子供にYouTubeを見せるのはやめさせるべき?時間に気を付けて上手に付き合う!

我が家の息子(特に長男)はYouTubeが大好き!
保育園から帰ってきてすぐに「YouTube見ていいー?」なんて聞く始末。

子供とYouTubeについてネットで調べてみると悪影響についてたくさん出てきます。
視力が悪くなる、落ち着きがなくなる、依存症になるといった内容のものからYouTubeを見るのをやめさせたら子供が凄く良い子になった!なんてのも見たりします。

そこで私なりに子供にYouTubeを見せるのをやめさせるべきなのかどうかについて考えてみました。
結論から言うと一定の条件の中で子供がYouTubeを見るのは別にいいんじゃないかなと思います。

大切なのはルール作りとそれを守ること(‘◇’)ゞ

 

YouTubeを見ても良いと思う理由

子供にYouTubeを見せるのって親からしたら凄く楽なんですよね。
静かに集中して見ててくれるからその間に親はやらなきゃいけないことをやれるし。

ただし親と子供の触れ合う時間は少なくなってしまうのも事実です。
だから子供がYouTubeを見るのをやめさせるべきという人の意見も分かりますが、きちんとルールを守って使えば便利なツールだと感じています。

 

メディアから切り離せない

そもそも今のご時世メディアから完全に切り離すのは無理な話。
YouTubeはダメでTVなら良いの?子供向けのDVDなら良いの?

我が家みたいに子供が小さいうちはスマホでYouTubeを見るのはおすすめ出来ませんが、Wi-Fi環境なら簡単にTVでYouTubeが見れるし、ある程度はメディアと触れ合う機会もあったほうが勉強になると考えています。

 

友達との付き合い

最近の息子はヒカキンが青鬼のゲームをやっている動画がお気に入り。

正直、親から見たら何がそんなに面白いのか良く分かりませんが(^^;
息子にはツボに入るらしい。

小吉

ねぇねぇ、〇〇くんも青鬼知ってるんだよー!〇〇くんと青鬼ごっこしたのー!

なんてことを言ったりします。

共通の話題があると子供達は仲良くなりやすいもんです。

 

子供の娯楽

YouTubeを見る大人だっています。ってか私は見てます。
YouTube面白いんですよね。

TVと違って時間が決まっているわけではないし好きな時間に見たい動画を選ぶ事が出来る。
ジャンルも豊富で凝った内容の動画も多い。

TVなんかより全然面白んじゃないの!?なんて思ったりします。
娯楽と暇つぶしのツールとしては最強。

子供がYouTubeだけ見て遊ぶのが良くないのは勿論です。
ただ娯楽の一つとして楽しむ分には全然ありだと思います。

 

YouTubeと上手に付き合う方法

親がYouTubeなんて絶対見ちゃダメ!
そんな風に言うと子供はかえって見たくなってしまうものです。

心理学的に言うとカリギュラ効果ってやつですね。

禁止されるほどやってみたくなる心理現象のことをいう。例えば、「お前達は見るな」と情報の閲覧を禁止されると、むしろかえって見たくなる心理現象が挙げられる。

引用 : Wikipedia

だから子供にYouTubeを見ることをやめさせるよりも、上手に付き合う方法を考えてあげたほうが効果的です。

 

ルール作りが必要

子供にYouTubeを見せるならルールは絶対作るべき!

ルールの例え
①YouTubeを見るのは1日30分から1時間!
②スマホでは見ない!TVで見る!
③怖い動画や変なのは見ない!
④夜寝る前は禁止!

ちなみにルールだけ作って満足するのはNG!
ルールを守れるよう親がきちんと上手に誘導してあげましょう!

 

スマホではなくテレビで見る

子供にYouTubeを見せるならスマホは止めたほうが良い。
画面が小さいと視力が低下するし、急性内斜視の心配もある。

MEMO
急性内斜視
スマホを過度に使用し画面を近くで見続けると、より目が戻らず両目が内側に向いたままになってしまう。

あとスマホで見ると子供がどんな動画を見ているのかわからなくなる。
テレビなら子供がどんな動画を見ているのかすぐにわかります。

最近のテレビはYouTubeといった動画アプリに対応してるし、対応していないテレビの場合はChromecast(クロームキャスト)を使えばテレビでYouTubeを見ることが出来ます(Wi-Fi環境等といった条件が必要)。

我が家で買い換えたテレビはこれ。

★ソニー / SONY BRAVIA KJ-49X9000F [49インチ] (※4Kブラビア購入キャンペーンのチラシコードは配布しておりません) 【薄型テレビ】

最近知ったんですが、今のテレビはこんな感じでリモコンに動画アプリのボタンがついてるんですね(^^;

テレビのリモコン

ちなみにテレビで見る場合も離れて見るようにしましょう(‘◇’)ゞ

 

依存症に気を付ける

過度な視聴は依存症に繋がります。
1日の視聴時間を短くして週に何日かは見ない日を作る、といった対応で依存症に気を付けていきましょう!

YouTubeには1日の視聴時間を確認する機能がついています!
こちらからどうぞ。

【YouTube】視聴時間の確認方法を紹介!あなたの子供は何時間見てる?

 

制限付きモード

子供がYouTubeをテレビで見る場合は制限付きモードをオンにしておきましょう!
設定で簡単に出来ますし、完璧ではないですがある程度の不適切なコンテンツを非表示にしてくれます。

Chromecast(クロームキャスト)を使ってテレビで見る場合、スマホ側で閲覧制限やブロックをして変な動画を見れないようにしていきましょう。
こちらも完ぺきではないので、子供が変な動画を見ていないかどうか親がコントロールすることが大切です。

【画像で説明】YouTubeのブロックと閲覧制限!子供に安心して見せる方法!

 

YouTubeキッズを使う

子供向けのYouTubeでYouTubeキッズというのがあります。
キッズと謳っているだけあって子供向けのコンテンツを集めたYouTubeになっていて、割と安心して見せれることが出来ます。

こちらもWi-Fi環境などといった条件があればChromecast(クロームキャスト)で見ることが出来るのでおすすめです。

YouTubeキッズとは親も安心の神アプリ!始め方やタイマー機能をご紹介

 

子供と触れ合う時間を作る

YouTubeを見るのをやめさせるのではなく、上手に付き合うならこれが一番大切!

YouTubeを見せとけば手がかからないからといって、子供との時間をないがしろにしてはいけない!

きちんと子供との時間を作っていきましょう(‘◇’)ゞ

 

動画アプリのhuluがおすすめ

パソコンをする子供

動画アプリはYouTubeだけではない!
huluにNETFLIX、AbemaTVといった動画アプリもあります。

その中でも我が家ではhuluを使っています。
子供向けの動画はもちろん大人も楽しめておすすめです٩(ˊᗜˋ*)و

動画アプリについては後日詳しく記事に纏めていきたいと思います!

 

月額933円(税抜)で見放題

街のレンタル屋さんでDVDを借りると料金は意外とかかるもんです。
新作を何本かレンタルしたら933円なんてあっという間にいってしまいます。

しかも借りたDVDを返却しに行くのも面倒臭い。

huluだったら月額933円(税抜)で映画・ドラマ・アニメが見放題\(^o^)/
返却に行く必要もないので楽ちんです!

 

子供向けの動画がたくさんある

我が家の長男は「妖怪ウォッチ」で次男は「アンパンマン」が大のお気に入り。
更には「おかあさんといっしょ」も見れる。

YouTubeと違ってエルサゲートの心配もない。

エルサゲート(英: Elsagate)とは、子供にとって不適切なテーマを扱った動画や、それらがYouTubeやYouTube Kids等のプラットフォーム上で家族向けのコンテンツとして拡散されている状況を指す造語。

引用 : Wikipedia エルサゲート

簡単に言うとYouTubeでサムネイルが子供向けだったので見たら、中身は残虐なシーンがあったりと小さい子供には見せたくない動画だった。

YouTubeにはそんなエルサゲートの危険性もありますが、huluだったらそんな心配はしなくていい。

子供向けコンテンツも豊富で大人が楽しめる映画やドラマもたくさん。
我が家では家族で楽しんで見ています٩(ˊᗜˋ*)و

 

まとめ

小吉パパ

我が家の息子のYouTube愛が深かったため、今回は子供にYouTubeを見せるのをやめさせるべきかどうかについて考えてみました。

個人的な見解ではYouTubeを見るのはOK!
ただし見過ぎとスマホでの視聴はNG!
ルールを作って守ることがYouTubeと上手に付き合う方法かなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です