IQOS(アイコス)が与える子供の影響!副流煙の心配は?

SPONSORED LINK


日本では2015年9月に名古屋限定で発売が開始された、加熱式たばこのIQOS(アイコス)。

子供がいてIQOS(アイコス)を使用している人であれば誰もが気になる、子供の影響や副流煙の心配!

UMAは最近になってタバコからIQOS(アイコス)に完全に切り替えたのですが、UMA自身、子供が2人いる為。

子供の影響と副流煙はとても気になるところ。

ということで今回はIQOS(アイコス)が与える子供への影響と副流煙について調べてみました!

 

一般的なタバコが子供に与える影響については、こちらからどうぞ。

タバコが子供に与える影響!副流煙と受動喫煙について

 

そもそもIQOS(アイコス)って何なんだ?

アイコスを吸っている人

IQOS(アイコス)はフィリップモリス社の製品です。

一時期、品薄状態で中々買えない状況が続いていましたが、最近は少しずつ買えるようになってきました。

UMAはIQOS(アイコス)がコンビニで売っているのを発見し、速攻で購入しました。

加熱式たばこIQOA(アイコス)。

フィリップモリス社は、IQOSは火をつけて使う一般的なたばこと比べて、

燃焼により発生するタール、ホルムアルデヒド、一酸化炭素、アンモニア化合物

といった有害成分が少なく(約90%カット)、発がん物質の吸入、

歯や壁の着色汚れなどが低減されている、と主張している。

しかしWHOによれば、かかる主張を裏付ける研究はフィリップモリス社の

金銭的支援を受けた1件のみであり、IQOSが健康リスクを低減することを示した

独立の信頼できるデータは2017年7月時点で存在しない。

引用 : ウィキペディア

フィリップモリス社は「従来のタバコに比べて90%の有害物質をカット」を謳っていますが、これに対して直接的に“がんの原因”となる化学物質が「紙巻タバコよりも多い」と異論を唱えている研究者がいるのも事実です。

正直言ってどれが事実で本当なのかは定かではありません。
なので、まずは実際にUMAがIQOS(アイコス)に切り替えた感想を述べていきます。

 

メリット

 

IQOS(アイコス)に切り替えて感じた個人的メリット。

・タバコよりも匂いがつかない

・タバコを吸っている時よりも咳や痰が出にくくなった。

・非喫煙者に「タバコは嫌だけどIQOS(アイコス)なら吸っても良いよ」と言われた。

 

これらはIQOS(アイコス)に切り替えて個人的に感じたメリットですが、匂いがつきにくかったり、咳や痰が出にくくなったことは、単純にIQOS(アイコス)に切り替えて良かったと感じています。

もともとタバコは吸っていましたが、タバコの匂いが手に付いてしまったり、口がタバコ臭くなるのは凄く嫌でした。

IQOS(アイコス)は独特な匂いはあるものの、タバコの匂いよりも、嫌な感じがしません。
なので匂いと言う部分だけでも結構なメリットを感じます。

 

デメリット

 

ちなみにIQOS(アイコス)に切り替えたからと言ってメリットだけ感じたわけではありません。

個人的に感じたデメリットもあります。

・充電が必要

・掃除が意外と面倒くさい

・慣れるまでは違和感を感じる

 

IQOS(アイコス)を初めて吸った時の感想は。

「なにこれ、トウモロコシ臭い」

でした。

なんか独特な味と言うか匂いがします。
加熱しているせいなんですかね…。

しかし、IQOS(アイコス)に慣れてくると今度は普通のタバコが吸えなくなります。

IQOS(アイコス)に慣れて普通のタバコを吸うと。

「うわっ、煙感が半端ない」

って感じで普通のタバコを吸うと気持ち悪くなります。

他にも充電や掃除が必要だったりと、普通のタバコと比較すると何かと手間がかかります。
更に言えば、機械なのでいずれは故障することだって考えられます。

 

子供に与える影響と副流煙

アイコスのタバコ

さて、ここからが本題の子供に与える影響と副流煙についてです。
色々と調べた結果、無害を考えるなら一番いいのは禁煙する事です!

これを言ったらお終いになってしまいますが…。

タバコが辞められないからIQOS(アイコス)にしてるんじゃい! なんて方も多いと思います。

個人的には普通のタバコよりも害はないんじゃないかなぁと感じているものの。
IQOS(アイコス)と言えども結局はタバコです。

そこのところを理解したうえで、子供に与える影響と副流煙について見ていきましょう。

 

タールがない?

 

そもそもタールとは一体何なのか?

タールとは。
タバコに含まれる有害物質の総称を表します。

喫煙を行うことによりタバコの葉に含まれている有機物質が熱分解され、約4000とも言われる化学物質の結合体であるタールとなります。

そのうちの約200種類が致死性有害化学物質、約60種類が癌を作る物質であると言われています。

特にタバコの発がん性のリスクを高めているのが「タール」であり、ニコチンには発がん性物質は含まれていないと考えられています。

ちなみにIQOS(アイコス)は加熱式たばこです。
つまり、タバコの様に燃やして煙を出すのではなく熱することによって、水蒸気が発生します。

タールとはタバコの葉を燃やすことによって発生するため、熱して発する水蒸気にはタールは含まれない。

完全にゼロとは言い切れませんが。

フィリップモリス社の発表が本当であれば、IQOS(アイコス)は従来のタバコと比べ有害物質の90%をカットしている。

タールは有害物質になりますので、従来のタバコと比べると90%のタールはカットされています。

90%のタールがカットされているなら、IQOS(アイコス)であれば子供への影響はタバコよりも低い。

しかし、アイコスの水蒸気が完全に無害とは言い切れないので、
子供や妊婦の前では吸うべきではない!

 

90%の有害物質をカット

 

つまり有害物質はゼロではない!

タバコと比べると害は少なくても副流煙や子供への影響はあります。

90%カットであれば副流煙にも。
10%の害は残っています。

IQOS(アイコス)は無害だから、子供に与える影響はないだろー。
なんてのは勘違いなので気を付けて下さい。

IQOS(アイコス)にも副流煙は発生しますし、無害ではありません。

子供や妊婦の前で吸うのは絶対に辞めましょう!

 

誤飲の可能性

 

更にもう一つ、子供への影響で注意したいのが、誤飲。

赤ちゃんは何でも口に入れたがります。

赤ちゃんの近くにIQOS(アイコス)のタバコや、部品があると、
誤飲してしまう可能性があります。

IQOS(アイコス)のタバコは立派なタバコです。
もしも赤ちゃんが誤飲してしまえば大変なことになります。

子供や赤ちゃんの近くにIQOS(アイコス)のタバコや部品。

もっと言うならIQOS(アイコス)関連のものは全て、
子供や赤ちゃんの近くには置かないようにしましょう!

 

まとめ

まとめ

UMAの個人的な考えですが、タバコからIQOS(アイコス)に切り替えてから、咳や痰が出にくくなったことを考えてもタバコよりは害は少ないと感じています。

ただし副流煙や子供への影響を考え、無害を望むなら。
禁煙が一番いい!

IQOS(アイコス)と言えども結局はタバコなので、
子供や妊婦の前では絶対に吸わない!

IQOS(アイコス)自体、まだ新しいものなので体への影響は所説あります。

子供への影響や自分の体を心配するなら。

タバコ → IQOS(アイコス) → 禁煙。
というフローもありかなと思っています。

結局のところIQOS(アイコス)はタバコなので、子供への影響を考え、ルールを守って喫煙しましょう!

SPONSORED LINK








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です