ブログでキーワード選定が重要な理由!検索上位を狙った手法を解説!

ブログでアクセスやPV数を上げたいのであれば、キーワード選定は最重要と言っても良い程のスキル。

自己満足でブログを書いているのであれば特に意識する必要はないと思いますが、検索上位を狙ってアクセス数を伸ばしたい!そう考えているのであればキーワード選定は避けては通れない道です。

キーワード選定を意識した記事の作成をしないと、いつまでたってもグーグルやヤフーの検索上位に上がらずに、誰からも見られない悲しい記事が出来上がります。
実際に私のブログにもキーワード選定に失敗し、ネットの墓場行きになっている記事が大量にあります。

そんな経験を活かし、同じような悩みを解決できればと本記事を作成しました。
キーワード選定方法の悩み解決に繋がれば幸いです。

 

検索上位でクリック率は大きく変わる

小吉パパ

アクセス数をアップさせるためには、キーワード選定が重要です!良質なコンテンツは検索上位になり、クリック率が大きく変わります。
検索順位 クリック率(%)
1位 21.12
2位 10.65
3位 7.57
4位 4.66
5位 3.42
6位 2.56
7位 2.69
8位 1.74
9位 1.74
10位 1.64

参照サイト:Announcing: 2017 Google Search Click Through Rate Study

Internet Marketing Ninjasが2017年に調査したグーグルの検索上位のクリック率です。

円グラフにするとこうなります。
グーグル検索上位の円グラフ化

検索ボリュームが月に1,000あるとすれば、1位の月間アクセス期待値は210前後。
検索上位3位以降になると一桁が続きます。

10位だと1.64%なので検索ボリュームが月に1,000で、期待値は16程度。
検索1位は10位の約13倍のアクセスが見込まれます。

その他が42.21%ありますが、これは何もクリックしなかった人も含みますので、検索上位1~3位が占める割合が大きいことが分かります。

このことから検索上位を狙ったキーワード選定が、いかに重要であるかが分かります。

 

キーワード選定に役立つサイトの紹介

ノートパソコンを使う男性の手

小吉パパ

需要のないキーワードを選んでしまうと、検索上位になっても誰からも見られません!

検索ボリュームはキーワード選定をする上で外せない要素です。
どれだけ検索されているかで需要の大きさが分かります。

検索ボリュームが月10しかないキーワードで1位になってもアクセス数はほとんど見込まれません。
ただし難易度は低めとなります。

反対に検索ボリュームの数が多いと検索上位に入った時に、アクセス数の大幅アップが見込まれます。
ただしライバル・良質なコンテンツが多く、そこに割って入るのは難易度高めです。

重要な指標である検索ボリュームが分かる役立つサイトが「Ubersuggest」です。

使い方も簡単で入力欄にキーワードを入力し検索をクリックするだけ。
Ubersuggestキーワード入力の方法

検索ボリュームやSEO難易度といったキーワード選定に重要な指標が表示されます。

Ubersuggestでキーワード検索した結果

 

更にはキーワードの候補も出してくれるという非常に便利なサイトです。
Ubersuggestで表示されるキーワード候補

ブログのキーワード選定で重要な指標を教えてくれる「Ubersuggest」はおすすめです。

 

検索上位を狙ったキーワードの作り方

小吉パパ

続いては検索上位を狙うための手順を解説します。

 

テーマを決める

まず始めにブログの記事を書くテーマを決めましょう。
テーマに沿ったキーワード選定をするのですが、出来れば3つまで決めたい所。
1つだけだと検索ボリュームが多く競合が多いというのもありますが、範囲が広すぎて記事の作成が難しくなります。

例えばこの記事のキーワードは「ブログ」「キーワード」「選定」の3つになります。
もしキーワードが「ブログ」だけだとどうでしょうか。

範囲が広すぎて、誰に向けて記事を書いているのか分からなくなります。
見てもらいたい人を絞るという意味も込めて、キーワードは3つ位まで考えましょう。

 

関連キーワードを調べる

ここで役に立つサイトがこちら!

関連キーワード取得ツール

このサイトを使えば、関連するキーワードを簡単に調べることが出来ます。
早速使ってみましょう。

リンクを開いてもらうとこの様な画面が開きます。

関連キーワード取得ツール

矢印

続いて、検索キーワードの欄にブログに書きたいテーマを入力し、取得開始をクリック。

関連キーワード取得ツールにテーマを入力

矢印

検索キーワードに入力したワードの関連するキーワードが表示されます。

関連キーワード取得ツールで取得した結果

関連キーワードに困ったら、こちらのサイトも使っていきましょう。

 

ライバルチェック

キーワードを決めたら実際にそのキーワードで検索してみて、トップ10のライバルをチェックします。

キュレーションサイトや企業サイトが上位にある場合は、上位に食い込むのは至難の業です。

キーワードの決め方として、こういったブログがトップ10を占めているようであれば、キーワード選定を見直したほうが良い。

反対に、無料ブログやキーワードと関係のない記事がトップ10を占めているようであれば、難易度は低めです。

SEO対策をして存在する記事よりも良質なコンテンツが作成できれば、自ずと検索上位に入るでしょう。

 

検索ボリュームの確認

これは先ほども紹介した「Ubersuggest」で確認すればOK!
需要のないキーワードを選定すると、検索上位になっても誰からも読まれません。

かといってビックキーワードを狙いすぎると、検索上位にはなれず誰からも読まれません。

塩梅が難しいところですが、月間検索ボリュームが100~1000位が丁度良いと思います。

ブログにも慣れ、SEO対策について理解度が深まったあたりで月間検索ボリューム1000以上を狙っていきましょう。

 

キーワードを入れる場所

タイトル・h2・メタディスクリプションの3つ。
それから記事の本文にも適度にキーワードを入れていきましょう。

キーワードとは「質問」です。
そしてその答えを書くことが大切です。

「ブログ・キーワード・選定」を検索する人はどんな人でしょうか。
ブログのキーワード選定に困っている人。
深堀すると、アクセス数が少なく検索上位になれず困っている人です。

結果、私は本記事でこのタイトルを付けました。

ブログ記事タイトルの付け方

そしてSEO対策としてh2でもキーワードを入れています。
ここで注意したいのは不自然な入れ方にならないこと。
短文として成立する形で入れていきましょう。

h2にキーワードを入れる

 

続いてメタディスクリプションにキーワードを入れることも大切です。
例えば私の記事でブログ50記事をキーワードに書いた記事があります。

メタディスクリプションについて

検索するとこんな感じでメタディスクリプションが出てきます。
メタディスクリプションとは記事の概要のことで、検索キーワードと重複する部分が太字になります。

現時点で「ブログ・50記事」のキーワードで3位。
ブログやSEOをメインに書いてるブログではないので、個人的には上々かなと思います。

こちらの記事も併せてどうぞ。
【WordPress】ブログ50記事更新!アクセスがない現状とPV増加を狙った戦略!

ちなみにこの記事は「ブログ・50記事」で検索1位を取っていたこともありましたが、記事の更新をサボっていたら良質なコンテンツが次々と出てきて、あっという間に陥落しました(T_T)
やはり継続は力なりです。
ブログ更新8カ月サボったら驚愕のアクセス数に!オワコンが止まらない

 

キーワード選定に失敗したらリライト

頭を抱える男性

小吉パパ

実はこの記事は検索上位に上がれずに失敗しています。

という訳で、せっせとリライトした訳ですがタイトル・h2。
そして本文も大幅なリライトをしています(T_T)

前回のタイトルからこうなりました。

タイトルの変更

 

h2についての変更点はこちら。

h2の変更点

大幅なリライトです…。
本文もかなり変更しているので、ネタは一緒でもほぼ新しく記事を作成した感じです。

これで検索上位になれなければ更にリライトとなりますが、そこまで労力を使う意味があるかというと微妙なところです(^^;

記事の作成 ⇒ リライト ⇒ 記事の作成 ⇒ リライト。
この繰り返しをすることで何がダメだったのか、そしてどこを改善すれば良いのかを導き出し、スキルアップと共に良質なコンテンツ造りを目指しましょう。

 

まとめ

小吉パパ

ブログでしっかりとアクセス数やPV数を伸ばしたいのなら、キーワードの決め方は超重要項目です。

間違ったキーワード選定をしているといつまでたってもブログのアクセス数は伸びません。

キーワードの決め方に役立つサイトを利用して、質の高い記事作りとSEO対策を行っていきましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です