小学生にあげるお年玉の相場は?いくらあげるのが正解




お正月が来ると姪っ子や甥っ子、親戚の子供に渡すお年玉。

子供の頃はお年玉を貰うのがすごく楽しみでしたが、

大人になるといくらあげるのかで頭を悩ませませんか?

UMAもお正月になれば親戚の小学生の子供にお年玉を渡します。

個人的にも小学生の子供にお年玉をいくらあげるのかが

正解なのか気になったので調べてみました!

 

小学生にあげるお年玉の相場

小学生と言っても小学校は6年間あるので低学年と高学年で、

お年玉を渡す金額は大きく変わります。

 

子供は毎年大きくなるので、去年と同じ額のお年玉をあげてしまったら、

子供はガッカリするかもしれません。

 

小学生にあげるお年玉の相場を把握して、

甥っ子や姪っ子、親戚の子供に喜んで貰いましょう!

 

小学生にあげるお年玉の相場を調査してみた

 

ネットで調べてみると結構色んな企業がお年玉の相場を調査しています。

 

SBI Holdingsがお年玉について調査した結果を引用していきます。

ソースはこちら

 

お年玉は誰にあげますか?

 

面白い調査結果がありました。

こちらは誰にお年玉をあげる予定なのか調査した結果です。

引用 : SBI Holdings

やはり兄弟や親戚の子供にお年玉をあげる人が多いみたいですね。

ちなみに興味深いのが、

親にお年玉をあげている人が約8%いる!

 

UMAは親にお年玉をあげる風習はないのですが、

嫁は両親にお年玉をあげています。

 

毎年、この光景をみて不思議に思っていたのですが、

少数派ではあるものの親にお年玉をあげる人、それなりにいるんですね。

 

地域的なものでしょうか。

 

お年玉の平均支出総額

 

皆さんの家庭ではお年玉に使うお金の総額はいくらになりますか?

UMA家では息子がまだ小さいですし、

親戚の子供も大きい子で小学生なので、それ程大きな金額にはなりません。

 

お年玉に使う平均支出総額はこちら。

引用 : SBI Holdings

大体28,000円です。

皆さん、そこそこお年玉にお金を使ってるんですね。

高いと感じるか、安いと感じるかは人によって変わりますが、

子供の笑顔はプライスレスです!

 

 

小学生にあげるお年玉の相場  正解はこれだ!

 

そして、本題の小学生にあげるお年玉の相場がこちら。

引用 : SBI Holdings

小学生の低学年であれば

1000円~3000円

 

小学生の高学年であれば

1000円~5000円

 

このあたりが小学生にあげるお年玉の一般的な相場みたいです。

ちなみに他にも色々と調べた結果、UMAの個人的な見解は。

 

小学生1~2年生であれば

2000円

 

小学生3~4年生であれば

3000円

 

小学生5~6年生であれば

4000円~5000円

 

小学生にあげるお年玉の相場はこの辺りが妥当な金額かと思います!

 

小学生の貰ったお年玉の使い道

小学生が貰ったお年玉を何に使うか気になりませんか。

 

UMAは小学生の頃、貰ったお年玉はゲームや漫画本など

娯楽に費やしていました…。

 

果たして今どきの小学生は何にお年玉を使うのでしょうか。

株式会社バンダイが調査した結果があります。

 

正解はこれだー!

引用 : 株式会社バンダイ

今はネットで調べれば何でも出てきますね。

便利な世の中です。

 

今どきの小中学生の貰ったお年玉の使い道No.1は、

貯金!

 

今どきの子供って堅実なんですね。

 

貯金がNo.1とは…。

 

男女別でみると、

男子はゲーム機・ゲームソフトにお年玉を使う子が多いみたいですが、

女子に至っては45.5%が貯金してます。

 

女子って堅実ですね…。

 

小学生にあげるお年玉に悩んだら

なんやかんや書いてきましたが、

小学生にあげるお年玉の一般的な相場が分かっても悩んでしまうなら。

ルールを決めてしまえば良いと思います。

 

ルールを決めてしまえば毎年悩む必要なし

 

小学生にあげるお年玉で毎年悩むのなら、

ルールを決めてしまいましょう!

 

例えば

小学生の学年×1000円

これで決めてしまえばお年玉で悩む必要なしです。

 

小学1年生なら  1,000円。

小学2年生なら  2,000円。

小学3年生なら  3,000円。

 

こんな感じで我が家お年玉のルールはこれだ!

 

って具合に決めてしまうのも有りだと思います。

 

親戚同士でお年玉会議

 

子供はお年玉を貰って大喜び。

逆に親としてはお年玉をあげるのも貰うのも意外と気を遣ってしまうもの。

 

正月に親戚同士が集まったときに、我が家の子供が貰ったお年玉より、

あげた金額が少なければ申し訳ない気持ちにもなります。

 

そうであれば親戚同士が事前に子供にあげるお年玉について、

話し合いをするお年玉会議をしてみては如何でしょうか。

 

家族間でお年玉のやり取りが差し引き0円になれば、

お年玉で余計な気を遣う必要がなくなります!

 

まとめ

今回は小学生にあげるお年玉の相場について色々と調べてみました。

結果としては一般的な相場はあるものの、

小学生にあげるお年玉の

正解はありません!

 

親交の深さや血縁関係、家のお財布事情などによって変わります。

 

相場を把握しつつも、お年玉をあげて

子供が喜んでくれればそれが一番です!

 

UMA自身、子供の頃を思い出してもお年玉は凄く楽しみなものでした。

お年玉で何を買おうかワクワクしていたもんです。

 

お年玉の金額だけに囚われず、

お年玉袋にちょっとした工夫をしてみたり、

お年玉袋に一言手紙を添える。

なんてのも子供は喜びます。

 

お正月は普段会えない親戚にも会える場面です。

美味しいご飯を食べて、皆で楽しくわいわい過ごしましょう!

SPONSORED LINK








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

親バカ日本代表の小吉パパです('◇')ゞ 5歳と2歳の男の子のパパやってます! 子供は可愛いけど育児は何かと大変! そんな育児についてのアレコレを中心にマイホームやブログについて書いてます! パパもママも楽しい育児ライフを('ω')ノ