YouTubeキッズは親も安心の神アプリ!始め方やタイマー機能をご紹介

SPONSORED LINK


子供がいる家庭であれば誰もが一度は悩む「YouTube問題」。
我が家でも子供にYouTubeを見せることで頭を抱えていた時期がありました。

YouTubeは子供向けのコンテンツも多く、子供が楽しんで動画を見る事が出来ますが、親としては子供に見せたくない動画が多いのも事実。

そんな親の心配を払拭してくれるのがYouTubeキッズというアプリ!
YouTubeキッズを使い、安心してYouTubeを子供に見せれるようにしていきましょう(‘◇’)ゞ

という訳で今回はYouTubeキッズの使い方について記事にまとめていきました。

 

YouTubeに感じる親の心配

タブレッドを見る両親

私が子供の頃は、テレビやゲームが親にとって心配の種でした。
幼少期を思い出すと。

「テレビばかり見るんじゃない!」「ゲームはもう止めなさい!」
そんな風に親に怒られていた記憶があります。

時代は変わり今はテレビやゲーム以上に子供を魅了するYouTubeというツールが出現してきました。

手軽に楽しい動画が見られて便利なツールであることは間違いないのですが、親としては心配になる部分もあります。

子供がYouTubeを見過ぎているな。そう感じているのであれば、一度YouTubeの視聴時間の確認をおすすめします。

【YouTube】視聴時間の確認方法を紹介!あなたの子供は何時間見てる?

2018.09.03

 

子供向けではないコンテンツ

YouTubeは大人が見ても楽しい動画がたくさんあります。
それと同時に子供には見せたくない刺激的な動画もあります。

もしも、子供が親の知らないところでそういった動画を見ていたら教育上よろしくない!

とはいえ、子供の見ている動画を毎回管理するのも大変です。

 

エンドレス

子供にYouTubeを見せると、エンドレスで見続けます。

YouTubeを見たら止まらない。YouTubeを見たいと泣き始める。

毎日長時間見ることでYouTube中毒になってしまうかもしれません。

 

視力の低下

スマホの画面はそれほど大きくはありません。
それでも子供は食い入るようにスマホでYouTubeを見てしまいます。

そこで心配になるのが、視力の低下。

私はあまり視力が良くないので、子供には同じようになってもらいたくない。

そんな訳で、我が家ではChromecast(クロームキャスト)を使いテレビでYouTubeを見るようにしています。
子供が何の動画を見ているかすぐにわかりますし、テレビで見たほうが画面が大きくて見やすくなります。

Chromecastはこちら。

テレビにHDMI端子があり、Wi-Fi環境であればテレビでYouTubeが見られる優れものです(*´ω`)

 

YouTubeキッズとは

タブレッドを見ている子供

YouTubeキッズとは一体何なのか!?

凄く簡単に説明すると。
子供向けのYouTube視聴アプリ!

YouTubeの動画の中から子供向けのものを抽出してくれて、操作性も子供に優しい仕様。
検索機能のオンやオフの設定。動画視聴の時間をタイマー設定できるなど、YouTubeキッズはまさにキッズの為のYouTube!

子供にYouTubeを見せるなら、子供向けのYouTubeキッズがおすすめです。

 

始め方

パソコンで動画を見る

親の心配を払拭してくれるアプリ。
それがYouTubeキッズ!

流石はYouTube!親の心配を分かってくれてる(*´ω`)

それでは早速、YouTubeキッズをダウンロードして使っていきましょう(‘◇’)ゞ

 

インストール方法

私のスマホはAndroidなので画像はAndroidのものになります。

まずはPlayストアでYouTube kidsと検索しましょう。
下のような画面が出たらインストール。

インストール画面

 

初期設定

インストールした後にYouTubeキッズを開くと、画像のようなオープニングが流れます。

初期画面

うーん。流石キッズの為のYouTubeキッズ!可愛らしいオープニングです。

 

①YouTubeキッズのオープニングが終わると下の画像のようになるので、「はじめに」を選択。

はじめにを選択

 

 

②年齢確認が出るので、保護者の生まれた西暦を入力します。

保護者の方へ

 

 

③ブロックと報告についての説明があるので、読んだら次に進みましょう。

ブロックと報告

 

 

④保護者のグーグルアカウントでgmailを入力します。

グーグルアカウント

 

 

⑤続いて保護者の同意についての説明が出てきますので、確認して下にスクロールしていきます。
ちなみに先ほど登録したgmailにもYouTubeキッズからメールが届くので併せて確認しておきましょう。

保護者の同意

 

⑥保護者の同意等の規定に問題が無ければグーグルアカウントのパスワードを入力。

パスワードの入力

 

 

⑦続いてYouTubeキッズでのプロフィールの作成。子供の名前と誕生日を入力します。

プロフィールの作成

 

 

⑧検索のオンとオフの設定を行います。ここでは検索オンで設定。

検索機能のオンオフ

 

 

⑨以上の手順でYouTubeキッズのプロフィール設定が完了します。

プロフィールの完成

 

 

⑩準備が完了すると下のような画面になるので「はじめる」を選択しましょう。

準備完了

 

 

⑪下のような画面になればYouTubeキッズの設定は完了です(‘◇’)ゞ

設定完了

 

視聴時間の制限と見せたくない動画の対応

ノートパソコンを見て考える女性

YouTubeキッズには動画の視聴時間を制限できるタイマー設定が使えます。
子供がエンドレスで見られない為、親としては嬉しい機能となります。

YouTubeキッズでのタイマー設定と併せてブロック方法もご紹介しますので、より安全に子供にYouTubeキッズを見れるようにしていきましょう!

 

タイマー設定方法

①まずは画面の右下の鍵のアイコンを選択します。

鍵のアイコン

 

 

②簡単な問題が出てくるので答えを入力して「おくる」を選択。
ここでは6×6が問題なので、36と入力して「おくる」を選択。

簡単な問題

 

③視聴時間を制限するには「タイマー」を選択。

タイマーを選択

 

④制限時間の設定が行えるので、時間を選んで「タイマーを開始」する。

制限時間の選択

 

⑤制限時間を過ぎると下のような画面になりYouTubeキッズにロックがかかります。

ロック画面

 

ロックの解除方法

続いて、タイマーのロックの解除方法についてのご紹介です。

①YouTubeキッズのロック画面で右下の鍵のアイコンを選択。

ロック画面解除

 

 

②簡単な問題が出てくるので答えを入力して「おくる」を選択。
ここでは8×2が問題なので、16と入力して「おくる」を選択。

ロック画面を解除する質問

 

③続いて、再度タイマーを設定するかタイマーを終了するか選択しましょう。

タイマーの再設定

以上がYouTubeキッズのタイマーの設定およびロックの解除方法となります。

 

ブロック方法

もしもYouTubeキッズを使っていたとしても、子供に見せたくない動画が出てきた場合はブロックしてしまいましょう。

こちらも簡単に出来るので、併せてご紹介していきます。

YouTubeキッズではなくYouTubeのブロックや閲覧制限の方法についてはこちらから。

ブロックと閲覧制限!子供にYouTubeを安心して見せるおすすめの方法!

2017.12.11

 

①もしもYouTubeキッズで子供に見せたくない動画が出てきたら、動画の右下の●が縦に3つ並んでいる場所を選択します。

まるを選択

 

 

②「この動画をブロック」を選択します。

この動画をブロック

 

 

③簡単な問題が出てくるので答えを入力して「おくる」を選択。
ここでは8×2が問題なので、16と入力して「おくる」を選択すると動画をブロックする事が出来ます。

ブロックを設定するための質問

 

 

④もしも、間違ってブロックをしてしまった場合は「取り消し」で取り消す事が出来ます。

ブロックした動画の取り消し

以上がYouTubeキッズでの動画のブロック方法となります。

 

まとめ

UMA
子供にYouTubeを見せるならYouTubeキッズは非常におすすめ出来るアプリです。

子供向けに作られている為、操作性も簡単ですしコンテンツも子供向け。

Chromecastを使ってテレビで見ることも可能です。

タイマー設定やブロックを駆使して、YouTubeキッズで子供と上手に楽しみましょう(‘◇’)ゞ

SPONSORED LINK








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です