大手製薬会社を辞めて転職したら年収が300万以上下がったが後悔はない!

仕事中
SPONSORED LINK


転職。
それは人生において大きなターニングポイント。

会社を辞めて転職に成功し、収入も増え時間的余裕を手にする人もいれば、収入は下がり時間も無くなり転職したことに後悔する人もいるかと思います。

そして私の場合。
転職したことにより年収が300万以上下がりました( ゚∀゚) ・∵. グハッ!!

がしかし会社を辞めて転職したことに後悔はしていません。
今回は年収は下がったものの転職したことに満足しているというお話です(☝ ՞ਊ ՞)☝

 

勤めていた大手製薬会社について

疑問を感じるビジネスマン私が勤めていた会社は認知度も高い大手の外資系製薬会社です。
転職歴の多い私はこの会社も新卒で入った訳ではなく中途入社。

超低学歴の私が何故この会社に入社することが出来たのか、今でも不思議に思うことがあります。

 

入社までのプロセス

製薬会社ってイメージは良いんですよね。
給与高そうだし(実際業種別の平均給与は高いと思う)、頭良さそうだし、モテそうだし。

んでそんなイメージで入った製薬会社ではあったものの、入社までの道のりは中々険しい。
そもそも受かる訳ないと思いながら履歴書出してたので、受かった時は凄く嬉しかったのを覚えています。

ちなみにこんな感じのフロー。
①エントリー(履歴書やら職務経歴書の提出)
②会社説明会&グループディスカッション
③面接&筆記試験
④役員面接

ちなみに面接とかグループディスカッションとかってコツがあるんですよね。
人事側に立ったことはないですが、リーダーシップとか協調性とか話を纏める力とかをグループディスカッションで見てるんだと思います。
面接に至っては面接官は大概聞いてくることは同じだし。

ある程度の戦略を考えれば結構上手くいくもんです。
そしてその戦略が上手くガチっと決まったおかげで超低学歴な私でも受かったのだと思います٩(ˊᗜˋ*)و
(実際、同時期に別の大手の会社も受かっていた。)

この辺は詳しく書こうと思ったら一記事出来ますね。

 

福利厚生が良く給与は高かった

製薬業界って他業種と比べても平均給与は高いんですよね。
中途で入った私みたいな超低学歴でも手取りが高い時で45万以上。低い時でも35万以上は貰えてました。

賞与は年間で4.0以上。
更に6月に中途で入った人が初月に賞与を満額貰えてました。
中途だと賞与がいきなり満額って少ないと思うんですけどね。しかも初月に貰えるとか中々ないような気がします。

 

周囲の人間は超高学歴

低学歴な私にとっては肩身が狭い。大卒は当たり前。
100人くらいいる部署で、高卒は私を含め2人しかいませんでした。
ショボーン━━(´·ω·`)━━

同時期に入った人は京都大卒。前の会社?は理化学研究所というエリート( ゚∀゚) ・∵. グハッ!!

薬科大卒の人も多かったですね。
中には医学部卒(医者やれってツッコミたかった)や獣医学部卒(獣医やれってツッコミたかった)の人もいました。

 

会社を辞めた理由

悩む女性給与も高い大手製薬会社。
恐らく我慢を続けていればそこそこの生活が出来ていたはず。

しかしながら辞めてしまいやした_| ̄|○

会社を辞めて転職したら給与はこんな感じ。

給与明細を公開!30代で妻子持ちだが平均年収より低すぎて涙腺が崩壊

2017年11月26日

 

仕事についていけない

仕事にサッパリついていけませんでした( ゚∀゚) ・∵. グハッ!!

しかも中途には仕事は教えない!みたいな風潮のある部署で。
仕事聞いても「えっ!そんなこと自分で調べて下さいよ( ´,_ゝ`)プッ」ってな感じ。

新卒君には手取り足取りだったんですけどね…。
とにかく中途には厳しかった。

抱える仕事は多く、納期も短い。とは言え何やってるのかサッパリ分からない。
上司に報告に行けば、ダメ出しの嵐。

八方ふさがりでもはや無理ゲー(ヾノ・∀・`)ムリムリ

 

残業が多い

現在はどうなっているか分かりませんが、私が勤めていた時は残業は多かった。
残業時間を減らそう!みたいな風潮はあったものの、仕事が多すぎて減るどころか増えるばかり。

ましてや仕事が良く分からないから時間がかかる。
んで残業が増えると「なんでこんな残業多いんだ!」と上司に怒られる。

「いやいや、おめーが良く分かんない仕事大量にふるからだろ!」って言いたいけど言えない。

周りを見渡しても、皆残業多くて雰囲気は殺伐。

 

向上心が高い人が多い

これは凄く良いことなんですけど。
私の場合、仕事に関してはそんなに頑張りたくない!

そこそこの頑張りで、それなりの給料が貰えればいい。
そんなに向上心がないんですよね(´._.`)

なので向上心が高くてバリバリ仕事して出世を目指している人たちの中にいることが非常に苦痛。

そんな人達に仕事への熱い思いや、意見に対して共感を求められると結構しんどいもんです。

 

向いていないと感じた

確かに給料は高い。だけど辛すぎる。
何やっても上手くいかず、上司に怒られ同僚とは会話も合わず居心地の悪い日々が続く。

暫くは頑張ってたものの。
「あ、俺この仕事無理だな…。」と心が折れてしまった。

いっその事、会社では誰とも喋らず「どうせ俺仕事が遅いですから(☝ ՞ਊ ՞)☝」ってな感じで開き直ることが出来たら続けて行けたかもしれませんが。

心がポキッと折れてしまいそれも無理でした。
んで結局仕事を辞めたわけです。

 

転職先の会社について

道大手製薬会社を辞めた後に入社した会社が今の会社。

正直、給与はめちゃくちゃ下がりました。
しかし前ほどにストレスを感じることはありません。

会社の雰囲気はそれなりに良くて、同僚とも話が合う。
まぁ、簡単に言えば居心地が良いわけです。

仕事は人生において大部分を占めます。

居心地の悪い職場で仕事を続けることはかなりしんどい。
お金も凄く大切なんですが、心身ともに健康であることはもっと大切。

大手製薬会社を辞めて年収は下がったものの後悔はありません。

SPONSORED LINK








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です