赤ちゃんが夜泣きをしても男は何故、起きないのか!?

SPONSORED LINK


女性の方であれば、疑問に思う方も多いかもしれません。
赤ちゃんがギャンギャン夜泣きをしているのに男は何故起きないのか!?

ちなみに例にもれずUMAも次男坊が夜泣きをしても、基本的に目覚めません。
はい…すいません!

女性としては、
「こっちは赤ちゃんの夜泣きに対応してるのに、何イビキかいて寝てるんだよ!
イライラした経験があるのでは?
はい…すいません!

単純に疲れているとか、もっと寝たいとか、そんな理由ではなく、
実は男性が赤ちゃんの夜泣きで起きないのには理由があります。

 

男性が夜泣きで起きない理由

赤ちゃんの夜泣きは大変です。
夜泣きが原因で夜は眠れない、日中寝ようとしても、また赤ちゃんが泣く。
睡眠時間が激減です!

睡眠時間が短くなると肉体的疲労はもちろんの事、精神的疲労も蓄積します。
そんな中、隣でパパが大きなイビキをかいて寝ていたらイライラしますよね。

 

男性と女性の睡眠の違い

男性が夜泣きで起きないのには、理由があります。

男性と女性とでは睡眠の内容に違いがあるからです。

・男性は睡眠時間が長い。
・女性は睡眠時間が短い。

・男性は深い眠りの時間が長い。
・女性は深い眠りの時間が短い。

・男性は覚醒するサイクルが長い。
・女性は覚醒するサイクルが短い。

・男性は眠りの深さが浅い。
・女性は眠りの深さが深い。

 

この違いから読み取れることがあります。
男性の睡眠は非効率的だということ!

そして、男性は睡眠時間も深い眠りの時間も、覚醒するサイクルも長い為、
いったん寝てしまうと中々、起きない!

赤ちゃんが夜泣きをしても起きない男性が多いのは、そんな理由があります。

 

男性が起きないのは夜泣きが徐々に聞こえなくなるから!?

赤ちゃんの夜泣きが始まって、最初の頃は起きていた旦那。
それが気付けば、いつの間にかサッパリ起きなくなってしまった。

そんな男性も多いと思います。

人間の慣れと言うのは怖いものです。
例えば、国道近くで騒音が激しい地域に引っ越した当初、眠れない日々が続いても、
いつしか、その騒音に慣れてしまい、騒音が気にならなくなる。

人間には危険察知能力があります。
睡眠中に大きな音がした場合、目が覚めます。
しかし、危険性が無いと判断できた音は次第に無音に変わります。

つまり、男性は赤ちゃんが夜泣きをしても
「ママが対応してくれるから大丈夫だろ!」

夜泣きをしてもママがやってくれるから大丈夫。
安心感で夜泣きが無音に変わり、起きない男性もいます。

 

 

ホルモンによって女性は睡眠が浅くなる

女性は出産後、ホルモンバランスの関係で睡眠が浅くなる。
母乳の分泌にはプロラクチンと言うホルモンの働きが必要になります。

プロラクチンによって女性は短い睡眠時間に対応できるようになる。

出産すると授乳に対応できるよう、体が変化する。
それによって、女性は赤ちゃんが夜泣きすると、すぐに目覚め対応が出来る。

一方で、男性は授乳が出来ません(当たり前ですが)
赤ちゃんが出来てもホルモンバランスが変わらないため、
夜泣きに対応できる体にはならない!

結果、赤ちゃんが夜泣きをしても男性は起きれない。

男性が夜泣きで起きれなくても、育児ではサポートが必要

ここまで、男性が赤ちゃんの夜泣きで起きれない理由を書いてきましたが、
なんだが言い訳がましい…。

体や脳の構造上、男性は夜間に長く深い眠りを必要とする。
夜間にしっかりと休みをとり、日中に働く。
そんな昔からの遺伝子を現代にも引き継いでいます。

しかし、現代では女性も働く時代。
男性が夜泣きで起きないとしても、育児ではサポートが必要です。

 

夜泣きで起きない男性にサポートをしてもらうコツ

もしも夜泣きのサポートをしてもらいたいと感じるなら、
おススメは、
休日前!

意外と多いのが、
赤ちゃんの夜泣きで旦那がキレるくらいなら寝ていてもらった方が良い。

でも、これってフェアな感じがしませんよね。
ママのストレスが溜まる一方です。

とは言え、睡眠不足でパパの仕事に支障をきたすのも問題ありです。

男目線で言うと、
休日前の方が赤ちゃんの夜泣きのサポートをしやすい!

金曜や土曜の夜に、
「夜泣きしたら今日だけ、お願いできないかな?」

休日前であれば、翌日の事を気にする必要がないので、
男性としても夜泣きのサポートをしやすくなります。

 

夜泣きで起きないのなら、日中に育児のサポートをお願いする

もしも、休日前だとしても、旦那が夜泣きで起きないのであれば、
休日の日中にサポートをお願いするのも有りです。

昼間パパに子供を見てもらって、その間に少し睡眠をとったり、
ストレス発散に買い物に行く。

注意点としては、ただやみくもにお願いするのではなく、
きちんと理由をつけてお願いをすること!

日々の夜泣きで心身ともに疲れている。
だから、ほんの少しだけ自分の時間を作りたい。

きちんと理由を説明すれば、分かってくれるパパも多いと思います。

もしも、パパが頑なに拒むようであれば、
両親に少しだけ子供を見てもらうの有りです。

 

まとめ

我が子とは言え、赤ちゃんの夜泣きは大変です。
睡眠時間の激減で心身ともに疲れます。

育児はママだけではなく、パパも参加するもの。
お互いを気遣いし、サポートする事が大切です。

ママにはママの大変さがあり、パパにはパパの苦労があります。

普段のコミュニケーションを大切にし、
足りない部分を補い、サポートする。

そんな風に育児に取り組めれば、大きなストレスを溜めることなく、
楽しく子育てが出来るのではないでしょうか。

 

SPONSORED LINK








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です