夜泣きの対応は放置で解決!ほったらかしとの違いに気をつけて!

小さい子供の親であれば、一度は悩む子供の夜泣き対応。

我が家には2人の息子がいますが、長男はほとんど夜泣きをしなかった。
しかし、次男坊の夜泣きが激しい!

夜泣きについて調べていると、放置で対応するのが良いとか。

そうは言っても、夜泣きの対応が放置だと近所迷惑になってしまったり、赤ちゃんが心配になりませんか。

今回は子供の夜泣きの理由や対応、放置する場合にはどのようにしたら良いのかについてご紹介いたします。
夜泣きが原因でストレスが溜まり、寝不足気味のパパやママの参考になればと思います。

 

赤ちゃんが夜泣きをする理由

夜泣きをしないように赤ちゃんの手を握るママの手

小吉パパ

赤ちゃんが夜泣きをするはっきりとした理由は解明されていないそうです。

つまり、ミルクも飲ませてるしオムツも交換してる。
赤ちゃんにとって不快と思われる要因を取り除いても何度も泣いてしまう。

原因が分からないのに泣いてしまう。
これが夜泣きということです!

 

赤ちゃんの夜泣きで男性が起きない理由

しょんぼりした男性

小吉パパ

こちらの理由は明確です。夜泣きで起きないパパは多いのではないでしょうか。

夜泣きが原因でストレスが溜まっているママにとって、追い打ちをかけるかの如く夜泣きで起きない旦那さん。

眠れないのに隣でイビキをかいて寝られるとストレスも溜まります。

女性と男性の睡眠の違いが要因の一つとして考えられます。
赤ちゃんが夜泣きをしても旦那が起きない理由!お互いのサポートが大切!

 

添い乳での夜泣き対応は矯正が難しい

青空の下にある家のおもちゃ

小吉パパ

我が家では次男坊が夜泣きしたら嫁が添い乳で対応していました。

しかしながら色々と調べていると添い乳はあまりよくない。

添い寝、添い乳について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
子供の寝かしつけは何歳まで?添い寝がもたらす影響と自立心について!

良くない理由は、添い乳は後になってからの矯正が難しいからです。
添い乳しないと寝付けなくなり、その対応の矯正が難しい。

子供としては「泣いたら添い乳してくれるやろー。」
的な甘い考えになってしまい、自立心が育たなくなるという側面もあります。

子供の将来を考えるなら、自立心は育て方が間違いなく良い。

 

夜泣きの対応は見守りつつ放置

四つ葉のクローバー

小吉パパ

赤ちゃんが夜泣きしても、すぐに抱っこや添い乳をするのではなく5分から10分は見守ってみましょう。

ここで大切なのは。
ほったらかしではなくきちんと見守って放置すること。

ほったらかしは危険です。
乳幼児突然死症候群(SIDS)や窒息などの事故の危険性があります。

厚生労働省のホームページに乳幼児突然死症候群(SIDS)いついての記載があります。

 

見守る親の愛情

夜泣きをしたら、すぐに抱っこや添い乳で対応をするのではなく。
少しの間赤ちゃんを見守る。

赤ちゃんが気持ちよく眠れる環境(ミルクやおむつ交換をする)を提供しても泣いてしまうようであれば。
少し放置(見守り)してみましょう。

 

見守る事の難しさ

放置(見守り)での夜泣き対応は簡単そうに見えて実は難しい。
だって、自分の子供は可愛いから!

泣いてたらなんとかしてやりたくなるのは親の心情。
そこをグッとこらえる必要があります。

それと、実は手を差し伸べた方が親としては楽だったりもします。
夜泣きでうるさいと感じながら見守ることも結構大変です。

抱っこしたり、添い乳で対応したほうが楽だと感じる場合もあります。
しかし、子供の自立心を育てたいなら親が手を出し過ぎるのは良くない。

なんでもかんでも親が手助けしていたら、困ったときは誰かが助けてくれる。
もし子供がそんな風に育ってしまったら将来苦労するのは目に見えています。

本当に子供の事を考えているなら、時には厳しくすることも親の愛情です。

 

まずは少しずつ

夜泣きをしたらいきなり10分間放置(見守り)で対応すると決めるのではなく。

最初は2~3分間様子を見てみる。
恐らく2~3分の放置(見守り)では泣き止まないと思います。

最初は短い時間を放置(見守り)で対応し、泣き止まないなら声掛けしたり抱っこする。

そして声掛けや抱っこを繰り返し、その間隔を少しずつ伸ばしていく。

赤ちゃんに。
自分で眠りにつく感覚を教えてあげましょう。

大切なのは自分の力で出来ること。
親はその手助けをしてあげれば良いだけです。

 

眠る準備も大切

小吉パパ

大人だって夜が眠れない時があります。
MEMO
夜が眠れなくなる行動
・昼間寝過ぎて夜が眠れない。
・寝る前にカフェインを取りすぎて眠れない。
・寝る前にスマホやPCを見過ぎて眠れない。

赤ちゃんも一緒です。
まずは良く寝れる状況を作ってあげましょう。

 

寝る30分前には部屋を暗く

「今から寝るんだぞー。」

部屋を暗くして眠りに入る準備をしましょう。
そして赤ちゃんと一緒にお布団でゴロゴロ。

幸せな時間です。

 

寝る30分前のコミュニケーション

絵本を読んであげたり声掛けをしたりと、スキンシップをとることで赤ちゃんを安心させてあげる。

愛情をたっぷりと注いであげましょう!

入眠儀式として絵本の読み聞かせもおすすめです。
入眠儀式なら絵本の読み聞かせ!子供の寝かしつけを楽にするポイント!

 

音楽の活用

子守唄を歌ってあげたり、オルゴールなどの眠りに効果的な音楽を流す。

大人でも眠りにつくのに音楽は効果的です。
眠りにつきやすい音楽を流してあげましょう。

 

日中に一緒に遊ぶ

日中に赤ちゃんとしっかり一緒に遊ぶ。

大人だって体が疲れたら夜はよく眠れるものです。
生活のリズムを整えて日中と夜の区別が出来るようにしましょう。

 

まとめ

まとめ

赤ちゃんが夜泣きをしたら、ついつい添い乳したり抱っこで対応してしまいがち。

しかし、いつまでたっても夜泣きが解決せずにその繰り返しをしてしまう。
そうであれば一度、放置(見守り)で対応してみては如何ですか?

放置(見守り)と言っても。
ほったらかしは絶対に辞めましょう!

ほったらかしは危険です!

他にも赤ちゃんが夜泣きをする原因があるなら、まずは原因を解決する。

・お腹がすいている。

・オムツが濡れている。

・コミュニケーション不足

夜泣きをする原因を解決したうえで、それでも夜泣きをするなら少しの間、放置(見守り)で対応してみる。

放置(見守り)で子供の自立心を育て、赤ちゃんに自分で眠れる力をつけてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です