子育てにかかる費用の総額をシュミレーション!その①

SPONSORED LINK


どうもUMAブログのUMAです!

 

少子化は今の日本の大きな問題。
子育てにかかる費用が高すぎて子供を作らない人も多いのではないでしょうか。

でも、実際に子育てに掛かる費用の総額は一体いくらなの?
UMA自身も良く分かっていないので、この記事を書くのを機に調べてみました!

 

15歳まではそれ程かからない? 0歳から中学生

家族団らん

0歳から中学生までにかかる子育ての費用の総額については内閣府のホームページに載っています。

ホームページはコチラ

ちなみに『子育て費用に関する調査』で検索しても出てきます。

子育て費用に関する調査

『平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査 全体版』

 

ふむふむ。

かなり細かく記載されていますね。

しかし…

わかりづらい!!

 

という訳で、UMAが分かりやすく解読していきます。

 

0歳から6歳まで

 

内閣府のホームページを見ると

 

年間(食費等も含む)

未就園児で843,225円

 

保育所・幼稚園児で1,216,547円

 

つまり0歳から6歳までの未就園児で。

843,225 × 6年間 = 5,059,350円

 

保育所に6年間行くと。

1,216,547 × 6年間 = 7,299,282円

保育園でかかる費用

 

小学生から中学生編

 

小学生に入ると子育てにかかる年間の費用は保育所・幼稚園児より若干安くなります。

 

年間(食費等も含む)

小学生は1,153,541円

 

6年間で。

1,153,541円 × 6年間 = 6,921,246円

 

 

中学生は1,555,567円

 

3年間で。

1,555,567円 × 3年間 = 4,666,701円

 

小学校、中学校でかかる学費

 

子供にお金が一番かかる時期 高校生から大学生編

学校内にある図書館

さて、ここからが大きな分かれ道です。
私立に通うか公立に通うかで、金額は大きく変わってきます。

 

自分でシュミレーションしておいてなんですが中学生までの金額で心は折れかかってます(笑)

 

見ている方もなんとかついてきて下さい!

 

高校生の学費に関しては文部科学省のHPに記載されていました。

詳細を見たい方はコチラ

『平成26年度子どもの学習費調査 文部科学省』で検索しても出てきます。

子供の学費調査

『結果の概要-平成26年度子供の学習費調査:文部科学省』

 

大学生の学費についても文部科学省のHPに記載されています。

私立大学はこちら

『私立大学入学者に係る初年度学生納付金(文部科学省)』で検索しても出てきます。

 

国立大学はこちら

『国立大学等の授業料その他の費用に関する省令(文部科学省)』で検索しても出てきます。

 

高校生編

 

もしも子供が公立の高校に進学した場合の学費の総額は。

年間(学費のみ)。

230,837円

 

私立に進学した場合は、

722,212円

 

つまり、3年間行くと、

公立で692,511円

私立で2,166,636円

 

公立と私立で子育てにかかる費用の総額は大きく変わってきますね。

私立と公立の差は

1,474,125円になります!

 

高校でかかる学費

 

大学生編

 

そして子育ての最終局面!

大学生編です。

ここまでくればもう少し!

 

私立大学へ進学した場合の初年度にかかる学費の総額は

1,311,644円

 

内訳は

授業料 : 864,384円

入学金 : 261,089円

施設整備費 : 186,171円

となっています。

 

つまり4年間の学費の総額

4,202,220円!

これ、学費だけですからね…。

一人暮らししたら更に子育てにかかる費用は増えていきます…。

 

一方、国立大学へと進学した場合の初年度にかかる学費の総額は

817,800円

 

内訳は

授業料 : 535,800円

入学金 : 282,000円

 

つまり4年間の学費の総額

2,143,200円となります。

 

やはり国立となると私立と比べて安くなりますね。

纏めると

大学でかかる学費

結局いくらなのか!?

分かれ道

調べていくうちに段々と分かりづらくなってきました…。
なので子育てにかかる費用の総額を3パターンに分けてシュミレーションしていきます。

 

パターンA

3歳から幼稚園に通い、公立で高卒までの場合。

18,459,774円!

 

パターンB

0歳から保育所に通い、公立の高校を経て私立の大学へと進学した場合。

23,781,960円!

 

パターンC

0歳から保育所に通い、私立の高校を経て私立の大学へと進学した場合。

25,256,085円!

 

ちなみにこの金額、高校からは学費のみでシュミレーションしていますので恐らく子育てにかかる費用の総額はもっとかかります。

 

UMAの見解ではざっくり

18,000,000~30,000,000円

 

大学へ進学するか、高校は公立なのか私立なのか子供が選ぶ選択肢で金額は大きく変わります。

 

まとめ

まとめ

如何でしたでしょうか?

UMA自身、子育てにかかる費用の総額をシュミレーションしてみて驚きを隠せません。

やはり、子育てにはお金がかかります…。

それでも、自分の子供にはしっかりとした教育受けさせたいし、習い事もさせたい!

UMA自身は超低学歴なので、子供には同じような人生を歩ませたくないと思っています。

将来設計を考えて子供の将来の為にも、早いうちから貯蓄をしていくことが大切です。

SPONSORED LINK








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です