子供がご飯を食べない理由から解決策を導き出す!心に余裕を持つ大切さ!

子供がご飯を食べなくてイライラする。
そんな悩みを持ったパパ、ママは意外と多いのではないでしょうか。

我が家でも長男がご飯を食べてくれなくてイライラする時期がありました。
今でも食は細いものの、一時期に比べるとかなりご飯を食べるようになっています。

長男は産まれた時に2300gしかなく「低出生体重児」でした。
体格は同い年の子供と比べると小さいです。

なので出来るだけご飯はモリモリ食べて大きく育ってほしい!
そんな子供への思いが強く、逆にプレッシャーになっていた可能性があります。

今回は子供がご飯を食べない理由と解決策について記事にしました。
同じような悩みを抱えている、パパやママの少しでもお役に立てればと思います!

 

子供がご飯を食べない5つの理由

ご飯を食べてくれない子供に悩むママ

小吉パパ

子供がご飯を食べない理由は様々ですが、今回は5つの理由をご紹介します。

ちなみにうちの子は、2歳から3歳位までご飯を食べない傾向にありましたが、4歳辺りから残さず食べるようになりました。

我が家の事例を出しつつ、子供がご飯を食べない理由をご紹介します。

 

ストレス

子供がご飯を食べてくれないと親にとってもストレスになります。
子供にはしっかり食べて大きく育ってもらいたい。

そんな親心から、子供がご飯を食べない時にイライラして口調が荒くなっていませんか。

小吉パパ

 残さず全部食べなさい!

小吉パパ

 早く食べなさい!

小吉パパ

 いつまで食べてるの!

小吉パパ

 いっぱい食べないと大きくなれないよ!

とかとか。

ちなみに我が家でも子供がご飯を食べない時に口酸っぱく言っていました。

しかしこれ、逆効果です!

ご飯は家族で楽しく食べるもの。
イライラして口調が荒くなると、食事へのイメージを悪くして子供にストレスをかけてしまします。

 

集中力

子供は大人に比べて集中できる時間が短いです。
幼児であれば最大で10分ほど。

集中できる時間がただでさえ短いのに食事の際に、TVやおもちゃが視界に入っていませんか?

もしもこのような状況でご飯を食べているとしたら、子供はご飯に集中してくれません。

子供はご飯よりも遊びたい気持ちのほうが優先順位が高いからです。

つまり、ご飯よりもTVやおもちゃに気が向いてしまいご飯を食べてくれなくなります。

 

生活リズム

ご飯を食べる時間や、寝る時間が常に違っている。
そんな場合は子供の生活リズムが狂いがちです。

例えば。

昨日は18時にご飯を食べたのに今日は21時。
昨日は21時に寝たのに今日は23時。

大人にも言える事ですが、生活リズムが狂うと自律神経に悪影響を及ぼします。

寝る時間、起きる時間、ご飯を食べる時間は出来るだけ一定にしましょう!

 

お腹がいっぱい

ご飯を食べる前におやつを食べてしまった。

子供がグズってしまい、仕方なくご飯前にチョコレートやポテチ、ジュースをあげてしまう。

我が家でもたまにありました。
しかし、今ではやっていません。

ご飯前にお腹がいっぱいになってしまうと。
子供はご飯を食べてくれません!

当たり前と言えば当たり前なんですが。
当たり前に気付いていない場合もあります。

子供がどうしてもお菓子を食べたがっていた場合は。
ご飯を食べた後にあげるようにしましょう!

 

バランス

食事はバランスが大切です。
子供が好きだからと言って好きなものを多く盛っていませんか?

好きなものばかり食べてしまい、お腹がいっぱいになり他の物を食べてくれない。

そうなってしまうと、栄養のバランスが偏ってしまいます。

我が家の場合は長男が牛乳好きで、ご飯の際に牛乳も一緒に出していました。

そうすると牛乳ばかり飲んでしまい、
お腹がいっぱいになってご飯を食べてくれない。
なんてこともありました。

 

子供がご飯を食べない解決策

おいしそうな野菜

小吉パパ

子供がご飯を食べない理由から解決策を導き出しましょう!

我が家では3歳児検診や4歳児検診といった、市で行われている育児指導の際に栄養指導を受けることが出来ました。
タメになる内容も多くご飯を食べない解決策のヒントにもなります。

そういった機会があれば、相談してみることで解決策にも繋がります。

 

ご飯の時間は30分

ご飯は30分以内に終わらせる。

食べないからと言ってダラダラとご飯を続けるのではなく、ご飯は30分と時間を決めてしまう。
食事の時間が長ければご飯を食べてくれる訳ではありません。

ご飯が残っていても、30分を過ぎたら食事を下げてしまいましょう。

 

うるさく言わない

食事の時間は楽しく過ごしましょう。

子供がご飯を食べないと、ストレスでイライラしてついつい口うるさくいってしまいがち。

子供がご飯を食べない理由 ストレス編でも書きましたが、ストレスで口調が荒くなってしまい口うるさく言っても、逆効果!

夕飯1回くらい食べなくても別に平気です!
あまり深刻に考えずにおおらかに考えましょう!

 

遊び始めたら終わり

子供がご飯で遊び始めたら、
ご飯への集中力が切れ始めた合図です!

我が家でもご飯で遊び始めたら、間違いなく食べなくなります!

なのでご飯で遊び始めたら食事は下げてしまいます。

 

まとめ

家族が集合

子供がご飯を食べないのには理由があります。
そして理由を明確にすれば自ずと解決策は導かれます。

子供がご飯を食べないという悩みは、それだけ日本が豊かであることを表しています。

贅沢な悩みなんです。

子供には栄養のあるものをいっぱい食べさせなくては。
ご飯をいっぱい食べさせて大きく育ってもらいたい。
食べさせなきゃ、食べさせなきゃ。

という親心からくる意識は逆に子供にプレッシャーを与え、ご飯を食べなくなるという逆効果を生み出してしまうこともあります。

夕飯1回くらい抜いても餓死することはありません!

せっかく作ったご飯を残されるとストレスを感じると思いますし、それ以外でも育児ではストレスが溜まってしまう場面が多々あります。
育児に真剣に向き合うと心に余裕が持てなくなりがちですが、そんな時は深呼吸。
家族団らん、笑って笑顔で食事を楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です