについて!」を見てみてね。

 

 

続いてはアラジンのトースターです。
レトロ調でどちらかというと可愛らしい。

アラジンのトースター2枚焼き

 

アラジンのトースター2枚焼き色の種類

 

 

バルミューダとアラジンのトースターを並べてみるとこうなります。

バルミューダとアラジンの見た目を比較

 

並べて比較すると分かりますが、バルミューダは四角くてスタイリッシュ。
アラジンは丸みを帯びていて可愛らしい。

どちらもデザイン性に優れていておしゃれですが、対照的なデザインになっているね。

 

サイズ

ここからはサイズや大きさの比較になるよ。
そしてアラジンには4枚焼きのトースターがあります!

「バルミューダー ザ・トースター」の大きさは。
本体寸法で横357mm、奥行き321mm、高さ209mmとなっています。

バルミューダのトースターのサイズバルミューダ公式サイトより引用

 

続いてアラジンのトースターになりますが、4枚焼きの大きいサイズのトースターもあります。

まずは2枚焼きのCAT-GS13B(G) / AET-GS13B(W)からご紹介。
本体寸法で横350mm、奥行295mm、高さ235mm。

アラジンの2枚焼きトースター

 

アラジンのトースターで4枚焼きはAGT-G13A(G) / AGT-G13A(W)。
本体寸法で横幅360mm、奥行355mm、高さ250mm。

アラジンの4枚焼きトースターの大きさ

この3つの大きさをまとめて比較するとこうなります。

本体寸法 横幅
(mm)
奥行き
(mm)
高さ
(mm)
バルミューダー ザ・トースター 357 321 209
アラジン2枚焼
CAT-GS13B(G)
AET-GS13B(W)
350 295 235
アラジン4枚焼
AGT-G13A(G)
AGT-G13A(W)
360 355 250

サイズが一番大きいのはアラジンの4枚焼きトースター!
付属のグリルパンを使うことで「焼く、煮る、蒸す、炊く、温め」といった使い方ができるから、トースト以外にも使えるね。

トースト以外でも使いたいというあなたは、アラジントースター4枚焼きがおすすめだよ。

 

 

お手入れの違い

ここからはお手入れや手間のかかり方について比較していくよ。
ピロリン
機能が充実している分、バルミューダの方が手間がかかるよ。

その代わり、こだわりの色んな種類のパンをこだわって焼き上げることができる。

スチームオーブントースターという構造から、トーストを焼く際には専用の5ccカップで水を入れる必要があります。
大した手間ではありませんが、めんどくさがり屋には億劫に感じるかもしれません。

それからお手入れについても、手間がかかります。
焼き網やパンくずトレイは共通していますが、ボイラーカバーに給水パイプの取り外しや掃除は、スチームオーブントースターであるバルミューダだからこそ必要になる作業。

ちょっとした手間をかけるからこそ愛着もわきますし、その手間ですら楽しく感じさせるのがバルミューダです。

 

一方でアラジンのトースターはバルミューダと比べお手入れは楽。
遠赤グラファイトという技術のおかげで、発熱も早く高温で一気に焼き上げるので朝の時短にも最適。

 

売れ筋ランキング

機種 売れ筋ランキング
バルミューダー ザ・トースター 4位
アラジン2枚焼 1位
アラジン4枚焼 6位

※2021年1月価格ドットコムでのトースター売れ筋ランキングを参照しています。

バルミューダもアラジンも、どちらも売れ筋ランキング上位のトースター!

特にアラジン2枚焼きは、数あるトースターの中で堂々の第1位!
3つの中では価格が安く、コスパが非常に高いといえるね。

 

価格

続いて、値段について比較していきます。
ピロリン
バルミューダとアラジンの価格はこちら
機種 価格
バルミューダー ザ・トースター 25,850円
アラジン2枚焼
CAT-GS13B(G)
AET-GS13B(W)
12,700円
アラジン4枚焼
AGT-G13A(G)
AGT-G13A(W)
22,000円

※価格は記事作成時のAmazonを参照

 

参照サイトで価格が一番安いのはアラジンの2枚焼きトースターだよ。

 

比較まとめ

最後にバルミューダとアラジンの違いを一覧表にまとめていくよ。

製品 「バルミューダ」
バルミューダトースター2020年最新型のK05A-WHの外観
アラジン2枚焼き
アラジントースターの外観
アラジン4枚焼き
アラジントースター4枚焼き
型番 K05A-BK(ブラック)
K05A-WH(ホワイト)
K05A-BG(ベージュ)
AET-GS13B(W)
CAT-GS13B(G) 
AGT-G13A(G) グリーン
AGT-G13A(W) ホワイト
価格 25,850円 12,700円
22,000円
同時トースト数
2枚 2枚
4枚
温度
170 ・ 200 ・ 230℃ 100~280℃  100~280℃
タイマー
最大15分 最大15分
最大15分
設定モード
トースト、チーズトースト、フランスパン、クロワッサン —- —–
加熱機能
スチーム  遠赤グラファイト
上側 : グラファイトヒーター
下側 : 石英菅
本体サイズ
幅×奥行×高さ
(mm)
357×321×209 350×295×235  360×355×250
製品重量
約4.4kg 約3.4kg
約4.7kg
消費電力 約1,300W 1250W
約1,300W
電源コード長さ 約1m  約1.2m 約1m
発売日
(最新型)
2020年9月 2019年4月  2018年9月

※価格は記事作成時のAmazonを参照

一覧表にすると分かりやすいけど、値段が一番安いのはアラジントースター2枚焼き。
アラジントースター4枚焼きは4枚一気に焼けるのが嬉しいポイントだね。

バルミューダは一番値段が高いけど、色んな種類のパンの設定モードがあって機能性が充実しているし、スチームモードも搭載しているよ。

 

バルミューダとアラジンのデメリット

ここからはバルミューダとアラジンのデメリットについて解説してきます!
ピロリン
まずバルミューダとアラジン2つに共通しているデメリットがあるよ。

それは…。
トースターにしては値段が高いということ!

バルミューダもアラジンも他のトースターに比べると値段が高めです。
しかし値段が高くても売れているのも事実。

つまり値段以上の価値を提供しているのがバルミューダとアラジンだよ

 

アラジンのデメリット

アラジンのデメリットは火力の強さによる調節の難しさ。
発熱するまでに0.2秒で高温で一気に焼き上げるため、慣れるまでは調節が難しい。

火力が強いので糖分が多いパンだと焦げやすく、普段と違うパンを買うと調節に悩むデメリットがあるね。

ただし発熱が早いことで、朝ごはんの準備の時短ができえるというメリットにもつながります。

アラジントースターのデメリットについて、詳しくは「こちら」を参考にしてみてね。

 

バルミューダのデメリット

バルミューダのデメリットは手間がかかるところ。
スチームオーブントースターという特性上、トーストを焼く前に水を入れる手間があります。

バルミューダトースターに水を入れるバルミューダ公式サイトより引用

更に、構造が複雑が故にお手入れにも時間がかかります。
これはバルミューダのデメリットの1つ。

ただしこのおかげで、バルミューダは焦げにくくこだわりのトーストを焼き上げるメリットに繋がっています。

 

バルミューダとアラジン!まとめと結論

バルミューダとアラジンの比較をしてきましたが、結論は冒頭にも書いたように。

大きなこだわりがなければ、好みの見た目で選ぶのがおすすめ!

ピロリン
バルミューダとアラジンの特徴や機能は全く別物だけど、どちらもデザインと機能性は抜群で大人気のトースタになっているよ。

バルミューダとアラジンはどちらも値段以上の価値を提供してくれる、大人気で売れ筋の非常におすすめできるキッチン家電です。

 

アラジントースター4枚焼きは【AGT-G13A(G) / AGT-G13A(W)】

 

アラジントースター2枚焼きは【CAT-GS13B(G) / AET-GS13B(W)】

 

 

バルミューダはこちら。

 

 

\  みんなに紹介してね  /

この記事のURLをコピーする
【2021年】バルミューダトースター最新型を徹底解説!新型K05Aと旧型K01Eの違いや口コミ評判について!【バルミューダ ザ・トースター】使い方から掃除方法!概要まで詳しく紹介【2021年】アラジントースター新型の口コミ!使って感じたデメリットから旧型の違いまで徹底解説!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です